無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 豊島区南大塚で雹と台風災害を受けたスレート屋根を屋根カバー工.....

豊島区南大塚で雹と台風災害を受けたスレート屋根を屋根カバー工事

【施工前】
雹の被害を受けたスレート屋根

【施工後】
スーパーガルテクトで屋根カバー工事された屋根

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


「台風で棟板金が剥がれてしまった」とご相談いただいた豊島区南大塚のお客様です。点検を行ったところ、その数年前に雹による被害を受けていることも分かり、スレート屋根にはかなり傷が残されていました。幸いにもお客様は火災保険にご加入しておりましたので、それを利用してスーパーガルテクトでの屋根カバー工事を行いました。サービスとして郵便受けの屋根にも工事を行っています。
「台風で棟板金が剥がれてしまった」とご相談いただいた豊島区南大塚のお客様です。点検を行ったところ、その数年前に雹による被害を受けていることも分かり、スレート屋根にはかなり傷が残されていました。幸いにもお客様は火災保険にご加入しておりましたので、それを利用してスーパーガルテクトでの屋根カバー工事を行いました。サービスとして郵便受けの屋根にも工事を行っています。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
7日間
築年数
13年
平米数
44.8㎡
お施主様
M様邸
【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
7日間
築年数
13年
平米数
44.8㎡
お施主様
M様邸
足場アイコン雹災害屋根カバー工事

【点検の様子】

保険会社の方と屋根点検 棟板金に残された雹の跡

火災保険を利用して屋根を直すということで、その鑑定人と一緒に点検を行うことになりました。屋根にのぼってみますと… 台風で被害を受けた部分の他に傷が多数、ついていました。これは数年前の雹の被害だと思われます。棟板金に雹痕がついています。

 

割れてしまったスレート t4

スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根の塗膜を傷つけ、下地が見えかかっている部分もあります。スレートの端が割れて、欠けている部分もあります。自然災害なので、火災保険による復旧が認められることになりました。

 

【施工の様子】

屋根足場を仮設 防水紙の敷設

お客様の屋根の形状はちょっと珍しいギャンブレル屋根です。北海道の牧場などではよく見かけられる形状で、屋根の傾斜面の勾配が途中でより急になることが特徴です。腰折屋根や駒形屋根とも呼ばれます。まずは棟板金と貫板を取り除き、屋根全体に防水紙を敷いてきます。

 

スーパーガルテクト 色はシェイドブルー

屋根カバー工法に使う屋根材にはスーパーガルテクトを使用します。製造元のアイジー工業ではスーパーガルテクトの鋼板を超耐久ガルバと呼んでいます。ベースはガルバリウムなのですが、めっき成分にマグネシウムを加えることにより、従来の3倍の耐久性を実現しました。メーカーでは25年の穴開き保証を付けています。

 

スーパーガルテクトと雪止めの設置 出窓もきちんと納めます

防水紙を敷き終わりましたら、スーパーガルテクトを設置し、屋根材を葺いていきます。色はシェイドグリーンです。屋根材を葺いていく途中で、雪止めも設置していきます。金属屋根は滑雪しやすいので、ほとんど雪が降らない地域でも雪止めは付けておくべきでしょう。

 

スーパーガルテクトの設置完了 樹脂製貫板の設置

屋根全体にスーパーガルテクトを葺き終わりましたら、棟板金を固定する貫板を取り付けていきます。貫板は樹脂製のものを使用しました。樹脂製の貫板は木製のものと違い、腐食しにくいという特徴があります。棟板金を固定する力を長期間、維持できるのです。

 

棟板金の取り付け 換気棟の設置

樹脂製貫板に棟板金を設置していきます。大棟(屋根の一番高いところにある棟)には換気棟を設置しました。小屋裏に籠もった湿気や熱気を自然換気によって排出してくれるので、暑い夏や結露の起きやすい冬もこれで快適に過ごせます。

 

【竣工、スーパーガルテクトによる屋根カバー工法】

屋根カバー工法、竣工

スーパーガルテクトによる屋根カバー工法が完了しました。屋根の上は見にくいし、見えないことが多く、不具合が起こっていても気づかないことが多々あります。実際に今回のお施主様も雹の被害については予想もしていなかったそうです。今回の屋根カバー工事では施工保証を10年付けております。屋根も新しくなったし、保証もありますので、より安心して過ごせるでしょう。

 

【サービス工事~ポストに天板カバー工法】

u21 u22

お住まいの点検時にふと気になったところがありました。木製のポストの天板部分にアスファルトシングルが取り付けてあったのです。お施主様に聞くと天板の隙間から雨水が浸入し、郵便物を濡らしてしまうのでホームセンターでアスファルトシングルを買ってきて貼ったとのことです。スーパーガルテクトの余った端材を使って、天板カバー工法を行いました。これで郵便物が濡れたり、濡れて滲んで文字が読めなくなることもありません。お施主様にも大変、喜んでいただきました。

 

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。 現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店の各エリアの待ち状況と工事のお申し込みをいただいてから着工までの目安をお伝えします。 …続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方でも「スレート」と聞けばどんな屋根材かイメージできるという方も多いかもしれません。それほど一般的で大変よく見かける屋根…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。7月から10月にかけてが最も多く、私たち屋根業者としても毎年この時期になると台風によって被害を受けたお客様と接するた…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受けたみたいだ」というご相談をいただいております。 「こんなことなら台風前にメンテナンスしておけばよかった」、「来年…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 目次【非表示表示】 ●台風後や地震後の屋根にはその後の災害便乗商法を含めて危険がいっぱい ●台風…続きを読む
東京の雹災害、火災保険で修理します

東京の雹災害、火災保険で修理します

.youtube2 { position: relative; width: 100%; padding-top: 56.25%; } .youtube2 iframe { position: absolute; top: 0; right: 0; width: 100% !important; height: 100% !important; } …続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

    お住いの台風対策はお済みですか?       台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!       ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!   問題があった方は要注意…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      墨田区墨田にて令和元年房総半島台風の影響で片流れ屋根のスレートが飛散、スーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区東小岩にて令和元年房総半島台風の影響で被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      東大和市新堀で雹(ひょう)の被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      豊島区と近隣地区の施工事例のご紹介

      文京区本駒込で雹災害により波板が損壊、火災保険を使用した波板交換工事を施工し、色鮮やかな若葉色に生まれ変わりました

      【施工内容】

      その他の工事

      豊島区高松にて全体に錆が広がったトタン屋根を短工期・廃材撤去不要の屋根カバー工法でリニューアル

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      豊島区長崎にて台風で飛散した急斜面のコロニアル屋根の一部を葺き替えて部分補修

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え、スレート屋根葺き替え工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る