無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 墨田区立花にて箱樋(谷板金)からの雨漏りを板金交換工事にて改.....

墨田区立花にて箱樋(谷板金)からの雨漏りを板金交換工事にて改善

【施工前】
瓦屋根の板金部分からの雨漏り

【施工後】
板金交換工事完了


ITS事業部:根本



ITS事業部:根本


【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事 瓦屋根補修工事 雨漏り修理
【工事詳細】
お施主様
O様邸
【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事 瓦屋根補修工事 雨漏り修理
【工事詳細】
お施主様
O様邸
雨漏り修

【室内まで被害が及ぶ雨漏り】

室内への雨漏り 瓦屋根の箱樋

雨漏り補修のご相談をいただいたのは墨田区立花にあります2階建て住宅です。雨漏りが起きていた事は少し前から気が付いていたようですが、被害が進行してきたことでご相談をいただきました。雨漏りが発生した時点で早急に補修しなければならないという事は周知の事実ですが、初期の雨漏りは気がつきにくく被害が拡大しやすい傾向にあります。湿気が多くなったように感じる、天井に染みが出来た、水滴が垂れてくる等、いつもとは違う変化が見られた場合は、一度無料点検をご依頼ください。何も問題なければ費用は発生しませんし、何か不具合がある場合は早急に対処することが出来ます。

早速屋根点検です。屋根材は和(陶器)瓦ですので屋根材自体は塗装の必要性がありません。軒先には箱樋と呼ばれる窪みがありパラペットや笠木と呼ばれる立ち上がり部分が見られます。屋根等に使用される板金は錆びにくく耐久性に優れた素材が使用されますが、被膜の劣化や板金が傷つくことによって錆が発生し、錆が進行すると穴あき等が起き雨漏りを起こす可能性があります。

室外機の下側 養生で雨漏り防止

エアコンの室外機の下を確認してみると、表面被膜も剥がれ錆の進行が著しい事が確認出来ます。室外機の架台も錆びている事が分かりますが、金属系素材が接している場合は片方でも錆が発生すると「もらい錆」が起きて双方が錆びてしまう可能性が高くなるので非常に厄介です。屋根にアンテナ等を設置しているお住まいも棟板金を劣化させる原因になりますのでご注意ください。

雨漏り補修工事を完了させるまでは雨漏りは改善できませんので室内への被害も拡大していく一方です。その為、工事に着手するまではブルーシートでの雨養生を行っておきます。もちろんブルーシートが風で飛ばないよう重りをつけていますのでご安心ください。養生を行っていても雨水が少なからず入り込む恐れがありますのであくまで応急措置に過ぎません。ご自身で養生をされた方も早めの雨漏り補修工事を行っていくように手続きを行いましょう。

雨漏りの危険性

小屋裏点検

雨漏り被害が進行すると、屋根補修だけでなく内装までも補修が必要となってしまいます。生活をしている中で内装が最も気になる箇所だとは思いますが、最も重要なのは屋根の下地にもなっている構造部分です。構造が雨水で濡れ腐食してしまうと耐久性は一気に低下してしまいます。木材にカビが発生すれば腐食を促進させ、更には生活している方の健康にも害を及ぼします。構造の補修は簡単に出来るものではありませんので、雨水で腐食してしまわないように早急に補修を行いましょう。もちろん雨漏り箇所を特定し改善していかなければ内装補修も出来ませんので、放置すればするほど補修費用は掛かってしまいます。

【箱樋(谷板金)交換工事】

軒先板金 板金撤去

雨漏り箇所から考えてもこちらの箱樋(谷板金)が腐食したことにより雨漏りを起こしている事が判断出来ます。そこで谷板金と錆が目立つ笠木板金の交換工事を行っていきます。まずは軒先瓦が板金に被さっていますので、部分的に剥がし板金を取り外していきます。もちろんこのままでは雨漏りを起こしてしまいますので、作業中の養生は欠かせません。

防水紙と板金敷設 笠木までの立ち上がり

下地に雨水の浸入を防ぐ防水紙(ルーフィング)を敷き込み、錆びにくく耐久性に優れたガルバリウム鋼板を取り付けていきます。防水紙と板金は雨水が入り込まないように笠木まで包むように葺きます。谷板金には継ぎ目が生じますが、勾配の低い方から取り付けていくことで流れた雨水が入り込まないように施工することが出来ます。

板金交換工事完了

最後に笠木板金を取り付けビスで固定、雨水が入り込むような場所にはシーリング材を打設し板金交換工事は完了です。箱樋と呼ばれるこのような形状は雨水が溜まりやすく、通常よりも傷みやすい特徴があります。その為、定期的な点検とメンテナンスが非常に重要です。今後メンテナンスが必要になるのは瓦部分です。瓦部分からの雨漏りを防いでいるのも耐用年数が20年程度の防水紙ですので、別箇所からの雨漏りが発生する前に葺き直し工事や葺き替え工事で補修を行っていきましょう。街の屋根やさんは屋根材の種類や状態にかかわらず適切なメンテナンスがご提案できますので、お住まいで気になる箇所がございましたらお気軽にご相談ください、お待ちしております。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区上篠崎で令和元年東日本台風で引きちぎられたアパートの鉄板屋根の葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根工事、金属屋根葺き替え工事、棟板金交換、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      世田谷区尾山台で雨漏りしている瓦葺き屋根は葺き直し工事をおこないました

      【施工内容】

      屋根葺き直し、雨漏り修理

      稲城市矢野口で雨漏りの原因になっている屋上防水を直します

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      墨田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      墨田区墨田にて令和元年房総半島台風の影響で片流れ屋根のスレートが飛散、スーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区東小岩にて令和元年房総半島台風の影響で被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区上篠崎にて棟の歪みや漆喰の剥がれ、瓦屋根の棟取り直し工事を行いました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!