無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 台東区にて火災保険を利用して庇のGL鋼板カバーとラスカットで.....

台東区にて火災保険を利用して庇のGL鋼板カバーとラスカットでの軒天補修工事を実施

【施工前】
モルタルの剥がれ

【施工後】
軒天補修工事

【お問い合わせのきっかけ】


ITS事業部:根本


庇部分のモルタルが剥がれ落ちてしまっているとご相談を頂いたのは、東京都台東区にお住まいのお客様邸です。モルタルの経年劣化が原因の場合は塗り直すだけで問題解決ですが、雨水が入り込んでしまったいわゆる雨漏りの状態ですとその根本的な原因を補修していく必要があります。今回は錆びた庇と外壁の状態を確認し庇の不具合を解決しましたので、原因と補修方法をご紹介いたします。
庇部分のモルタルが剥がれ落ちてしまっているとご相談を頂いたのは、東京都台東区にお住まいのお客様邸です。モルタルの経年劣化が原因の場合は塗り直すだけで問題解決ですが、雨水が入り込んでしまったいわゆる雨漏りの状態ですとその根本的な原因を補修していく必要があります。今回は錆びた庇と外壁の状態を確認し庇の不具合を解決しましたので、原因と補修方法をご紹介いたします。


ITS事業部:根本


【工事内容】
金属屋根工事 庇工事
【工事詳細】
お施主様
Y様邸
【工事内容】
金属屋根工事 庇工事
【工事詳細】
お施主様
Y様邸
庇工事

【軒天の剥がれ】

台東区のお住まい モルタルの剥がれ

今回無料点検にお伺いしたのは東京都台東区にありますY様邸です。庇のモルタルが剥がれ落ちているとご相談を頂きました。通常庇の裏に当たる軒天はカラーベニヤやケイカル板で仕上げていますが、モルタル外壁のお住まいは軒天にもモルタルを施しているお住まいもございます。そのモルタルのみが剥がれる場合もありますし、軒天材からまとめて剥がれることもありますので、その状態によって原因も補修方法は異なります。

庇の錆 庇の継目

今回剥がれてしまった庇ですが、トタンが錆びて赤褐色に変色してしまっていました。変形等は起こしていませんが、錆の状態から施工から年数が経過している事が判断できます。定期的な塗り替えを繰り返していれば劣化を防ぐことが出来ますが、トタンは一度錆が発生するとたちまち全体に拡大してしまいます。継ぎ目にも隙間が出来ていますので雨水が入り込む可能性も充分にあります。トタンは1906年に使用され始めた鋼板に亜鉛メッキされた鋼板ですが、錆びやすい素材ですのでリフォームで使用されることはありません。現在は錆びにくく高耐久なガルバリウム鋼板やステンレス、銅板が使用されることが多いです。今回の様に、屋根の不具合を感じた場合は補修のタイミングで素材の変更をご検討ください。

自然災害による破損には火災保険・共済が利用できます

今回破損を起こした日時を確認すると強風後のトラブルでした。つまり今回破損してしまった最終的な原因は自然災害という事です。このように経年劣化が起きていたとしても破損の原因が自然災害の場合は、火災保険や共済の補償が適用になります。原状回復が原則ですので素材の変更費用は自己負担となりますが、足場仮設・補修費用は充分に賄えますので、自己負担を最小限に抑えることが出来ます。

クラック 外壁クラック

こちらはモルタル外壁ですが、クラックがたくさん入っていることが確認できました。細いクラックではありますが雨水が入り込む可能性は充分にあります。庇との取り合い部分にもクラックが入っていますので、もし雨水が入り込んでいれば庇の構造部分を劣化させてしまう原因にもなります。そして入り込んだ雨水は排水の過程で軒天の剥がれを起こす事があります。今回は庇のトタン自体の劣化が確認できていますので、庇のカバー工法と軒天の復旧を行っていきたいと思います。

【庇補修・軒天復旧工事】

軒天撤去 ラスカット

軒天は一度全て取り外します。新築時は軒天材を取り付けモルタルでパターン付けを行っていくのですが、今回は費用軽減にラスカットと呼ばれる合板を使用します。ラスカットは防蟻・防虫処理済みの強度・耐水性に優れた構造用合板、特殊な防水被膜、モルタルの下地となるセメントの凸凹層の3層構造になっています。モルタルの施工なしにモルタルのような仕上がりになりますので、塗装を行うだけで綺麗に復旧することが出来ます。通常はラス網等の下地が必要となるモルタルの下地として使用されるラスカットですが、そのまま使用することも出来ます。

塗装処理 ガルバリウム鋼板カバー

外壁の色に合わせて塗装を行って軒天の復旧工事は完了です。トタンはガルバリウム鋼板でのカバー工法で補修しました。庇の形状に合わせて雨水が入らないように加工しビス止めを行っています。破風板部も下地を補修することで美観も強度もしっかり維持しています。

シーリング処理 板金釘処理

外壁との取り合いはシーリング材で埋めて雨水の浸入を防いでいます。ビス止め部分が雨水に触れることで錆が発生することもありますので、同色のコーキング材や塗料で保護を行います。また施工時に出来てしまった傷等も塗料でタッチアップを行い経年劣化を防いでいきます。

工事を終えて

軒天と庇補修工事

モルタルからラスカットへ変更することで、今後の剥落を防ぐことが出来ました。火災保険は屋根や外壁だけでなくお住まい全体の補修に使用することが出来ます。積雪や強風、雹等による破損に関して申請することが出来ますので、部位に関わらず気になる不具合がございましたらご相談ください。申請書類の準備や保険の使用条件、補修方法や費用等のご不明点も全てご説明・ご提案させて頂きますのでご安心ください。

雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区青戸で軒先がなくなってしまったトタン製霧除け屋根の葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      庇工事、ガルバリウム鋼板

      墨田区東墨田にて令和元年房総半島台風で被災した工場のポリカ波板屋根の貼り替え工事を行いました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨樋交換、庇工事

      足立区花畑で玄関庇から雨漏り、ゼロ勾配が原因だったので屋根を作り変えました

      【施工内容】

      屋根補修工事、金属屋根葺き替え工事、雨漏り修理、庇工事、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      台東区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区西瑞江でポリカ波板の交換工事、支柱の部分交換も行い耐久力の向上を図り施工致しました

      【施工内容】

      その他の工事

      葛飾区金町にて遮熱塗料(高日射反射率塗料)が対象の助成金で外壁塗装工事、合わせて屋根カバー工事も実施しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、外壁塗装、遮熱塗料

      葛飾区東新小岩で令和元年東日本台風のご被害により棟板金が飛散、火災保険を使用して修繕工事を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!