無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 狛江市駒井町で強風で浮いてしまった棟板金をガルバリウム鋼板製.....

狛江市駒井町で強風で浮いてしまった棟板金をガルバリウム鋼板製のものへ交換

【施工前】
浮いた棟板金

【施工後】
ガルバリウム鋼板製の棟板金

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


狛江市駒井町で棟板金の交換工事をおこないました。スレート葺きの屋根には一番高い部分に棟板金が被せてありますが、強風の影響で浮き上がってしまいましたので、このままだと飛んでしまう危険がありますので、新しく交換しました。スレートの上に貫板を打ち付けてから棟板金を被せて横から釘で固定しているのですが、下地の貫板も経年によって傷みが出てくると釘が緩んで抜けてしまい、更に飛んでしまう危険が高くなっていきます。元々は貫板も棟板金も釘で固定されていましたが、新しく交換する時には貫板も棟板金もビスで固定しますので、今までの状態よりも緩んだり抜けたりしにくくなりました。材質も亜鉛めっきのトタンからサビにくくて耐久性が高いガルバリウム鋼板製を使用しましたので、劣化しにくくなり今後のメンテナンスも少なくて済む様になりました。
狛江市駒井町で棟板金の交換工事をおこないました。スレート葺きの屋根には一番高い部分に棟板金が被せてありますが、強風の影響で浮き上がってしまいましたので、このままだと飛んでしまう危険がありますので、新しく交換しました。スレートの上に貫板を打ち付けてから棟板金を被せて横から釘で固定しているのですが、下地の貫板も経年によって傷みが出てくると釘が緩んで抜けてしまい、更に飛んでしまう危険が高くなっていきます。元々は貫板も棟板金も釘で固定されていましたが、新しく交換する時には貫板も棟板金もビスで固定しますので、今までの状態よりも緩んだり抜けたりしにくくなりました。材質も亜鉛めっきのトタンからサビにくくて耐久性が高いガルバリウム鋼板製を使用しましたので、劣化しにくくなり今後のメンテナンスも少なくて済む様になりました。


担当:富田


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
棟板金(ガルバリウム鋼板)
施工期間
1日
築年数
22年
お施主様
S様邸
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
棟板金(ガルバリウム鋼板)
施工期間
1日
築年数
22年
お施主様
S様邸
火災保険アイコン台風アイコン棟板金交換

【浮き上がった棟板金】

表面に傷みが出始めたスレート屋根 屋根全景

スレート葺きの屋根には一番高い所に棟板金が取り付けてあります。屋根面と屋根面がぶつかる部分には隙間があり、そこからの雨水の浸入を防ぐ為に棟板金を取り付けます。スレートの下には防水紙(ルーフィング)が葺いてありますので、防水紙に傷みが無ければ棟板金が飛んでしまっても直ぐに雨漏りする訳ではありませんが、築年数が20年を経過してくると防水紙の寿命に近くなるので、雨漏りの可能性が高くなります。以前に屋根塗装工事をおこなった事がある様ですが、表面の塗膜が劣化していて全体的にチョーキングとコケの付着が出ています。棟板金もサビが出ている所がありましたので、そろそろ屋根全体のメンテナンスの時期にきています。

浮いた棟板金

棟板金がスレート屋根から大分浮き上がっています。良く見るとスレートから貫板が浮き上がっているので、貫板を固定する釘が効いていない様です。この浮き方ですと、棟板金を補強しても浮いているのを止める事は出来ませんので、新しく下地から棟板金交換工事をおこなう事になりました。

【ガルバリウム鋼板製の棟板金へ交換工事】

古い貫板を剥がした跡 傷んだ貫板

棟板金の交換工事は板金だけでなく下地も一緒に新しく交換します。貫板は経年劣化で黒ずんでいますが、腐っている所はありませんでした。貫板を固定していた釘は効いていたのですが、持ち上げられて貫板ごと浮いている所がありました。

新しい貫板 ガルバリウム鋼板製の棟板金

新しい貫板は釘ではなくビスで固定しました。今まで使用していた釘と比べても数倍の引き抜き強度があるので、風で煽られても飛ばされる事は殆ど無くなりました。

【棟板金交換工事完成】

棟板金交換工事完成

ガルバリウム鋼板製の棟板金へ交換工事が完成しました。下地の貫板をビスで固定して、上から被せた棟板金も釘ではなくビスで固定しましたので、浮き上がる心配は今までと比べて格段に低くなりました。狛江市駒井町でおこなった工事は、飛ばされる心配があるので被害を受けた棟板金交換工事をおこないましたが、屋根の傷みを考えると全体のメンテナンスも検討された方が良いので、屋根塗装工事のご提案をさせて頂きました。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

 一般的な戸建て住宅においては今や使われていない建物を探す方が難しいと思わせる素材がガルバリウム鋼板です。軽いことから屋根リフォームで人気の高い屋根カバー工法の選択肢となりやすい屋根材ですし、耐用年数が長いことから屋根葺き替えでも選ばれることが多くなってきました。2014年には従来のガルバリウム鋼板の性能をさらに上回るエスジーエル鋼板も登場しました。その後、その超高耐久ガルバを素材とした屋根材はメーカー保証年数が…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けることが多い棟板金ですが「強風を受けて棟板金が剥がれてしまっている」「台風の通過後、庭を見たら飛散した棟板金が落下し…続きを読む
台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      狛江市と近隣地区の施工事例のご紹介

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、棟瓦取り直し 

      調布市下石原にて火災保険を利用して割れたセメント瓦の差し替えと屋根塗装メンテナンスを実施

      【施工内容】

      屋根塗装、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る