無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 国立市で雨漏りの原因となっていたバルコニーへウレタン塗膜防水.....

国立市で雨漏りの原因となっていたバルコニーへウレタン塗膜防水工事

【施工前】
雨漏りしていたバルコニー

【施工後】
ウレタン塗膜防水でバルコニーからの雨漏り解消

【お問い合わせのきっかけ】


担当:白石


洗濯物を干したり、そこでくつろいだり、日光を浴びたりとさまざまなことに役立つ上に生活を豊かにしてくれるバルコニーやベランダ。ところが年月を経るとだんだんと厄介者になってきます。極めて雨漏りの原因となれ安いからです。国立市のK様は以前からバルコニーの雨漏りに悩んでおり、最近は室内への雨水の浸入も酷くなってきたということです。
洗濯物を干したり、そこでくつろいだり、日光を浴びたりとさまざまなことに役立つ上に生活を豊かにしてくれるバルコニーやベランダ。ところが年月を経るとだんだんと厄介者になってきます。極めて雨漏りの原因となれ安いからです。国立市のK様は以前からバルコニーの雨漏りに悩んでおり、最近は室内への雨水の浸入も酷くなってきたということです。


担当:白石


【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
施工期間
6日間
平米数
14.9㎡
お施主様
K様邸
【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
施工期間
6日間
平米数
14.9㎡
お施主様
K様邸
防水工事

【点検の様子】

壁紙の剥がれ 小屋裏の雨漏り跡

以前から室内への雨漏りがあったのですが、いよいよクロスも剥がれてきたということで、私達にご相談くださいました。壁紙の剥がれは一部ですが、このまま放置しておけば全面的に剥がれだすでしょう。バルコニー下の小屋裏も雨漏り跡が見て取れます。放ってはおけない状態です。

 

バルコニーの床面 大きなクラック

問題のバルコニーですが、床面のさまざまなところにクラックが走っていました。これではもっと雨漏りしていてもおかしくありません。バルコニーへ雨水が入り込みにくい立地なのでしょう。室内の被害が少ないのはラッキーでしたが、それだけ判断も遅くなってしまったということです。

 

【通気緩衝工法によるバルコニーへのウレタン塗膜防水工事】

樹脂モルタルでクラックを埋める クラックがかなり入っていた

お客様の建物はコンクリート防水で、床のコンクリートの下に防水層が設けられています。今回はコンクリートの上に新たな防水層を設けて雨漏りを防ぎます。まずはコンクリートの床の下地調整からです。クラックに樹脂モルタルを埋め込み、隙間をなくしていきます。

 

高圧洗浄 さらに樹脂モルを塗布

クラックに埋め込んだ樹脂モルタルが乾燥したら、高圧洗浄をして一度、床面をきれいします。そして、床一面に樹脂モルを塗布して下地調整を仕上げます。

 

プライマー塗布 通気緩衝シートの貼りこみ

樹脂モルタルの上に通気緩衝シートを貼るため、プライマーを塗布していきます。プライマーの塗布が終わりましたら、通気緩衝シートを張り込んでいきます。ウレタン塗膜防水をしてしまうとこれまでに蓄積された水分は抜けなくなります。そこで考え出されたのが通気緩衝工法です。脱気筒を設けることによってウレタン塗膜防水層の下にある水蒸気を空気中に排出できるようになります。

 

ドレンの設置 ドレンの設置

排水口周りの作業に入ります。ドレンを設置して、下地と馴染ませ、隙間をなくします。ドレンは柔らかい鉛でできており、叩くことによって鉛を変形させて、下地と密着させることができるのです。通気緩衝工法といい、鉛製のドレンといい、先人達の知恵には頭が下がります。

 

立ち上がり部にグラスファイバーの張り込み 床面の継ぎ目にもグラスファイバー張り込み

立ち上がり部と通気緩衝シートの継ぎ目ににグラスファイバーを張り込みます。グラスファイバーを張り込むことによって、地震などで建物が動いたときでも、シートのズレや隙間ができることを防止するのです。こちらも先人達の知恵ですね。

 

ウレタン塗膜防水1層目 ウレタン塗膜防水1層目完了

ウレタン防水材を塗布し、防水層の1層目を形成していきます。まずはウレタン塗膜防水層1層目が完了しました。

 

ウレタン塗膜防水2層目 トップコート塗布

ウレタン塗膜防水層を複層にすることによって防水効果を高めます。2層目も立ち上がり部から塗布しています。2層目が乾いたら、紫外線からウレタン塗膜防水層を守るためにトップコートを塗布していきます。

 

【通気緩衝工法によるバルコニーへのウレタン塗膜防水工事、竣工】

ウレタン塗膜防水完了

大きなクラック縦横に走っていたバルコニーの床面が生まれ変わりました。もちろん、これで雨漏りとも無縁になりました。日本では平均して3日に1度、雨が降ると言います。これで3日に1度の心配と不安がなくなったわけです。バルコニーがある生活をお楽しみください。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。ベランダやバルコニー屋…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区水元で増築した部屋の陸屋根雨漏りをウレタン塗膜防水工事で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      江戸川区鹿骨でベランダの下の部屋が雨漏りしているお客様のベランダ防水工事をウレタン塗膜防水通気緩衝工法で行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      国立市と近隣地区の施工事例のご紹介

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      日野市豊田で落雪被害を防止するため、防災瓦へ後付け雪止めを追加設置しました

      【施工内容】

      雪止め設置

      立川市柏町でコケが付着したスレート屋根を、関西ペイントのスーパーシリコンで塗装します

      【施工内容】

      屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る