無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 武蔵野市で屋根塗装しようとしたらパミールだったので屋根カバー.....

武蔵野市で屋根塗装しようとしたらパミールだったので屋根カバー工事へ変更

【施工前】
スレート屋根 屋根材パミール

【施工後】
横暖ルーフで屋根カバー工事

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


屋根塗装をご検討ということでご相談をいただいたN様。その事前点検のためにスレート屋根を調査してみると、何とパミールが使われていました。パミールは設置後、層間剥離が発生し、長期使用に耐えられないという製品で社会問題化もしています。N様の屋根も既に剥離が発生しており、早めの対応が必要な状況でした。
屋根塗装をご検討ということでご相談をいただいたN様。その事前点検のためにスレート屋根を調査してみると、何とパミールが使われていました。パミールは設置後、層間剥離が発生し、長期使用に耐えられないという製品で社会問題化もしています。N様の屋根も既に剥離が発生しており、早めの対応が必要な状況でした。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
お施主様
N様邸
【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
お施主様
N様邸
足場アイコン屋根カバー工事

【点検の様子】

一般的なスレート屋根 パミール

下屋(1階の屋根)の様子を見てみると、ちょっと色褪せており、使用感のある一般的なスレート屋根です。何の問題もないように見えますが、大屋根では既に特有の劣化症状が出ていました。層間剥離がはじまり、崩れてくるというパミール特有の症状です。

 

大きく剥離している部分 大きく剥離している部分2

あちこちで画像のような剥がれがはじまっていくました。既に大きく剥離している部分もあります。このままではそう遠くないうちに屋根全体がボロボロになり、雨漏りもはじまるでしょう。雨漏りしないうちに屋根を改修する必要があります。

 

【金属屋根材による屋根カバー工法】

足場 足場仮設

高所作業に欠かせないのが足場です。2階の屋根の上は地上から6m以上ありますので、結構な高所です。安全、かつ迅速、そして丁寧で正確な施工をするためにも足場は必要です。

 

棟板金撤去 貫板撤去

屋根カバー工法をする上で屋根の上の突起物、棟板金などは不要となりますので撤去します。棟板金を固定していた貫板も不要になりますので、撤去します。

 

昇降機 清掃

不要となった棟板金と貫板は昇降機で地上に降ろします。これから使用する屋根材や防水紙もこの昇降機で屋根の上に挙げられるので非常に便利です。棟板金と貫板、不要な物の撤去が終わりましたら、屋根の上を掃除します。今後、屋根を解体するまでは清掃できない場所なので、丁寧に行います。

 

【防水紙の設置】

防水紙セルフタディス 防水紙の敷設完了

これまでの屋根材、パミールの上に防水紙を敷いていきます。今回は田島ルーフィングのタディスセルフを使用しました。遅延粘着型の防水紙で、貼り付けた直後は剥がして貼り直すことも可能です。貼り付けてから数時間経過すると、強固な粘着力と防水効果を発揮します。防水紙の敷設も完了しました。

 

横暖ルーフ敷設完了 棟板金設置

防水紙の上に金属屋根材を重ねて葺いていきます。横暖ルーフSはより強くなった新しいガルバリウム鋼板を基材に使った屋根材です。メーカー保証も旧横暖ルーフより、それぞれの項目で5年単位で伸びています。メーカーもそれだけ自信を持っているということです。続いて棟板金を貫板を設置し、棟板金を取り付けていきます。

 

換気棟設置 アンテナを戻して工事完了

小屋裏の換気のことを考えて、換気棟を設置しました。アンテナを所定の位置に戻したら、屋根カバー工法の完了です。

 

【竣工 パミールへの屋根カバー工法】

屋根カバー工法、竣工

パミールは1996年から2008年にかけて製造・販売されていた屋根材です。剥離がはじまるのは10年前後と言われています。現在は末期に販売されていたパミールがちょうどメンテナンスの時期を迎えています。ちょうど、その頃にお家を建てられた方でスレート屋根の方はパミールの可能性もありますので一度、点検を受けた方がいいかもしれません。街の屋根やさんてせは無料で点検を行っております。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

墨田区墨田にて令和元年房総半島台風の影響で片流れ屋根のスレートが飛散、スーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施

【施工内容】

屋根カバー工法

江戸川区東小岩にて令和元年房総半島台風の影響で被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工法

東大和市新堀で雹(ひょう)の被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る