無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 府中市で雨漏りの原因となっているスレート屋根を縁切りして雨漏.....

府中市で雨漏りの原因となっているスレート屋根を縁切りして雨漏り解消

【施工前】
縁切りされていないスレート屋根

【施工後】
タスペーサーで縁切りされたスレート屋根

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


以前から、雨漏りに苦しんでいるという府中市のお客様です。台風などの強風で特に被災したわけでもないのに雨漏りがはじまったそうです。スレート屋根ということで、屋根塗装を行った際に屋根材の重なり部分を塗料で埋めてしまい、雨水や水蒸気の抜け道が塞がれてしまったのとも考えましたが、尾根塗装を行ったのはかなり前とのことです。
以前から、雨漏りに苦しんでいるという府中市のお客様です。台風などの強風で特に被災したわけでもないのに雨漏りがはじまったそうです。スレート屋根ということで、屋根塗装を行った際に屋根材の重なり部分を塗料で埋めてしまい、雨水や水蒸気の抜け道が塞がれてしまったのとも考えましたが、尾根塗装を行ったのはかなり前とのことです。


担当:富田


【工事内容】
スレート屋根補修工事 落葉除けネット設置  タスペーサー設置
【工事詳細】
使用材料
タスペーサー
施工期間
1日
築年数
12年
お施主様
S様邸
【工事内容】
スレート屋根補修工事 落葉除けネット設置  タスペーサー設置
【工事詳細】
使用材料
タスペーサー
施工期間
1日
築年数
12年
お施主様
S様邸

【点検の様子】

天井の雨漏り跡 内壁への雨漏り後

雨漏りしているということなので、ますばお部屋を拝見いたしました。エアコンの上の天井に雨漏り跡があり、その横にも雨水が染み出してきた跡があります。内壁へも雨水が染み出てきた跡が確認できます。

 

スレート屋根 縁切りされていないスレート屋根

屋根塗装を行ったのは5年近く前になるとのことですが、塗料で水蒸気や雨水の通り道を塞いでしまった可能性があるので、屋根の丹念に点検します。やはり、水蒸気や雨水の通り道となる屋根材の重なり部分が塞がれていました。かわすき(へら・スクレーパー)が奥まで入りません。

 

【縁切り作業】

塗料が詰まった重なり部分 剥がされていくスレートと塗料

塗料が詰まったスレートの重なり部分を物理的に拡げていきます。この作業を縁切りといいます。縁切り用の器具を隙間に指し込み、梃子の原理で隙間を開けます。塗料でくっついているのですから隙間を開ければ、当然ながら塗膜が剥がれる部分もでてきます。

 

塗膜に切り込みを入れる 染み出てくる雨水

塗料が奥まで入り込み、癒着している部分は縁切り用の器具を隙間に指し込み、さらに刃物を差し込んで切っていきます。隙間ができた部分からは水が染み出てきました。雨漏りの原因となっていたことは間違いありません。

 

タスペーサー挿入 隙間を作るタスペーサー

この隙間が狭すぎても毛細管現象を起こして雨水を吸い込んでしまいますので、タスペーサーを挿入します。現在は屋根塗装中にこのタスペーサーを挿入し、適切な隙間を確保しつつ塗り替えを進めることが大半です。タスペーサーは樹脂製の小片で、屋根材と屋根材の間に適度な隙間を作り、塗料によって雨水と水蒸気の通り道塞がれることを防止してくれるのです。

 

【雪止めと落ち葉除けネット設置】

雪止め 落ち葉除けネット設置

屋根には両隣の家に落雪しないように落ち葉除けネットが設置されていましたが、付いていない部分もありましたので設置いたしました。また近隣に樹木が多い地域でもあるので落ち葉除けネットを新規に取り付けました。これで秋から冬に向けての準備は万端です。

 

【縁切り作業・落ち葉除けネット設置・雪止め設置竣工】

縁切り、落ち葉除けネット、雪止め設置完了

スレート屋根の縁切りが終了しました。その後、お客様にお伺いしたところ雨漏りは起こっていないそうです。縁切りされずに塗装されたスレート屋根は結構な年月を経た後でも雨漏りする可能性が高いことがご理解いただけたと思います。化粧スレートを塗り替えする場合、まずは業者に「縁切りはどのように行いますか」と尋ねてみましょう。後の雨漏りリスクを大きく回避できるはずです。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区東金町で台風により飛散した棟板金の交換工事を実施、貫板には耐久性に優れた樹脂製のタフモックを使用

      【施工内容】

      スレート屋根補修工事、棟板金交換

      八王子市高尾町で落ち葉で雨樋が詰まらない様に落ち葉除けネット設置します

      【施工内容】

      落葉除けネット設置 、その他の工事

      大田区大森北にて強風被害を受け落下してしまった棟板金の復旧工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、スレート屋根補修工事、棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      府中市と近隣地区の施工事例のご紹介

      府中市矢崎町で穴の空いた銅製雨樋を交換いたしました

      【施工内容】

      雨樋交換

      国分寺市東元町で閉まらなくなったベルックス製のトップライトを交換しました

      【施工内容】

      天窓工事

      調布市西つつじケ丘で剥がれてしまった軒天の補修工事をいたしました

      【施工内容】

      破風板・軒天部分補修

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る