無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 八王子市で石綿(アスベスト)を含んだ小波スレートの葺き替え工.....

八王子市で石綿(アスベスト)を含んだ小波スレートの葺き替え工事を行い雨漏りを改善

【施工前】
アスベスト含有の小波スレート葺き替え

【施工後】
ガルバリウム鋼板製波板での葺き替え

【お問い合わせのきっかけ】


ITS事業部:根本


八王子市にある建物で雨漏りを起こしてしまっているとご相談を頂きました。建物が大きく屋根面積も広い為、全面改修となると莫大な費用がかかってしまいます。そこで今回は雨漏り箇所を特定し、最小限の屋根補修をご提案させて頂きました。アスベスト含有屋根材の取り扱いにも要チェックです。
八王子市にある建物で雨漏りを起こしてしまっているとご相談を頂きました。建物が大きく屋根面積も広い為、全面改修となると莫大な費用がかかってしまいます。そこで今回は雨漏り箇所を特定し、最小限の屋根補修をご提案させて頂きました。アスベスト含有屋根材の取り扱いにも要チェックです。


ITS事業部:根本


【工事内容】
屋根補修工事 スレート屋根工事 金属屋根工事 スレート屋根補修工事 屋根葺き替え スレート屋根葺き替え工事 雨漏り修理
【工事詳細】
お施主様
工務店様
【工事内容】
屋根補修工事 スレート屋根工事 金属屋根工事 スレート屋根補修工事 屋根葺き替え スレート屋根葺き替え工事 雨漏り修理
【工事詳細】
お施主様
工務店様
屋根葺き替え雨漏り修

【点検の様子】

雨漏り補修依頼 屋根点検

八王子市の製作所で雨漏り補修点検を行っていきます。板金の溶接・加工・組み立てを行う加工場という事で、たくさんの機械が置かれています。雨水の浸入は機械の故障を引き起こす原因ですので、雨漏りに気づいた時点で補修していく必要がありますね。今までも部分的に補修を行ってきたようで、板金や小波スレート、波板などさまざまな屋根材が使用されていました。部分的に波板を使用することで明り取りになり、屋内を明るくしてくれます。屋根下地は鉄筋で一般住宅のように野地板や防水紙があるわけではないため、屋根材のみが頼りです。鉄筋が雨水に触れることで劣化・腐食しないように早めに補修していきましょう。

20171010_171010_0007_R

今回雨漏りに気づいたのは最も低い屋根とその1段上がった屋根付近です。下はセメント製の小波スレート、お隣の屋根材は金属性の波板です。どちらも耐久性とコストパフォーマンスに優れているため、工場や倉庫などの大きな面積に使用されますが、どちらも雨水と太陽光によって劣化してしまいます。

アスベスト含有の小波スレート 小波スレートの割れ

2004年以前に施工された小波スレートには、石綿(アスベスト)が含まれている可能性が非常に高いです。アスベストは繊維状にした蛇紋石や角閃石で、非常に細かな繊維に加工したアスベストをセメントと混ぜ合わせることで非常に強い屋根材を作ることが出来ました。屋根材として使用されているうちは健康上にも被害はなく、アスベスト屋根材はノンアスベスト屋根材よりも長寿命ですので、今でもまだ多くのお住まいで使用されています。屋根材の85%はセメントですので、雨水を吸い込むとどんどん劣化し割れも目立ち始めてきます。屋根材として機能が果たせなくなったと感じた時には、今回の様に屋根葺き替え工事をしていきましょう。

ちなみにアスベストが含まれているかの確認は、築年数(2004年以降施工の屋根材には一切使用されていません)、屋根表面に細かな繊維が見られるかどうかです。

苔の付着 雨樋への雑草繁殖

何年もメンテナンスを行っていなかったようですので、屋根材には苔や藻の付着、雨樋にも雑草が繁殖し雨水がスムーズに排水できない状態です。雨樋に土が溜まる事で負荷も掛かりますので、破損の原因にもなります。定期点検と清掃を行い、屋根材や雨樋が壊れないようにチェックしていきましょう。

波板や板金の継ぎ接ぎ 波板の明り取り

金属屋根材は表面塗膜が劣化することで錆が発生してしまいます。一度錆が発生するとどんどん拡大し穴あきを起こしてしまいます。防水テープで部分補修も可能ですが、一時的な応急措置に過ぎません。まとめて葺き替え工事を行った方がメンテナンスコストを抑えられる可能性もありますので、お客様の方向性に合わせ慎重に検討しましょう。

汚れの付着や紫外線による日焼けで波板が変色を起こすと、せっかくの明り取りも暗い印象を与えてしまいます。新たなポリカーボネート製波板で葺き替えて明るいの陽の光を取り入れていきましょう。

【屋根葺き替え工事】

フック撤去 屋根材撤去

下地はなく作業中の足元に注意が必要ですが緩やかな傾斜(勾配)で高さも低い為、足場の仮設工事は行っていません。下地の場所を確認しながら金属屋根材・小波スレートを剥がしていきます。

アスベスト屋根材を取扱いで最も注意が必要なのは撤去時です。屋根材で使用されている場合は硬く形成されている為問題はありませんが、撤去する際に細かく飛散する可能性があります。アスベストは目視確認することもできない細かく飛散し、気づかぬ間に吸引してしまいます。すると悪性中皮腫や肺がんを起こすリスクが非常に高くなります。しかも潜伏期間が長い為、被害に気づくのは吸引後15~40年後という恐ろしい物質なのです。先ほど屋根材としてある状態であれば問題はないと説明しましたが、アスベストを使用している空き家を放置するのも非常に危険です。劣化し割れたり住宅が倒壊するような事があれば、一気にアスベストが飛散し、近くにお住まいの方にまで被害を及ぼしてしまいます。それほど危険な屋根材の為、撤去の際に届け出や特別な除去作業が必要です。屋根材はアスベストの発塵性が比較的低いレベル3に当たりますので、届け出は不要で簡易的な保護服の着用することで撤去作業が可能ですが、最小限の飛散に抑えられるよう、取り外す程度の解体作業を行います。

屋根葺き替え ガルバリウム波板張替

雨漏りを起こしている2列分の張り替え工事を行い、雨樋を取り付け直します。傾斜の低い場所から取付、継ぎ目から雨水が入り込むことのないよう施工していきます。

錆が進行していたトタン屋根は、錆びにくく耐久性の高いガルバリウム鋼板で葺き替えていきます。薄い金属屋根材は雨音が気になる為、一般住宅で母屋に使用されることはほとんどありませんが、工場や物置には安価なため最適でしょう。

波板張替 棟板金取り付け

下地に合わせフックで取り付け、2方向の継ぎ目部分は棟板金で覆います。こちらの棟板金は側面で留めることが出来ないため、真上からビスで固定しましたが、ビス穴から雨水が入り込まないように、コーキング材で固定部分を塞ぎました。

明り取りの波板設置 雨樋脱着

波板には数種類ありますが、安価で透明な波板は塩化ビニル樹脂とポリカーボネート製が主流ではないでしょうか?どちらもホームセンターで販売されていますが、用途と施工箇所によってどちらを使用するか判断しましょう。塩化ビニル樹脂は耐用年数が短い為、数年以内の張替えが必要になります。最も安価で加工も簡単なため、DIYでこまめに補修できる場所に適しています。今回の様に滅多に張替が出来る場所ではなく、耐久性を求める場合にはポリカーボネート製がお勧めです。若干費用が高くなりますが加工性も良く、寿命は10年超と言われています。表裏がありますので、取り付ける際の面だけは注意しましょう。

ガルバリウム鋼板による屋根葺き替え工事完了

こちらも雨樋を取り付け直し、屋根葺き替え工事は完了です。屋根からの雨漏りが起きたとしても形状や屋根材に合わせて部分的な補修は可能です。費用をなるべく抑えたい、とにかく早く雨漏りを直したいという方は、お気軽に街の屋根やさんへお問い合わせください。点検・お見積りは無料にて承っておりますので、まずはご相談だけ…という方もお待ちしております。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

工場・倉庫の屋根や外壁に使用される大波スレートと小波スレートの最適なメンテナンス方法

工場・倉庫の屋根や外壁に使用される大波スレートと小波スレートの最適なメンテナンス方法

 耐用年数がとても長く、工場や倉庫によく使われている建築資材が大波スレートなどの波板スレートです。とても丈夫なものですが、さすがに長く使われてきただけあって、メンテナンスが必要なものも見受けられます。工場や倉庫のオーナー様や定修・改修の担当者様でそのメンテナンスにお悩みになっている方も多いのではない…続きを読む
アスベスト含有屋根材の見分け方と最適な解決方法|街の屋根やさん東京

アスベスト含有屋根材の見分け方と最適な解決方法|街の屋根やさん東京

 戸建て住宅などの建築において最後にアスベスト入りの屋根材、スレート(カラーベスト・コロニアル)が使われてから十数年が経過しようとしています。屋根葺き替え・屋根カバー工法などの大規模な屋根リフォームをそろそろ検討しなければならない時期に来ていると言っていいでしょう。有害と言われるアスベスト、それが含…続きを読む
アスベストでの健康被害について正しく理解して適切に取り扱いましょう

アスベストでの健康被害について正しく理解して適切に取り扱いましょう

目次【非表示表示】 ●そもそもアスベストって何なのでしょうか? ●アスベストって何が問題なの? ●アスベストのことをもっと知りたい!お客様とのQA ●私たちがお客様へお伝えしたいこと ●建物でアスベスト含有の建材が使われている可能性がある部位一覧 ●アスベストが使用されている撤去や解体も…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区谷中で庇屋根の立ちハゼ葺きの部分葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板

      葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、雨樋交換、雨漏り修理

      調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      八王子市と近隣地区の施工事例のご紹介

      日野市新井で雨漏りしている平屋の建物はスーパーガルテクトへの葺き替え工事で直します

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      町田市西成瀬で強風の被害を受けた瓦屋根をアスファルトシングルへ葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      町田市大蔵町でコロニアルNEOの屋根をエコグラーニでカバー工事しました

      【施工内容】

      スレート屋根工事、屋根カバー工法、スレート屋根カバー工事、金属屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る