無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江東区でサンルームからの雨漏りをシーリングで補修!避難ハッチ.....

江東区でサンルームからの雨漏りをシーリングで補修!避難ハッチに板金カバー工法も実施

【施工前】
避難梯子板金の腐食

【施工後】
避難ばしごの板金カバー

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


サンルームからの雨漏り補修でお問い合わせを頂いたのは、東京都江東区のN様邸です。
雨漏りを起こしてしまった時には、雨漏りの原因箇所を特定し補修を行うのが最も効果的です。
サンルームは内部でガーデニングをしたり、物置として利用している方も少なくありません。
原因を突き止め、内部に影響を及ぼさないように改善していきましょう。
サンルームからの雨漏り補修でお問い合わせを頂いたのは、東京都江東区のN様邸です。
雨漏りを起こしてしまった時には、雨漏りの原因箇所を特定し補修を行うのが最も効果的です。
サンルームは内部でガーデニングをしたり、物置として利用している方も少なくありません。
原因を突き止め、内部に影響を及ぼさないように改善していきましょう。


担当:渡辺


【工事内容】
雨漏り修理
【工事詳細】
お施主様
N様邸
【工事内容】
雨漏り修理
【工事詳細】
お施主様
N様邸
マンションアイコン雨漏り修

【サンルームからの雨漏り】

江東区のビル サンルームからの雨漏り

雨漏りを起こしているようだとご相談を頂いたのは、東京都江東区のビル屋上にあるサンルームです。

屋根のあるスペースを設けたにも関わらず、雨漏りを起こしてしまっては大変です。

今回は、サンルームからの雨漏りの原因を突き止めていきます。

サンルームのシール痩せ シーリングの劣化

屋根材自体に破損は見られませんでした。屋根材のフレーム部分のコーキング材が劣化し、隙間を作っていました。

ここから雨水が入り込むことで、雨漏りを起こしていると考えられます。

隙間を防ぐバックアップ材やコーキング材は、経年により徐々に肉痩せを起こし、隙間を作ることがあります。

定期的に補修を行わないと、今回のように雨漏りを発生させる恐れがありますので、ご注意ください。

シーリング補修

一度補修をしたような跡がありますが、収縮し隙間が出来てしまっていました。全体のコーキング材を撤去し、再施工し直すと長期的に持たせることが出来ますが、コーキング材を取り外す過程で、屋根材を傷つける恐れがあります。

今回は既存のコーキング材の上からシーリング材を打設し、防水処理を行っていきます。

【シーリング補修工事】

サンルームシーリング補修 サンルームのシール補修

足場仮設の必要が無かったため、サンルームの頑丈なフレーム部分に乗りながら作業を行います。

シーリング材をフレームの隅に充填し、専用ヘラで綺麗に均していきます。

サンルームの雨漏り補修 外壁のシーリング補修

隙間が出来ないように適切な量で打設し、綺麗に清掃していきます。

外壁に大きなクラックも見られたため、応急措置としてシーリング材で埋めてヒビの拡大を防ぎます。

【避難ハッチの点検】

避難ばしごの塞ぎ 避難梯子の開閉

続いては、同じく4階部分の避難梯子の上蓋点検です。長らく使用していないのか、錆びが発生し腐食してしまっていました。

埃や泥が付着すると、見栄えが悪くなるだけでなく、錆を進行させてしまいます。

また鉄部が腐食することによって、防水面に問題がなくとも隙間を作り、その隙間から雨水が入り込んでしまいます。

避難梯子の不陸

避難ハッチの周囲には凹みがある事で、水が溜まりやすい形状になっています。

開閉部分の蝶番も錆びていますので、今後使用する予定が無ければ、塞いでしまった方が雨漏りのリスクを抑えることが出来るかと思います。

今回の板金カバーでは、周囲の不陸調整を含め、雨漏りを起こさないような補修工事を行っていこうと思います!

 

梯子周囲の清掃 防水紙敷設

避難ハッチの周りの汚れ・埃を取り除き、雨水が入り込まないように防水紙(ルーフィングシート)を張り付けていきます。

板金を上から被せるだけでも、雨漏り防止にはなりますが、実際に雨水をブロックしているのはこの防水シートです。

屋根外壁どちらにも防水シートが施工されていますので、見えない場所でお住まいが守られている事がわかりますね。

ガルバリウム鋼板カバー

防水紙施工後、錆びにくいガルバリウム(GL)鋼板を上に被せます。SUS製ビスでしっかりと固定し、廻りを防水テープとシーリングで、綺麗に確実に施工していきます。

不陸も解消し、雨水の浸入の心配もなくなりました。

 

【工事を終えて】

サンルームの防水工事は、手の届く範囲で施工させて頂き、雨水の浸入を出来る限り防ぐ工事を致しました。

避難ハッチは今後使用しないという事で、雨漏りの原因にならないよう、確実に塞ぎました。

 

今後、雨漏りを起こした際には屋上の防水面の劣化が疑わしい為、防水工事のご提案をさせて頂きます。

メンテナンスは補修しなければいけない箇所全てを、まとめて補修しなければいけないという事ではありません。

緊急性を要する箇所、生活に支障をきたす場所から、徐々に補修範囲を広げて補修することが可能です。

 

この部分が気になる、まずは雨漏りを直したい等、気になる部分があれば、お気軽に街の屋根やさん東東京店へご相談ください。

お客様のご予算、ご希望に合わせて、最適なメンテナンス方法をご提案させて頂きます。

 

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      荒川区町屋で令和元年東日本台風被害で雨漏りを起こした瓦棒屋根の部分葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根葺き替え工事、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      江東区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      江戸川区一之江で瓦屋根の葺き替え工事、スーパーガルテクトで施工致しました

      【施工内容】

      瓦屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る