点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 新宿区で天窓交換と屋根カバー工事、アーバニーをスーパーガルテクトへ

新宿区で天窓交換と屋根カバー工事、アーバニーをスーパーガルテクトへ

【施工前】
屋根カバー工法施工前アーバニー

【施工後】
屋根カバー工法施工後スーパーガルテクトフッ素

【お問い合わせのきっかけ】
スレート(カラーベスト・コロニアル)とは思えない意匠性を持ったお洒落な屋根材アーバニー。A様は日頃からリフォームについて学んでおり、このアーバニーは問題のある屋根材だと熟知していました。アスベストの含有率を低下させていく取り組みの中、造られた製品で割れやすい製品であると言われています。築23年、天窓の耐用年数のこともあり、屋根周りを刷新するため、天窓交換と屋根カバー工法を行うことにしました。

【工事内容】
屋根カバー工事 天窓工事
【工事詳細】
使用材料
FSフィックスタイプ
スーパーガルテクト
築年数
23年
お施主様
A様

【点検の様子】

アーバニー アーバニー

スレートの中でも割れやすいと言われているクボタ「アーバニー」です。屋根の下端がランダムで、とてもおしゃれな屋根材です。このアーバニー、アスベストからノンアスベストへ移行期に作られたもので、後期になるほどアスベスト含有率が減らされています。その移行期に作られた製品の中には特に割れやすいものが存在すると言われています。

 

欠けているアーバニー ひびの入った棟の役物

A様の屋根はどうなんでしょうか。ひびが入っているところもあれば、割れているところもあるし、欠けているところもあります。これが製品の所為なのかというと何とも言えないところです。確かに同年数を経過した他のスレートよりひびや割れが多い気もしますが、アーバニー以外でもこの程度のひびや割れは見られます。幸いにも家屋本体にダメージを与えるようなひびや割れではありません。

 

天窓 天窓

天窓には曇りが出てしまっています。天窓の耐用年数は20年程度と言われています。現在、問題はないそうですが、そろそろシーリングが限界なのではないでしょうか。屋根カバー工事後に何らかの問題が出た場合、天窓周辺の屋根材を撤去してから回収しなければならないので厄介です。このタイミングで交換してしまうのが一番、いいでしょう。

 

【施工の様子】

足場の仮設

足場材 足場を掛けた建物

足場は安全に工事を進めるだけではなく、ご近隣への埃の飛散の防止のためにも用いられます。足場に埃飛散防止用のメッシュシートを取付け、ご近隣のご迷惑とならないようにします。

 

【天窓の交換】

天窓の木枠 枠をはめ込む

現在、日本で天窓を扱っているメーカーは2社しかありません。ベルックスの天窓はほとんどのメーカーの天窓と交換できます。こちらの天窓は明かり取りのみに使われるものです。まず、周辺の屋根材を撤去し、木枠で仮組みをします。その後窓枠を設置します。

 

ガラスをはめ込む 防水紙を立ち上がり部分まで貼る

次にガラスをはめます。昔は天窓から差し込んでくる日差しが暑く感じられることもありましたが、現在はLow-eガラスが使われているので暑くなりにくいのです。簡単に言えば遮熱ガラスといったところでしょうか。天窓の枠の部分まで防水紙を立ち上げます。これで天窓交換が完了しました。

 

【屋根カバー工法】

棟の撤去 棟の鉄橋された屋根

屋根の上に屋根を被せるのが屋根カバー工法です。棟の役物など屋根の上の出っ張ったものは不要なので、撤去します。雪止めなども途中から切除します。

 

防水紙 防水市の敷設

続いては、これまでの屋根材の上に防水紙を敷いていきます。今回はタディスセルフを使用しました。タディスセルフは粘着式の防水紙で改質アスファルトを使用しているので防水性が優れているのが特徴です。

 

スーパーガルテクトフッ素 屋根材の取り付け

いよいよ屋根材を取り付けていきます。今回、お客様はスーパーガルテクトフッ素をお選びになられました。これまでのガルバリウム鋼板をより高性能ににしたのがSGLで、スーパーガルテクトにはこれが使用されています。しかもフッ素塗装ですから、変褪色と赤錆には20年保証、穴あきには25年保証という長期メーカー保証が付けられています。この先、20年は安心して過ごせます。

 

棟の設置 棟板金の設置

屋根材の設置が終わりましたら、今度は棟の設置です。まずは棟を固定する貫板を屋根に固定します。その貫板に棟板金を設置したら、屋根カバー工法は完了です。金属屋根は暑いというイメージがありますが、こちらは工場出荷時に遮熱塗装されています。暑さ対策もバッチリです。

 

【屋根カバー工法竣工】

屋根カバー工事、完了

ひびや割れ、欠けを気にしなくてよい屋根へと生まれ変わりました。金属屋根材は雨音がうるさいというイメージがありますが、スーパーガルテクト屋根材と一体化している断熱材ででその音を遮音します。暑さだけでなく、騒音対策もバッチリなのです。

 

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. 街の屋根やさん大田店

      1. 電話 0120-989-936
        1. 〒145-0071
          東京都大田区田園調布1-5-5 1F
      1. お問い合わせはこちらから

        あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

         街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

        このページと共通する工事内容の新着施工事例

        墨田区でプレスセメント瓦から嵌合式屋根材への屋根葺き替え工事でリノベーション

        【施工内容】

        屋根補修工事、瓦屋根工事、金属屋根工事、瓦屋根補修工事、瓦屋根葺き替え、金属屋根葺き替え工事、雨樋交換、雨漏り修理、天窓工事

        葛飾区で雹害復旧に火災保険を利用、屋根カバー・外壁塗装・雨樋交換など外装リフォーム

        【施工内容】

        屋根補修工事、スレート屋根工事、屋根カバー工事、雨樋交換、防水工事

        北区で瓦棒屋根のアパートを部分的に屋根カバー工事、雨漏り解消

        【施工内容】

        屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板

        その他の施工事例一覧→

        新宿区と近隣地区の施工事例のご紹介

        葛飾区にてガラスネット波板から高耐久性のポリカーボネート製波板へ張替

        【施工内容】

        屋根補修工事

        葛飾区にて棟板金交換工事、飛散した理由は施工方法が悪いからでした

        【施工内容】

        棟板金交換

        文京区での窓周辺からの雨漏りをシーリング補修と雨樋清掃作業で解消

        【施工内容】

        雨漏り修理

        その他の施工事例一覧→

        屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

        お問い合わせ・資料請求

        台風25号による被害に要注意

        台風25号による被害に要注意

        【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】


         大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
         現在、前回の台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。  

        • 屋根リフォームの流れ
        • 徹底したお住まい調査
        • 不安ゼロ宣

言
        • 屋根のお役立ち情報
        • 当社のご案内
        • 屋根の資料請求

        点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

        株式会社シェアテック
        街の屋根やさん東東京
        〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
        TEL :0120-989-936 
        E-mail : info@sharetech.co.jp
        街の屋根やさん東京大田
        〒145-0071 東京都大田区田園調布1-5-5 1F
        TEL :0120-989-936 
        E-mail : info@sharetech.co.jp
        ページトップへ戻る