点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 豊島区で破けたシート防水からウレタン塗膜防水へ再防水工事を実施いたしました

豊島区で破けたシート防水からウレタン塗膜防水へ再防水工事を実施いたしました

【施工前】
施工前はシート防水

【施工後】
施工後はウレタン塗膜防水

【お問い合わせのきっかけ】
豊島区のK様はキッチン天井の雨漏りにお悩みでした。以前にも雨漏りが発生して防水工事を行ったのが8年ほど前の事。施工した業者さんは連絡が取れず、困っていらっしゃいました。雨漏り現場の直上がベランダになっていてそこの防水が切れてしまい雨漏りを起こしたものと考えられます。そこで、再防水工事をウレタン塗膜防水にて実施させていただきながら、その他原因となりうる箇所の補修工事も承らせていただくことになりました。

【工事内容】
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックス DSカラーゼロ
施工期間
3.5日
平米数
約10㎡
お施主様
K様邸

【点検】

豊島区防水施工事例点検大

豊島区のK様は、度重なる雨漏りにお悩みでした。雨漏りはキッチンの天井に発生し、カビが生えてしまうほど雨の日には漏ってくるそうです。いったいどこから雨漏りをしているのでしょうか?

シートの状態 シートの浮き

キッチンの直上はベランダになっていました。シート防水で防水工事を行ったようです。ここは防水工事を8年ほど前に実施をしたそうです。今回の雨漏りが初めてではないそうです。それであれば通常、防水工

事の施工保障は10年程度はあるはずなので、施工会社に確認してみては?とお話をしたところ、どうやら辞めてしまったのか連絡が取れなくなってしまったそうです。

見た感じとしては問題が無さそうに見えたのですが、良く見てみるとシートの継ぎ目部分には「浮き」が発生していました。

また、浮きの出ている部分周辺は、水の流れの勾配が悪く、雨上がりには必ず水が溜まってしまうそうです。

この辺りは、雨漏り原因の可能性が高そうです。

 笠木のシーリング劣化

他にも、雨漏りに繋がりそうな部分を確認していくと、ベランダの壁部分の笠木がグラグラであるのと、継ぎ目のシーリングが切れていたり、板金上部から打ち付けている釘部分が見えていたりと、補修が必要な

部分も確認できました。

点検の結果から、漏水の大きな原因はシート防水の浮きで、何かしらの原因で水が入ってしまった。対策としては、既存シート防水を剥がし、新たにウレタン塗膜防水で再防水工事を実施、その他原因となりそう

な部分を補修していく工事内容で、ご納得頂き、工事を承らせていただくことになりました。

【工事】

豊島区防水施工事例工事大001

天候が良い日が数日続く日程を選んで、いよいよ工事を実施していきます。防水工事は、一日にできる作業が限られてしまいます。その為、天候が続く日程で工事を順調に進めてゆくことが大事です。

ベランダの上は、お客様が荷物を片付けておいてくれたので大変作業がやりやすくなっておりました。

(作業1日目)

豊島区防水施工事例工事001 豊島区防水施工事例工事002

既存シート防水を剥がしていきます。大胆にカッターナイフを使ってザックザック切っていきます。切っていくと当然裏側が見えてくるのですが、雨も降っていないのにビシャビシャです。このシート防水は全面が

下地に密着しているわけではなく、一部が固定されています。(機械的固定工法と言われます。)その為、どこかから水が入ると状況によってはシートの下に水が廻ってしまいます。

豊島区防水施工事例工事003 豊島区防水工事施工事例工事

シートを剥がしながら、シートの切れている部分を発見いたしました。ここからも間違いなく水が入っていたでしょう。また、ベランダには二階の屋根からの雨水が集まる様に樋が設置されていましたので

比較的雨が少なくても、ベランダに集まる水は多くなってしまいがちです。スペースを広く使う為にも撤去したシートは下におろしておきます。

施工事例シートはがし 施工事例ドレン

シートを撤去した下には絶縁シートが現れますが、このシート自体には防水性は有りませんのでシートが切れてしまうと水が漏ってしまう原因となります。一番水が多く集まる排水口まわりも何やら怪しげな雰囲気でした。

施工事例端部金物撤去 豊島区防水施工事例工事010

絶縁シートは置いてあるだけなので比較的すんなりと剥がすことが出来ました。問題はここからです。職人が座りながら作業しているのは、もともとの下地の調整を行っております。シートを剥がしてわかったのは

もともとはウレタン密着工法で防水がされていたことでした。

このウレタン塗膜の密着していない部分をカッターやカワスキを使用して取り除けるだけ取り除いていきます。この作業が1日目の作業で一番大変な作業でした。私も微力ながらお手伝いに加わらせていただい

ていい汗かかせてもらいました。

ケレンかす もともとの下地

とにかく剥がせるだけ剥がしまくります。また、雨漏りをしていたせいもあるのでしょうが、もともとのウレタン防水面にも大小さまざまな膨れがあり、そこを切ると水が飛び出してくる、という事の繰り返しを延々と

3時間ほど行ってなるべく下地を平滑にしていきます。ウレタン密着工法防水の下はモルタル抑え防水となっていました。このクラックがもともとの防水工事をおこなうキッカケとなった雨漏りを引き起こしていたの

でしょう。かなり太く長い亀裂も見られました。

豊島区防水施工事例工事011

大きな欠片は手で取り、細かな物はほうきでかき集め、下地剥離作業はひとまず終了となりました。

豊島区防水施工事例工事012 豊島区防水施工事例工事013

少し休憩をはさんでから、下地調整剤を塗布していきます。これを全面に塗布して1日目の作業は終了となりました。下地の剥離に想定以上の手間がかかりました。こればかりは剥がしてみないとわからないので

仕方ありません。事前の想定がスムーズな工事につながるので、お客様のご記憶の範囲でなるべく詳しく状況をお聞きしております。

(作業2日目)

豊島区防水施工事例工事014 豊島区防水施工事例工事015

1日目に下地調整まで行いましたが、乾いたときに残りの取り切れていない既存ウレタン塗膜が浮いてくることがありますので、さらにもう一度カワスキを使ってケレン作業を行いました。ここからが本格的な

防水工事となってまいります。今回の防水工事はウレタン塗膜防水、通気緩衝工法にて行います。通気緩衝シートを敷設するために、プライマーを塗布していきます。

豊島区防水施工事例工事016 豊島区防水施工事例工事017

立上り部、平場部にプライマーを塗布します。プライマーこの上に貼られる物への接着性を向上させるために塗っていくものです。塗装の下塗り材と同じ役割ですね。

豊島区防水施工事例工事018 豊島区防水施工事例工事019

プライマー塗布後は、通気緩衝工法用のシートを貼り付けていきます。このシートの格子模様にそって下地の通気を行うことで、水蒸気による膨れを防止します。また、1日目の作業の時に剥がした絶縁シート

とことなり、防水性も兼ね備えています。

豊島区防水施工事例工事020 豊島区防水施工事例工事021

ドレン周りには必ず改修用鉛ドレンを設置します。デメリットは既存排水口よりも排水穴がどうしても小さくなってしまう事です。通気緩衝工法用シートの端部にテープ処理を行い、シート敷設、改修用ドレン設置、

脱気塔取り付けが終了いたしました。

豊島区防水施工事例工事022 豊島区防水施工事例工事023

2日目は中塗りまでを行います。防水塗料となるダイフレックス社DSカラー・ゼロを使用します。立上り部にはメッシュ補強を入れて中塗りを行います。立上りだけでも数回塗り重ねを実施いたしました。

豊島区防水施工事例工事024 豊島区防水施工事例工事025

防水層が出来上がり始めましたね。塗膜の乾燥もあるため、2日目は1層目までで終了です。

(作業3日目)

豊島区防水施工事例工事027 豊島区防水施工事例工事026

3日目の作業は2層目のウレタン塗膜形成になります。立上り部、平場部とウレタン防水塗膜を仕上げていきます。

豊島区防水施工事例工事028

2日目よりも塗膜の厚みが増してきました。残念ながら3日目の作業はここまでで終了となります。防水工事、特にウレタン防水工事はこの様に1日でできる作業が限定されてしまうのがデメリットですね。

(作業4日目)

豊島区防水施工事例工事029 豊島区防水施工事例工事030

作業4日目に入ります。4日目は仕上げのトップコートを塗布していきます。ウレタンは紫外線に弱いため、必ず保護するためのトップコート剤を塗布する必要があります。このトップコートも数年に1回は塗り替え

を行ってあげることで、ウレタン塗膜防水の性能を最大限生かしてあげることが出来ます。また、ウレタンは熱にも弱いので、火の付いたタバコを落としたり、バーベキューなども行わない様にしてください。

豊島区防水施工事例工事034 豊島区防水施工事例工事033

点検時に気になっていた、笠木部分の補修や、念のために手摺根元部へのエポキシ樹脂注入まで行いました。

豊島区防水施工事例工事035 怪しい所施工

壁のクラックも可能な限り、コーキングでの補修ですが実施し、窓枠廻りの亀裂もコーキング処理を行っています。これでベランダからの雨漏りはもう心配することは無いでしょう。

 

 

【工事完了後】

改修用ドレンの出口

雨水の排出口から集水マスにホースで直接流入させることで、集水マスのオーバーフローを防ぐとともに確実に排水させます。この集水マスのつまりによる雨漏りも結構多いので要注意です。

今回の雨漏りとは直接的に関係は無い部分でしたが、キッチン窓の庇の上まで開いていた亀裂をコーキング処理ですが埋めさせて頂きました。

外壁クラックの補修

今回の雨漏りとは直接的に関係は無い部分でしたが、キッチン窓の庇の上まで開いていた亀裂をコーキング処理ですが埋めさせて頂きました。

笠木板金部の穴にシーリング

ベランダ壁の笠木ですが、交換をオススメしています。その間の応急処置的に釘部などへのコーキング処置を行いました。笠木上部からの雨漏りも築年数が長い家屋の場合は十分考えられますので必要な箇所は補修を行いましょう。

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区|FRP防水ルーフバルコニーの浮きを部分的に切除して補修を実施

      【施工内容】

      千代田区|飛散したら危険!ビル街の狭間の棟板金交換を実施

      【施工内容】

      文京区で雹災に有った化粧スレート屋根のカバー工事を行いました

      【施工内容】

      その他の施工事例一覧→

      豊島区と近隣地区の施工事例のご紹介

      文京区|瓦屋根から金属屋根に葺き替え工事が完了しました

      【施工内容】

      瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      豊島区のお客様の雹で雨樋が割れて雨が漏れてしまう雨樋交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      豊島区の工場スレート屋根張替え工事

      【施工内容】

      屋根補修工事、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もりなど無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東東京
      〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      街の屋根やさん東京大田
      〒145-0071 東京都大田区田園調布1-5-5 1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      ページトップへ戻る