点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 文京区|瓦屋根から金属屋根に葺き替え工事が完了しました

文京区|瓦屋根から金属屋根に葺き替え工事が完了しました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】
1年前に内装工事を行ったそうです。しかし2階から雨漏りしてきてしまったということで調査にお伺いしました。2階雨漏りということなので屋根の状態を確認してみます。

【工事内容】
瓦屋根葺き替え ガルバリウム鋼板 瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事
【工事詳細】
お施主様
I様

【調査】

 

文京区で瓦屋根から金属屋根への葺き替え工事が完了致しました。雨漏りが発生してしまったのでまずは調査にお伺いいたしました。2階の天井が剥がれてきてしまっておりました。

文京区屋根葺き替え工事 文京区屋根葺き替え工事

内装業者が入って工事が終わった後での雨漏りだったそうです。築30年以上経過している建物になります。瓦の状態と防水紙の状態を確認してみましょう。

文京区屋根葺き替え工事 文京区屋根葺き替え工事

棟瓦の漆喰が剥がれてしまっています。漆喰が剥がれてしまうと剥がれたところから雨水が入り込んでしまいます。また棟瓦の支えとなっている盛り土にも水が浸み込み緩めてしまいます。緩んでしまうと棟に歪みが発生して隙間ができてしまいます。その隙間から雨が入り込んでしまうという負の連鎖が発生します。

文京区屋根葺き替え工事

棟瓦がものすごく歪んでしまっています。棟瓦を外してみたら盛り土がほとんど無くなっていました。この状態では雨漏りしてしまうのは当然でしょう。瓦も簡単に割れてしまいそうです。瓦を外して防水紙も確認しましたが、ボロボロに切れて無くなってしまっていました。この屋根の状態ではそのままにしとくと危険な状態です。屋根葺き替え工事にて対応致します。

【工事】

 

工事が始まりました。金属屋根に替えるとそれだけで重量としては㎡で約1/5の重さになります。軽量化が図れますので単純にお家への負荷が減るだけでなく耐震性も向上致します。またガルバリウム鋼板製の屋根材に替えることにより、今後のメンテナンス費を抑えることも実現できました。

文京区屋根葺き替え工事 文京区屋根葺き替え工事

初めの工程は瓦降しとなります。当然ですが全ての瓦を撤去しなければなりません。この際、畜30年以上経っているお家ですので野地板が傷んでいる可能性がありました。下手に歩くと落ちてしまうこともあります。垂木の上に足を置いて慎重に作業いたします。

文京区屋根葺き替え工事 文京区屋根葺き替え工事

改めて防水紙の状態を確認することができました。ボロボロになっているのがはっきり確認できます。穴が開いている場所も確認できました。瓦の下に雨水が流れ込んだものがそのまま屋根裏に回って雨漏りに繋がります。

文京区屋根葺き替え工事 文京区屋根葺き替え工事

全ての瓦を降ろし終わったら新しい野地板を施工していきます。既存の野地板は傷んでいるので新しい野地板を貼ります。

文京区屋根葺き替え工事 文京区屋根葺き替え工事

野地板に新しい防水紙を貼っていきます。これが本来の防水紙です。屋根材の下に流れ込んだ雨水を軒先に流れるようにしてくれる役割を担います。屋根材をいくら新しくしても防水紙が無くては雨漏りしてしまいます。

文京区屋根葺き替え工事 文京区屋根葺き替え工事

貼り終えた防水紙に垂木位置の墨出しを行います。垂木に釘を打たないと効きが悪く施工不良に繋がります。垂木の上に新しい垂木を打ち込んでいきます。

文京区屋根葺き替え工事 文京区屋根葺き替え工事

軒先の役物を施工し終えたら屋根材本体を施工していきます。工事中天候が崩れてしまいなかなか工事に入れない日が続いてしまいました。天候が落ち着いたので本体の施工を開始します。防水紙まで貼っていれば多少の雨が降っても差し支えありませんが、早く本体を葺いてしまいたいですので雨がおさまった日に工事再開しました。

文京区屋根葺き替え工事

パラペット部や谷板金も屋根材本体と同様のガルバリウム鋼板で全て加工して納めました。これで雨漏りを心配することもなく安心してお過ごしいただけます。I様夫妻も雨漏りが止まるだけでなく耐震性が上がったり、今後のメンテナンスを心配しなくても済むということで大変喜んでいただけました。

 

 

【工事完了後】

パラペットと谷板金部の施工後写真です。

ケラバ部分の施工後写真となります。本体役物全てビスで固定しております。

ケラバ部分の施工後写真となります。本体役物全てビスで固定しております。

ガルバリウム製の波板屋根材。価格を抑えられることが特徴となります。

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. 街の屋根やさん大田店

      1. 電話 0120-989-936
        1. 〒145-0071
          東京都大田区田園調布1-5-5 1F
      1. お問い合わせはこちらから

        あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

         街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

        このページと共通する工事内容の新着施工事例

        墨田区でプレスセメント瓦から嵌合式屋根材への屋根葺き替え工事でリノベーション

        【施工内容】

        屋根補修工事、瓦屋根工事、金属屋根工事、瓦屋根補修工事、瓦屋根葺き替え、金属屋根葺き替え工事、雨樋交換、雨漏り修理、天窓工事

        北区で瓦棒屋根のアパートを部分的に屋根カバー工事、雨漏り解消

        【施工内容】

        屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板

        江東区|アパートの雨漏りを金属屋根に葺き替え

        【施工内容】

        瓦屋根葺き替え

        その他の施工事例一覧→

        文京区と近隣地区の施工事例のご紹介

        荒川区の雹害復旧の機会に瓦棒屋根葺き替え工事と外壁塗装メンテナンスを実施

        【施工内容】

        屋根補修工事、瓦屋根工事、金属屋根工事、瓦屋根補修工事、金属屋根補修工事、屋根葺き替え、金属屋根葺き替え工事、雨樋交換、雨漏り修理、雹災害

        文京区での窓周辺からの雨漏りをシーリング補修と雨樋清掃作業で解消

        【施工内容】

        雨漏り修理

        千代田区でサイディング張替・換気棟撤去・目地シーリングの打替え補修で雨漏りを解消

        【施工内容】

        屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、雨漏り修理、防水工事

        その他の施工事例一覧→

        屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

        お問い合わせ・資料請求

        台風25号による被害に要注意

        台風25号による被害に要注意

        【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】


         大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
         現在、前回の台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。  

        • 屋根リフォームの流れ
        • 徹底したお住まい調査
        • 不安ゼロ宣

言
        • 屋根のお役立ち情報
        • 当社のご案内
        • 屋根の資料請求

        点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

        株式会社シェアテック
        街の屋根やさん東東京
        〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
        TEL :0120-989-936 
        E-mail : info@sharetech.co.jp
        街の屋根やさん東京大田
        〒145-0071 東京都大田区田園調布1-5-5 1F
        TEL :0120-989-936 
        E-mail : info@sharetech.co.jp
        ページトップへ戻る