無題ドキュメント

HOME > ブログ > 多摩市馬引沢で剥がれた軒天の張り替え工事開始しました

多摩市馬引沢で剥がれた軒天の張り替え工事開始しました

更新日:2020年8月29日

 多摩市馬引沢で軒天張り替え工事が始まりました。

 軒下に後から取り付けたポリカーボネート製の波板によって、雨が降ると雨水の跳ね返りによって軒天が濡れてしまい、ベロベロに剥がれた状態になっていました。

 ベロベロになった軒天は張り替える必要があるのですが、波板が軒下ギリギリに取り付けてあるので一旦取り外してから工事をおこないます。

下地には傷みがありません

軒天が剥がれる原因になっていた波板を一旦外します 軒天の下地を補強します

 ポリカーボネート製の波板を取り外して劣化した軒天の張替えをおこないます。軒天の下地に傷みはありませんでしたが、新しい軒天を張るために下地を補強していきます。

 今回は雨の跳ね返りが原因でしたが、屋根からの雨漏りなどが原因になっている事もあります。劣化した軒天を剥がして屋根の下地の状態を確認しましたが問題はありませんでした。

水に強い耐水性べニアを使います

水に強い耐水べニアを使用します

 張り替えるべニアには水に強い耐水べニアを使用します。べニアは接着剤の耐久性によって分類があり、1類に分類されるべニアは見ずに強くなっています。張った上に塗装工事をおこないますので、更に耐久性が高くなります。波板の納めかたは変わりませんのでまた水撥ねは起きてしまいますが、今までの様にはなり難くなりました。

下地の補強が完了 耐水べニアをはりましたので次は塗装です

 波板の木製フレームがあったために多少軒天の張替えはやりにくかったのですが、問題なく張替をおこなう事が出来ました。

 この後は塗装工事をおこなって波板を復旧すれば軒天張り替え工事が完成になります。多摩市馬引沢でおこなっている軒天張り替え工事は、屋根屋下地に傷みがありませんでしたの順調に工事が進んでおります。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策を徹底しておりますので、安心して工事お任せください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

 お家を維持する上でかなり重要なお家の各部位の名前というと「破風板」や「鼻隠し」、「ケラバ」など聞きなじみのないものも多く、漢字も難しいものが多いのですが、「軒天」という字面を見るとどの場所かは何となく想像がつくのではないでしょうか。 そうです、「屋根の軒」の「天井」だから軒天で…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

多摩市と近隣地区の施工事例のご紹介

府中市白糸台で硬化不良を起こしている屋上の床を防水工事で直します

【施工内容】

防水工事

日野市新井で雨漏りしている平屋の建物はスーパーガルテクトへの葺き替え工事で直します

【施工内容】

屋根葺き替え

府中市府中町で強風で破損した軒天のべニアを足場を架けて張り替え工事します

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る