無題ドキュメント

HOME > ブログ > 杉並区善福寺でモルタルの外壁を調査しました

杉並区善福寺でモルタルの外壁を調査しました

更新日:2020年7月25日

モルタルの外壁

モルタルの外壁

 1990年頃までの外壁と言えば圧倒的にモルタルでした。モルタルはセメントに砂と水を混ぜて作る材料で、一軒ずつ職人が丁寧に塗っていく工法で造られています。そのため、手間や工期がかかりコストも高く、現在では主流から遠ざかってしまっています。現在主流な外壁といえばサイデイングですが、サイデイングは貼り合わせていく工法であるため繋ぎ目ができてしまいます。その点モルタルは塗って仕上げる工法のおかげで、繋ぎ目が無くシームレスな仕上がりになり、意匠性が高くとても綺麗な仕上がりになるのが特徴です。

塗装が劣化すると汚れや苔が目立つようになる

モルタルの外壁 モルタルの外壁別アングル

 モルタルは先にお伝えしたとおりセメントと砂と水でできています。そのため防水性を持ち合わせておらず、表面に塗装を施すことで防水機能を持たせています。しかしながら、塗装も永遠に持つわけではないので、当然劣化していきます。劣化が進むと防水性能が落ちていくため、モルタルの表面が水を吸うようになり、汚れが付着しやすくなったり、苔やカビが発生してきます。最近急に外壁が汚れてきたなと感じたら、塗装が劣化してきたサインと言えるでしょう。高圧洗浄で綺麗にするという方もいらっしゃいますが、塗装の劣化が原因の汚れの場合、表面の洗浄は根本的な解決にはなりません。新たに塗装を行うことで、防水性能を取り戻してあげることが、綺麗な姿を取り戻す一番良い方法と言えます。

クラックができやすいのもモルタルの特徴

モルタルの外壁アップ モルタル外壁のクラック

 モルタルの注意点として、ひび割れ(クラック)を起こしやすいという特徴があります。これは材質の特徴であるため、どんなに腕利きの職人さんが施工したとしても防ぐことは不可能なので、モルタルの外壁である場合は、クラックと根気よく付き合っていく必要があります。できれば月に1回はご自身でも家の周りをチェックし、新しいクラックができていないか、クラックが大きくなっていないかなどの点検をしていただくことがオススメです。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウィルスへの対策のため現地踏査に伺う際は必ずマスクを着用しています。お問い合わせの際はご安心していただければ幸いです。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

台東区千束でベランダ防水の劣化に伴うメンテナンス、通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事、外壁塗装

葛飾区金町にて遮熱塗料(高日射反射率塗料)が対象の助成金で外壁塗装工事、合わせて屋根カバー工事も実施しました

【施工内容】

屋根カバー工法、外壁塗装、遮熱塗料

足立区六木にてスーパーガルテクトで屋根カバー工事を施工、新たに換気棟を取り付け暑さ対策もバッチリに

【施工内容】

屋根カバー工法、スレート屋根カバー工事、外壁塗装、部分塗装、ガルバリウム鋼板、換気棟

その他の施工事例一覧→

杉並区と近隣地区の施工事例のご紹介

練馬区大泉学園町で台風被害にあった雨樋を火災保険で交換工事しました

【施工内容】

雨樋交換

世田谷区成城で階段手摺の工事中、下地の腐食が判明したため鉄骨の手摺に交換いたしました

【施工内容】

雨漏り修理

三鷹市深大寺で漆喰が剥がれて棟が崩れ始めたので棟瓦取り直し工事で元通りにします

【施工内容】

棟瓦取り直し 

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る