無題ドキュメント

HOME > ブログ > 調布市調布ヶ丘で歪んだ雨樋は火災保険で修理します

調布市調布ヶ丘で歪んだ雨樋は火災保険で修理します

更新日:2020年7月1日

雨樋の歪みを確認

台風で歪んだ雨樋2

 調布市調布ヶ丘で歪んだ雨樋を調査してきました。昨年の台風19号(令和元年東日本台風)の後に歪んでしまったとのことで、遠目に見ても歪みがはっきりと確認できる状態でした。

 雨樋は屋根に降り注いだ雨を一か所にまとめて排水する役割がありますが、あまり重要性を感じていない方もいらっしゃるかもしれません。屋根で雨は防いでいるように感じますが、雨樋がなければ屋根から落ちて跳ね返った雨が外壁などに当たり、外壁の劣化へとつながっていきます。外壁を伝って雨漏りを起こす可能性もありますし、外壁そのものが腐って剥がれてしまう恐れも出てきます。特に年間を通しての雨量が多い日本では、雨樋は家を守る重要な役割を担っていると言えます。

奥に傾いてほとんど機能していない雨樋

台風で歪んだ雨樋(引き) 台風で歪んだ雨樋(寄り)

 近くで見てみると、雨樋が奥にクルッと傾いていることが確認できます。これでは雨樋に入った雨水がほとんど流れ出てしまう状態です。雨樋そのものの劣化も見られたので、今回は該当の雨樋を交換する方向性で進めていくことになりました。

 昨年の台風19号(令和元年東日本台風)でこのような状態になってしまったとのことでしたが、台風被害であれば、雨樋にも火災保険の「風害」が適応できることがほとんどです。火災保険は火災という名前のせいで火事にしか使えないと思われがちですが、今回のように風害を含め、雪害や雹災害、落雷といった自然災害を広くカバーしているものが多いため、台風の後などに被害に遭われた方はまず加入中の保険会社に連絡し、保険の対象に該当するか確認することをおススメいたします。今回のお客様も火災保険にご加入しているとのことでしたので、保険会社に連絡していただいたところ無事に保険で修理ができるとの回答がございました。

サイズが合っていない雨樋

下から見た雨樋 サイズの合っていない雨樋

 以前、屋根の工事をされたことがあるようで、屋根の大きさが変わってしまい雨樋のサイズが合っていない部分もございました。赤い線で示したように、集水器の位置が屋根に近く、そこにつながる雨樋を無理やり屋根から適正な距離に遠ざけているため、Vの字になっています。この集水器が建物に寄っているせいで、この部分から雨水が外に跳ねてしまい、雨水が集中的に地面に落ちてしまっている状況でした。

 この雨樋についても交換工事を行うことになりましたが、先ほどの雨樋で使えた火災保険は対象になりません。あくまでも、災害によって被災した部分のみが対象となるからです。しかしながら、対象となる部分を修理するだけでも足場の設置などは必要となるため、工事で高額となりがちな部分については火災保険を利用でき、保険無しで工事をすることに比べれば、全体の工事費用が安く済むことに変わりはありません。

 私たち街の屋根やさんでは、火災保険を利用した災害復旧工事も多数の実績がございます。気になることがあればお気軽にお問合せいただければ幸いです。また、いまだ流行が続いている新型コロナウィルスへの対策として、ご自宅へお伺いする際は全スタッフがマスクを着用しております。ご安心してお声がけいただければと思います。

このページに関連するコンテンツをご紹介

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメディア…続きを読む
雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やお住まいに取り付けられているどの部分が雨樋なのかきっと知っていらっしゃいますよね。ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けら…続きを読む

調布市で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。調布市にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する調布市特設ページはこちら 台風漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      府中市矢崎町で穴の空いた銅製雨樋を交換いたしました

      【施工内容】

      雨樋交換

      葛飾区細田で令和元年東日本台風で破損したダイカポリマの角形雨樋をエスロンの角形雨樋X70に交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      調布市国領町で倉庫の大型雨樋を高所作業車を使用して交換工事をおこないました

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      調布市と近隣地区の施工事例のご紹介

      調布市西つつじケ丘で剥がれてしまった軒天の補修工事をいたしました

      【施工内容】

      破風板・軒天部分補修

      世田谷区深沢で雨水でボロボロになった階段をタキステップで仕上げます

      【施工内容】

      その他の工事

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る