無題ドキュメント

HOME > ブログ > 世田谷区尾山台で下地が傷んで雨漏りしている瓦葺き屋根を葺き直.....

世田谷区尾山台で下地が傷んで雨漏りしている瓦葺き屋根を葺き直し工事します

更新日:2020年5月16日

 世田谷区尾山台で瓦屋根の葺き直し工事が始まりました。

 きっかけは台風19号(令和元年東日本台風)の時に2階の部屋の天井から雨漏りしたという事でお問合せいただきました。

 瓦葺き屋根は瓦自体の割れも何か所もあり、補修した跡が有りましたが、雨漏りの原因は瓦の下に葺いてある防水紙の劣化でした。野地板の上に防水紙が敷いてあるのですが、劣化して切れていたり重なり部分が捲れていて下地が剥き出しになっているところがありました。

 全体的に傷みが出ているのですが、今回は台風で被害を受けた面の葺き替え工事をおこなって、下地を新しくする工事をおこなう事になりました。

雨漏りの原因は下地の劣化

雨漏りしている瓦葺き屋根 防水紙の劣化は雨漏りに繋がります

 瓦葺き屋根は割れていて補修した跡が全体に出ていました。瓦が劣化していても下地さえしっかりとしていれば雨漏りする事はありませんが、瓦を剥がして確認すると防水紙が劣化していて捲れているところが有り、下地が剥き出しになっているので雨漏りしている事がわかりました。

 瓦を引っかけるための瓦桟も腐って折れているところが有りましたので、防水紙と一緒に瓦桟も新しい物へ交換する葺き直し工事をおこないます。

雨水の流れを止めない様にします

瓦桟の欠き込みから雨水を流します

 瓦葺き屋根は、瓦桟という横向きに打ち付けた木に瓦を引っかけて固定します。瓦屋根に限らず屋根材は屋根材の下にも雨水は回る様になっていて、その雨水を防ぐ役割を持っているのが防水紙なのですが、瓦桟によって雨水がせき止められてしまうのを防ぐために、雨水が流れる様に切り込みが入った瓦桟を使用します。

葺き直し工事で下地を直します 棟瓦も取り直し工事で直します

 瓦の色が何枚か回りと違う部分がありますが、葺き直し工事の際に割れて補修していた瓦を新しい物に差し替えました。葺き直し工事には棟瓦もからみますので、一旦撤去して積み直す取り直し工事もおこないます。

 世田谷区尾山台で葺き直し工事中の瓦葺き屋根は、下地を新しくしますので雨漏りの心配も無くなります。

 私たち街の屋根やさんでは、調査や工事でお客様のお宅へ伺う際にアルコール消毒・マスク着用しておりますのでご安心ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーシ…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができ…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい  一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用し…続きを読む

世田谷区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。世田谷区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する世田谷区特設ページはこちら 台風漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      三鷹市中原にて令和元年東日本台風で発生した雨漏りを葺き直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、屋根葺き直し

      世田谷区尾山台で雨漏りしている瓦葺き屋根は葺き直し工事をおこないました

      【施工内容】

      屋根葺き直し、雨漏り修理

      東村山市野口町で入母屋の瓦屋根を部分的に葺き直して雨漏り解消

      【施工内容】

      屋根葺き直し

      その他の施工事例一覧→

      世田谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事

      三鷹市大沢にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦から、立平スタンビーへの屋根葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る