無題ドキュメント

HOME > ブログ > カラーベストの特徴と劣化・築年数別のメンテナンスをご紹介

カラーベストの特徴と劣化・築年数別のメンテナンスをご紹介

更新日:2020年3月26日

皆さんのお住まいではどのような屋根材を使用されていますか?瓦という方も金属屋根材という方も多いとは思いますが、近年非常に多くみられるのが化粧スレートやカラーベストと呼ばれる薄い屋根材です。しかし実際にはコロニアルやスレート瓦等、呼び方が様々で「何が違うの?」「どのように違うの?」と混乱されている方も非常に多いのが現状です。

そこで今回はカラーベストとは何か?またどのようなメンテナンスを行わなければならないのかをご紹介したいと思います。

カラーベストの特徴

カラーベストの特徴と様々な呼び名

カラーベスト カラーベストはカラーバリエーションが豊富

カラーベストはセメントと繊維質を混合させ、5㎜ほどの厚さに固めた屋根材のことを指します。スレートやコロニアル、化粧スレートやスレート瓦とも呼ばれる屋根材は全てカラーベストと同じセメントスレートのことを指しますが、なぜここまで呼び名があるのかというと、各メーカーが販売する際に付けた製品名がそのまま使用されているためです。カラーベストもそうですがコロニアルも『ケイミュー(KMEW)株式会社』が販売する際に付けた屋根材なのです。ただ製品名による違いですのでここでは化粧スレートと同じ意味合いとしてご紹介いたします。

カラーベストのメリット・デメリット

カラーベストのメリットといえばその名の通りカラーバリエーションが豊富であること、また波型や石材調等デザイン性にも富んでいることです。現在のお住まいには非常に多くみられるのがカラーベストですが、角度によって見え方が違いどんな外壁材とも相性が良いため、まったく同じ住宅というのはそれほど見かけませんよね?
また日本ならではの瓦から代わり主流になりつつある理由として、カラーベストが安いという点が挙げられます。新築時は特に様々なものに費用が掛かるため、安価なカラーベストでイニシャルコストを下げる傾向があるようですね。
またもう一つの理由は軽いということです。屋根の重量はお住まいの耐震性と比例するといわれています。瓦の場合1㎡あたり約60㎏ありますが、カラーベストの場合は1㎡あたり約20㎏と瓦の約1/3程度の重量で仕上げることができます。軽量な屋根材を使用することで地震時の建物の揺れも小さくなり倒壊等のリスクを最小限に抑えることができます。

対してデメリットももちろんあります。

カラーベストは吸水しやすい カラーベストの塗装状況
まず一つ目は定期的な塗り替えが必要不可欠です。カラーベストはセメント系ですので雨水の吸水率が高いため、表面の塗膜保護が欠かせません。塗膜は雨水だけでなく太陽光によっても劣化してしまいますので、新築時は10年程度、以降は使用した塗料の耐用年数に合わせてメンテナンスを行っていく必要があります。
またセメント系のカラーベストだからこそ吸水率が高く、瓦や金属屋根材よりも凍害を引き起こしやすいとされています。凍害は屋根材が吸い込んだ水分が寒さで凍ったり、暑さで膨張したりすることでカラーベスト内部から割れやヒビを起こしてしまう現象です。すると自ずと破損しやすい状況になってしまうため、屋根塗装メンテナンスは安心して生活するために欠かせないということを覚えておきましょう。

カラーベストの劣化・築年数別メンテナンス方法

では安心・安全な状態を保つために必要なメンテナンスを劣化別・築年数別にご紹介したいと思います。築年数はあくまでおおよそですので、お住まいの状態に合わせてメンテナンス方法を検討していきましょうね。

① ~10年以内

カラーベストの棟浮き カラーベストの棟板金飛散
築10年以内はほとんどメンテナンスが必要ないと思われがちですが、毎日太陽光や雨水に晒されている屋根だからこそ劣化し続けてしまいます。特に注意すべきは屋根頂部に取り付けられている棟板金です。強風で動き続けることで釘が浮きや抜けを起こし、外れやすくなってしまいます。棟板金が外れることでカラーベストに関係なく雨漏りを起こしてしまうこともありますので十分に注意しましょう。

② 10~20年程度
カラーベストを保護している塗膜が劣化する頃ですので塗装メンテナンスが必要です。お住まいの立地や状態によっては想像以上に劣化が進行しており塗装が不可能なケースもございますので、必要に応じて屋根カバー工法や葺き替えを検討する必要があります。

カラーベストへの屋根カバー工法

③ 20年以上~
このころになるとカラーベストの状態にかかわらず防水紙の経年劣化が不安になります。屋根塗装を行ったとしても防水紙が破れてしまえば雨漏りを起こしてしまいますので、屋根カバー工法もしくは葺き替え工事を行いましょう。天窓(トップライト)も交換時期になりますので屋根全体を見直すチャンスです。

※屋根カバー工法と葺き替え工事、どちらの方が適しているのかは使用している屋根材や下地の状態によりけりです。例えば昔はカラーベストにも石綿(アスベスト)が含まれていました。石綿は固く圧縮されている状態であれば無害ですが、解体時等に割れることで細かく飛散し人体に被害を与えます。飛散した物質は非常に細かく広範囲に飛散しますので近隣住宅にも影響を与えてしまいます。そのため既存屋根材を壊さない屋根カバー工法を行うことが多いです。
築年数が経過していたり雨漏りを起こしていたりすると野地板までも傷んでいる可能性があります。この場合下地の補修を含めて葺き替え工事をお勧めしております。どちらの工事が向いているかが知りたいという方は私たち街の屋根やさんが行っている無料点検をご利用ください。

カラーベストの葺き替え 屋根葺き替え工事

まとめ

カラーベストは近年のお住まいで最も使用されている化粧スレートと同じ屋根材です。吸水によって劣化が進行してしまいますので定期的な塗装メンテナンスやひび割れ等の補修が欠かせません。瓦や金属屋根材よりは寿命が短いですが、カラーバリエーションが多くどのようなお住まいとも相性が良いため、綺麗で安心な住まいを維持するためにも定期的な点検・補修を欠かさず行っていきましょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが…続きを読む
屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

 健全なお住まいに暮らしている場合、普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している人はほとんどいないでしょう。 しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。屋根がどんな環境におかれているか想像してみてください。 晴れの日…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

町田市西成瀬で強風の被害を受けた瓦屋根をアスファルトシングルへ葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え

町田市大蔵町でコロニアルNEOの屋根をエコグラーニでカバー工事しました

【施工内容】

スレート屋根工事、屋根カバー工法、スレート屋根カバー工事、金属屋根カバー工事

足立区入谷で縦葺き屋根材スタンビーを使って過去に葺き替え工事を行っていたパミール屋根に屋根カバー工事を行いました

【施工内容】

屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る