無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区荏原にてスレート屋根の塗装のご依頼、事前調査に伺いまし.....

品川区荏原にてスレート屋根の塗装のご依頼、事前調査に伺いました

更新日:2020年2月28日

品川区荏原の築15年ほどが経過したスレート屋根の塗装のご依頼、見積もりをお出しするために事前調査をさせていただきました。
お客様は屋根が茶色く変色していることが大変気になるとのこと、塗装してきれいにしたいそうです。

色褪せ、変色したスレート

スレート屋根の塗装は美観を保つだけではなく雨漏りを事前に防ぎ、屋根材の寿命を延ばすといった大切な役割もあります。

まずは屋根塗装の重要性をご説明いたしましょう。

スレート屋根に塗装が必要な理由

スレート材はセメントを主成分としているため防水性を持っていません。
新築時には塗装されている状態ですので塗膜によって雨水を弾くことができます。
屋根の上で長期間紫外線や風雨にさらされると次第に塗膜は失われ、水分を含みやすくなります。
こちらの屋根の変色の原因は含水によって苔やカビが発生したもので見た目が悪くなるだけではなく割れやすくなったりしてしまいます。

スレートに割れている箇所があります ひび割れたスレート材

ヒビが入ったり欠けている箇所がありますね。
スレート材が割れてしまっても下地である防水紙がしっかりしていれば雨漏りに直結することはありませんが
欠けた部分から雨水が入り込み下地自体の劣化が早まってしまいます。

スレート材が破損している箇所を修繕して再塗装すれば防水性は復活しますので
今後も安心してお住まいいただけるでしょう。

棟板金の釘の緩みを発見

屋根のてっぺんに被せている金属を棟板金と呼びます。
一部を拡大してみると釘が抜けかけている箇所があります。

屋根のてっぺんの金属を棟板金と呼びます 棟板金の釘のゆるみ

棟板金をしっかり固定していないと強風時などに飛散してしまう危険性があります。
棟板金がなくなると屋根の継ぎ目がむき出しになり、雨漏りしやすい状態になってしまいますので
釘を打ち直して修繕いたします。

スレート屋根は定期的に塗装することで長持ちします。10~15年に一度程度再塗装を行いましょう。

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

墨田区押上にて棟板金交換工事と日本ペイントのサーモアイ4Fを使用した屋根塗装工事を実施

【施工内容】

棟板金交換、屋根塗装

葛飾区水元にて台風で飛来した屋根材で破損したコロニアル屋根を部分葺き替えして既存屋根に近い色で塗装しました

【施工内容】

屋根補修工事、スレート屋根葺き替え工事、棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

豊島区長崎にて台風で飛散した急斜面のコロニアル屋根の一部を葺き替えて部分補修

【施工内容】

屋根補修工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え、スレート屋根葺き替え工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る

質問してね!

私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
何を知りたい?

質問してね!