無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区東品川で強風のため雨樋が落下寸前、スレート屋根にも苔が.....

品川区東品川で強風のため雨樋が落下寸前、スレート屋根にも苔が発生

更新日:2020年1月8日

品川区東品川のお宅で雨樋が外れているとのご連絡を受け、現場調査に伺いました。
一見して雨樋の外れを確認。スレート屋根には苔が生えているようで緑色の汚れが散見されました。

苔の生えたスレート屋根と外れた雨樋

屋根に上がらせていただくと、ご覧のようにいくつもの留め具が外れている状態です。これまでよく落下しなかったと驚かされます。
気づいたのは最近とのこと。強風の際にガタガタと屋根から音がするのを聞き、確認したところご覧の状態だったとのこと。

土砂の堆積した外れた雨樋

雨樋の中にはかなりの土砂が堆積していて、雨樋自体が変色しています。
この辺りは海からの風もあり、土砂が舞い上がりやすく、他のご家庭でも笠木や欄干に土砂がこびりついている事例に出くわしたことがあります。
そうした土砂が堆積し、劣化を速めたのかもしれません。

抜けた釘が落ちている雨樋 根元から外れた雨樋の留め具

樋の中に釘も落ちています。
それほど錆も見当たらず、やはり風の影響が強かったものと推測されます。ガタガタと小さな振動から少しずつ釘が浮き、強風に煽られる形で抜けてしまったのでしょう。

雨樋の破損は放置してはいけません

複数の釘が抜けている状態で、よく落下しなかったと本当に驚かされます。
もし落下していたら、階下にも被害が及んでいたでしょう。運悪く人に当たるようなことになったら大惨事です。

また雨樋は屋根からの雨水を正常に階下に流す役割をもっています。
うまく排水されないと、その重みで雨樋がさらに破損し落下する可能性もあります。また落下しなかったとしても、正常に排水されなかった雨水が外壁などを傷めてしまうことも多々あります。
いずれにせよ、早急な対処が必要です。

雨樋に堆積していたのは土砂だけではありません。
緑色の粕のような苔も、雨樋にこびりついていました。

雨染みの見えるスレート屋根 棟板金の抜けかけた釘

こちらのお宅では屋根材としてスレートが使われていました。
スレート屋根は安価で種類も多く、軽量で耐震性も高いことで人気ですが、セメントを主成分としているため、塗膜が劣化すると防水性が損なわれてしまいます。

スレート屋根自体の耐久性はまだまだありますが、スレートに塗られた塗膜の耐久性は10年前後と言われています。
かなり色褪せ、雨染みの汚れのようなものも見られますので、防水性は弱まっているようです。結果、雨水が滞り、水はけが悪くなり、苔が発生する。こうなるともう悪循環です。

放置し、屋根材の下にある防水シート(ルーフィング)を傷めてしまうと、その下の野地板に雨水が浸透し、家屋への雨漏りとなってしまいます。

幸いなことに苔は発生しているものの、割れや欠けは見られませんので、再塗装だけで済みそうです。雨樋の交換とあわせ、屋根塗装もご提案させていただきました。

また屋根の頭頂部にある棟の板金、こちらを固定している釘も抜けかけています。
こちらも放置してしまうと、棟板金の落下へと繋がってしまうため、補修のご提案をさせていただきました。

 

雨樋の交換だけと思っていたお客様は、屋根の上の状況を聞いて驚いていました。
ただ、屋根塗装も雨樋交換も足場を立てるのは一緒で、長期的な視野でみればコストダウンになります。その説明を聞き、前向きに検討していただくことになりました。

お客様自身が屋根の状況をみることは難しいです。
しかし、日ごと劣化は進んでしまうのが屋根なんです。
ある程度、年数が経ったときは、破損個所がなかったとしてもメンテナンスを受けることをおススメします。
最終的にはその判断が、お家の寿命を高めることに繋がります。

気になることがあったら、お気軽にご相談ください!

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やお住まいに取り付けられているどの部分が雨樋なのかきっと知っていらっしゃいますよね。ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けら…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?

屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?

 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。「スレート屋…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

稲城市長峰で強風で破損した雨樋を火災保険を使って復旧工事をおこないます

【施工内容】

雨樋交換

武蔵野市関前で鳩による鳥害に遭った雨樋を部分交換いたしました

【施工内容】

雨樋交換

府中市矢崎町で穴の空いた銅製雨樋を交換いたしました

【施工内容】

雨樋交換

その他の施工事例一覧→

と近隣地区の施工事例のご紹介

港区白金台で老朽化で釘が浮いてしまった棟板金を新しく取り替えます

【施工内容】

棟板金交換

大田区下丸子で台風の被害を受けた波板と雨樋を火災保険で直します

【施工内容】

屋根補修工事

品川区中延にて火災保険の風災で波板張り替えと雨樋交換工事をおこないます

【施工内容】

雨樋交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る