無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区東品川で雨樋補修の現場調査、劣化の激しいスレート屋根で.....

品川区東品川で雨樋補修の現場調査、劣化の激しいスレート屋根では濃い錆の跡が!

更新日:2019年7月26日

品川区東品川のアパートで雨樋が変形しているので見て欲しいとのご連絡。
現場に来てみると雨樋の変形もさることながら、様々な部位に巻き付けられた板金から錆がスレート屋根に流れていて、こちらも要注意の状況でした。
現場調査の様子をお届けします!

劣化したスレート屋根には錆の流れた跡も

横樋の一部が変形していて、ベランダに雨水が流れ落ちているとのこと。
横樋は屋根からの雨水を受け止め、集水器から竪樋を通じて階下へと排水するのですが、見てのとおり、かなり変形しています。強風の際に干し放しにしていた洗濯物が物干し竿に巻き付き、そのまま竿を曲げた上に雨樋まで破損させたようです。
この辺りは海風も強く、相当な風量になったものと思われますが凄い力ですね。

このままですとベランダに雨水が直撃してしまいます。
住居者のお話では、豪雨の際はかなりうるさかったとのこと。暮らしの平穏を乱され、さぞや大変だったかと思います。
騒音も嫌ですが、跳ね返った雨水が外壁など別の箇所を傷めることにもなりかねず、対処が必要です。

かなり汚れた雨樋 汚れた雨樋と軒天

雨樋を見てみるとかなり土埃が堆積しています。汚れも酷く、階下から見上げると裏側まで土埃が付着してる状態です。
別の場所では雨樋についた汚れが油のようにも見えます。
こうした堆積物があると正常な排水は行われず、また劣化を早めることにも繋がります。一部、補修する必要は避けられませんが、実はそれよりも問題のある箇所がありました。

集水器近くには錆も流れ込んでいます 錆びた棟板金と破風板の板金

雨樋にも赤茶の錆の跡がみられますが、スレート屋根のアチコチで錆が流れた跡がみられます。
デザイン上の理由からか、棟だけでなく破風板や出窓にも板金が巻き付けてあるのですが、それが見事に錆びています。長い間、錆が放置されたようで、かなり濃い錆流れの跡です。

しかもスレート屋根自体もかなり劣化が進んでいるようで、塗膜も荒れ、色褪せています。
スレートの主成分はセメントなので防水性能は低く、塗膜のない状態では水は浸透してしまいます。実際、錆水はかなり浸透しているようでした。
このままでは雨漏りへと繋がる可能性もあり、板金とあわせ補修する必要がありそうです。

お問い合わせの理由は雨樋の補修でしたが、早急に対応が必要なのは、むしろ屋根の上の各種板金の交換とスレート屋根の方かもしれません。
修繕箇所が多岐に渡りましたので、屋根の葺き替えやカバー工法などご予算にあわせた複数のプランをご提案させていただきました。

スレート屋根は定期的なメンテナンスを!

スレート屋根の耐久性は10年から20年程度と言われていますが、塗膜の劣化が進み、防水性能を損なうと一気に耐用年数は落ちてしまいます。
定期的に塗装をすることで塗膜の劣化を防ぎ、防水性を保つことで耐用年数を延ばすこともできます。
大丈夫かな、と思われたらすぐに街の屋根やさんにご相談くださいね!

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方でも「スレート」と聞けばどんな屋根材かイメージできるという方も多いかもしれません。それほど一般的で大変よく見かける屋根…続きを読む
雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やお住まいに取り付けられているどの部分が雨樋なのかきっと知っていらっしゃいますよね。 ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けられているためその役割や必要性を考えたこともなかったという方が多いのではないのでしょうか。雨水を集め、…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区一之江で箱樋の破風板が腐食してしまうのを防止するために箱樋をふさいで雨樋を外吊りで新設しました

      【施工内容】

      破風板板金巻き工事、雨樋交換、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      杉並区阿佐谷南で傷んだ半月型の雨樋を水が溢れにくい角型のものに交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      江戸川区松江で令和元年房総半島台風で棟板金を破損したコロニアル屋根を火災保険で復旧、屋根塗装も実施

      【施工内容】

      棟板金交換、雨樋交換、屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      港区白金台で老朽化で釘が浮いてしまった棟板金を新しく取り替えます

      【施工内容】

      棟板金交換

      大田区下丸子で台風の被害を受けた波板と雨樋を火災保険で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事

      品川区中延にて火災保険の風災で波板張り替えと雨樋交換工事をおこないます

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る