無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区中延にてベランダ表面の剥がれからの雨漏りを調査しました.....

品川区中延にてベランダ表面の剥がれからの雨漏りを調査しました

更新日:2019年7月24日

品川区中延のお客様から「ベランダの塗装が剥がれてきて、床からの雨漏りにならないか心配なので一度見に来て欲しい」調査依頼がきました。
お客様のお宅は三階建ての建物で、その三階部分のベランダの床の塗装が剥がれてきたとのこと。
ベランダの表面は防水加工をしてありますが、生活の中で歩いたりすることで、表面の塗装が剥がれて劣化してしまいます。
ベランダの防水層が剥がれると、劣化によってできたヒビなどから雨水が建物の内部へと入りこみ、雨漏りへと発展してしまいます。
表面が剥がれてきたらすぐに補修を行うことで建物を長持ちさせることができるので、早目の処置が必要です。

ベランダ塗装剥がれ

 

ベランダの表面にゴミが溜まっています

問題のベランダを見せていただきましたが、かなりゴミや塵が溜まっています。
小さなヒビなども見つかりました。
このヒビなどから水が入り込むと建物の下地に溜まり、じわじわと劣化させていくのです。
表面の塗装もだいぶ剥がれてしまっていますね。

ベランダヒビ ベランダ劣化

 

排水口にゴミが溜まっています

排水口を確認すると泥詰まりを起こしてしまっていました。
落ち葉や洗濯ものから出る糸くず、ホコリや塵などが原因でしょうか。
普段からベランダを綺麗にしていれば、そう簡単に排水が詰まるようなことはないのですが、長年に渡り蓄積されたゴミがこのように排水口を詰まらせてしまったようです。
排水口が詰まっているということは、この下の排水管も詰まっている可能性があります。
排水管が詰まると、水が綺麗に流れずにたまり、建物の内部に浸入して下の階が雨漏りになってしまうことがあります。
ベランダでのガーデニングなどが流行っていますが、キレイに使うことが大切です。

排水口の詰まり

調査の結果、防水の為に塗装などの補修工事が必要なので、お客様には費用に合わせた施工方法を提案致します。
ベランダの劣化はできるだけ早めに補修することが大切です。
「まだ放置していても大丈夫」などと思っていたら大間違いです。
ひび割れから雨水が浸入して、どんどん建物を劣化させていっているのです。
ベランダからの雨漏りに発展して、下の階の方に迷惑がかかってしまうことになります。
気になる方は是非、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

台東区千束でベランダ防水の劣化に伴うメンテナンス、通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事、外壁塗装

豊島区池袋本町で屋上陸屋根直下の部屋の雨漏りをウレタン塗膜防水の通気緩衝工法と密着工法で解消しました

【施工内容】

陸屋根工事 、防水工事

新宿区百人町でテナントビルの屋上をウレタン防水工事で補修します

【施工内容】

防水工事

その他の施工事例一覧→

品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

港区白金台で老朽化で釘が浮いてしまった棟板金を新しく取り替えます

【施工内容】

棟板金交換

大田区下丸子で台風の被害を受けた波板と雨樋を火災保険で直します

【施工内容】

屋根補修工事

品川区中延にて火災保険の風災で波板張り替えと雨樋交換工事をおこないます

【施工内容】

雨樋交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る