無題ドキュメント

HOME > ブログ > 狛江市岩戸南で浮いた棟板金を直して、一緒にスレート葺きの屋根.....

狛江市岩戸南で浮いた棟板金を直して、一緒にスレート葺きの屋根を塗装します

更新日:2019年4月6日

狛江市岩戸南で屋根の調査をおこないました。近所で工事をしているという業者から『屋根の板金が浮いていますよ』と言われたそうで、お問合せをいただきました。スレート葺きの屋根には屋根面と屋根面がぶつかる所に棟板金が取り付けてあります。スレートを葺いた後に貫板(ぬきいた)という木を固定してから板金を被せ、横から貫板に向けて釘を打って固定しますが、確かに一カ所棟板金が浮いているのが確認出来ます。しかし少し気になる所があります。釘が抜けるのは、下地の貫板が腐食したり痩せたりした時に緩くなって抜けてしまうのですが、全くその様な症状がありません。しかも、釘が打ってあった所の回りに新しい引っかき傷の様な跡が見えます。指摘した業者が屋根に上ったそうですので、もしかしたらわざと釘を抜いた可能性もあるのではないでしょうか。実際に見ていないので確証はありませんが、状況を見る限りその可能性は高い気がします。仮にわざと釘を抜いたのであれば、同業者として非常に許せない行為です。他の部分は全く問題が有りませんので、下地に腐食も無い状態で棟板金がこの様に浮く事は、ちょっと考えにくいですね。

【棟板金の状態を確認します】

スレートの表面が劣化しています スレート葺きの屋根

スレート葺きの屋根には、棟板金が取り付けてあります。屋根の面と面がぶつかる所に棟板金を被せて、雨水の浸入を防ぐ役割があります。元々スレート屋根はスレートの裏側にも雨水が回る造りになっていますので、棟板金が無かったとしても下に葺いてある防水紙(ルーフィング)に傷みが出ていなければ、直ぐに雨漏りする訳ではありません。

棟板金が浮いています 釘が抜けてしまい持ち上がっています

ここが問題の棟板金が浮いている部分です。釘が抜けているのは分かりますが、釘穴の回りに怪しい傷が付いているのが確認出来ます。あまり考えたくはありませんが、棟板金の浮きを指摘して屋根に上った業者が、棟板金の釘を抜いた可能性が非常に高いと思います。

問題の無い下地の貫板

棟板金の下地になっている貫板は、腐食もしていませんし割れている訳でもありません。綺麗に抜けたのが確認出来ます。他に浮いている部分はありませんし、釘も効いていますので、ビスで補強すれば問題無しと判断しました。

【塗装工事で表面の撥水性を戻して劣化の進行を遅らせます】

表面の撥水性が落ちると劣化が進みます 反りが出ているスレート

スレート屋根は定期的に塗装工事でのメンテナンスが必要なのですが、塗装をおこなって表面の撥水性を維持しないと、雨水を吸いこむ様になり、反りや割れに繋がってしまいます。何箇所か反りが出ている所がありましたので、全体的に屋根塗装工事が必要です。狛江市岩戸南で調査した屋根は、棟板金が浮いているというのがお問合せのきっかけでしたが、下の貫板に傷みはありませんので、ビスで補強してからスレート屋根全体を塗装工事して撥水性を戻す事が必要です。このまま劣化が進むと割れや反りが酷くなり塗装工事が出来なくなりますので、今がメンテナンスのチャンスです!傷みが酷くなる前に早めに直しましょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けることが多い棟板金ですが「強風を受けて棟板金が剥がれてしまっている」「台風の通過後、庭を見たら飛散した棟板金が落下し…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ 屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。 1.機能・性能UP 塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。 しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。 塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素地が外部に晒されてしまいます。   外部に露出…続きを読む
屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      狛江市と近隣地区の施工事例のご紹介

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事

      調布市下石原にて火災保険を利用して割れたセメント瓦の差し替えと屋根塗装メンテナンスを実施

      【施工内容】

      屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る