無題ドキュメント

HOME > ブログ > 武蔵野市緑町で凍害でボロボロな瓦は葺き替え工事で直します

武蔵野市緑町で凍害でボロボロな瓦は葺き替え工事で直します

更新日:2019年2月1日

武蔵野市緑町で屋根の調査をおこないました。屋根からポロポロと何かの欠片が落ちてくるので見て欲しい、というお問い合わせでした。瓦葺きの屋根で上から何かが落ちてくるときは、漆喰(しっくい)の欠片の事が多いのですが、屋根に上って確認してみると、漆喰も剥がれていますが瓦の表面がボロボロになっているのがわかりました。瓦のこの症状は『凍害(とうがい)』といって瓦の中の水分が冬場に気温が下がって凍る事で膨張して瓦を割ってしまいます。屋根全体に凍害が出ていて、下地の防水紙も破れていて雨漏りしていますので、葺き替え工事をおこなって直す必要があります。

【何が屋根から落ちてきたのか調べます】

瓦屋根の状態を調査します 瓦自体も劣化して破損します

瓦葺きの屋根は、漆喰(しっくい)が剥がれて落ちてくる事がありますが、今回は漆喰以外にも落ちてきたものがあります。

【瓦の表面が剥がれる凍害(とうがい)の被害が出ています】

剥離してボロボロの瓦

落ちてきた欠片は瓦の欠片です。土が原料の陶器瓦は通常何十年も持つ屋根材ですが、場合によっては画像の様な症状が出てしまいます。これは凍害(とうがい)といって、瓦の中の水分が気温が下がる冬場に凍結して膨張し、瓦を内側から破損してしまう状態をいいます。表面が剥離する症状ですが、瓦を割ってしまう事もあります。

【下地の防水紙の劣化は雨漏りに直結】

凍害で瓦の表面がボロボロになっています 防水紙(ルーフィング)が切れています

凍害は防ぎ様がありませんので、この様な症状が出たら瓦を新しくしなければなりません。瓦の下に葺いてある防水紙も劣化してボロボロになっていますので、この状態では雨漏りに直結します。

【小屋裏から雨漏りの状態を確認します】

小屋裏から雨漏りを確認します

自然に曲がった丸太をそのまま使う『丸太梁(まるたばり)』が特徴的な小屋裏です。棟から軒先まで垂木を流してその上に野地板が張られています。野地板が屋根の下地になっていますが、武蔵野市緑町の建物は、杉板を横向きに貼り並べたものを使用していて、隙間から防水紙が見えています。防水紙もボロボロになっているために、あちこちに雨漏りの跡がありました。野地板も大分腐食していますので、野地板から新しくして耐久性の高いガルバリウム鋼板製に屋根材へ葺き替え工事をおこなう事になりました。雨漏りも止まり屋根も軽くなりますので、建物にとっては非常時良い状態に変わります。

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類できます。 そして瓦の種類によってメンテナンス方法も違ってくるのです。 目次【非表示表示】 …続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ間違いなく割れます。瓦屋根でこういった多重被害を受けた方もいるのではないでしょうか。 自分の敷地内ならまだしも、お…続きを読む
お住いの大敵、屋根・漆喰の凍害を防げるたった2つの方法

お住いの大敵、屋根・漆喰の凍害を防げるたった2つの方法

 皆様もご存知の通り、寒いと水は凍ります。凍ることによって起こるのが凍害です。水は液体の時よりも温度が低い凍った固体の時の方が体積が増えるという性質があり、これが建物の各部に致命的な被害を引き起こすのです。建材に吸水された水はそこで凍ることによって、クラックやひび割れを発生させます。それが繰り返されることによって、やがて建材は破壊されます。 目次【非表示表示】 ・貴方のお住まいの地域、お家…続きを読む
金属屋根材への葺き替え工事

金属屋根材への葺き替え工事

  実際に瓦屋根から金属屋根材への葺き替え工事の流れをご紹介しています。 そもそも、葺き替え工事とは一体どんな工事なのか、も合わせてご紹介していきたいと思います。                     …続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      武蔵野市と近隣地区の施工事例のご紹介

      西東京市中町でモニエル瓦葺き屋根をジンカリウム鋼板のエコグラーニへ葺き替え工事

      【施工内容】

      瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事

      三鷹市中原にて令和元年東日本台風で発生した雨漏りを葺き直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

      台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る