無題ドキュメント

HOME > ブログ > 立川市にて外壁塗装と和(陶器)瓦の無料点検を実施、ヘアクラッ.....

立川市にて外壁塗装と和(陶器)瓦の無料点検を実施、ヘアクラックは下塗りフィラーで補修できます

更新日:2018年11月14日

立川市にご実家のあるお客様よりモルタルの外壁塗装と屋根点検でご相談を頂きました。立川市で工事が可能なお付き合いのある塗装業者・屋根業者がいなかったため、HPで知らべてご連絡をして頂きました。街の屋根やさん東東京店では東京23区はもちろん、その周辺地域も対応可能ですのでお気軽にご相談ください。何度か塗り替えメンテナンスをされているお住まいのようですので、塗膜の経年劣化と和瓦の状態をチェックしていきましょう。

【9年前に塗装メンテナンスをされたモルタル外壁】

立川市にて住宅点検 チョーキング現象

築年数は大分経過しているようですが9年前にも塗装をされており、築年数を感じさせない綺麗な外観でした。チョーキング現象はわずかに手に付着する程度ですので塗り替えには最適ですね。チョーキング現象が塗り替えのサインですが、更に放置しますと粉化した塗膜も全てなくなり最終的にはチョーキングで判断できなくなってしまいます。モルタルはチョーキング現象が確認できやすい素材ですので、塗装時期を考えながら定期的にチェックしていきましょう。

ヘアクラックは下塗りフィラーで埋めることが出来ます

クラック

モルタルは築年数に関わらずクラックが発生しやすい外壁ですが、このように非常に細いクラックであれば、表面を平滑に仕上げる為の下塗りフィラーで埋めることが可能です。更に微弾性・弾性塗料で表面保護をすることで建物の動きに追従しながらクラックの発生を抑えることも出来ます。築年数が経過している場合、VカットやUカット等でクラック補修を行わなければならないケースが多いのですが、定期的に塗装メンテナンスをしているからこそ、初めての塗装と同様のメンテナンスで状態を改善することが出来るのです。

【高耐久・長寿命で塗装不要な和(陶器)瓦の点検】

塗り替えた瓦棒 陶器瓦

下屋のトタン(瓦棒)屋根は4年前に塗装をされているようですので、色褪せ・塗膜剥がれ・錆の発生は見当たりません。しかし最近、丁度真下の部屋で雨漏りが起きてしまったようですので綺麗だからと言って安心はできません。トタン(瓦棒)の状態を確認しながら、散水試験で雨漏り箇所の特定と補修を行いましょう。

続いて大屋根の点検ですが、塗装で表面保護をする必要のない高寿命の和(陶器)瓦です。非常に耐久性が高い為、長期間に渡って使用し続けることが可能や屋根材ですが、瓦のずれや漆喰の剥がれ等が起きないように補修を行う必要があります。

漆喰点検 陶器瓦の割れ

棟に施された漆喰はひび割れもなく非常に綺麗な状態です。棟や平側にもズレ・歪みが見られないため、今回メンテナンスを行う必要はないでしょう。但し完全に割れてはいないものの、飛来物による衝撃のせいかひび割れが入っている瓦が見られました。非常に硬い瓦も急な強い負荷によって割れてしまいます。今のところ緊急性はありませんが、完全に割れてしまうと防水紙の保護が出来なくなり雨漏りを起こす原因になったり、落下の危険がありますので予め瓦の状態を把握しておきましょう。

今回の調査に引き続きトタン(瓦棒)の雨漏り調査を行っていきたいと思います。雨漏りの特定の為に散水試験を行う場合は別途費用がかかりますので、気になる方、施工費用に関するご相談等がございましたらお気軽にお問い合わせください。お電話またはメール(24時間受付中)にてお待ちしております。

このページに関連するコンテンツをご紹介

街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!

街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!

 日頃、意識することは殆どありませんが、屋根は毎日、私たちの生活を守るという大役を繰り返しています。 風に曝され、砂埃を叩きつけられ、紫外線を照らされ続け、雨を浴び、夏は暑さ、冬は寒さ... 屋根がとれだけ頑張っているか分かるでしょうか。 実は毎日かなりの負担を強いられているのです。 ご近所のお住ま…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

【施工内容】

屋根カバー工法、雨樋交換、雨漏り修理

調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

練馬区高野台で雨漏りした瓦屋根を、地震対策もかねてスーパーガルテクトに葺き替え工事します

【施工内容】

瓦屋根工事、金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

その他の施工事例一覧→

立川市と近隣地区の施工事例のご紹介

武蔵野市吉祥寺本町で割れて雨漏りしたサンルームの屋根を新しいポリカーボネートで交換工事

【施工内容】

その他の工事

東大和市仲原で2018年5月の雹被害に遭った波板をポリカーボネートの波板に交換しました

【施工内容】

その他の工事

小平市鈴木町でトタンの瓦棒葺き屋根を日本ペイントファインルーフのサニーレッドで塗装します

【施工内容】

屋根塗装

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る