無題ドキュメント

HOME > ブログ > 日野市にてスレート瓦からの屋根葺き替え工事、勾配や屋根重量に.....

日野市にてスレート瓦からの屋根葺き替え工事、勾配や屋根重量によって使用できる屋根材は変わります

更新日:2018年10月19日

日野市にてスレート瓦からの屋根葺き替え工事に関してのご相談を頂きました。スレート屋根材は軽量なガルバリウム鋼板での屋根カバー工法も可能ですが、築年数の経過から下地からの補修をご希望でしたので一からの再施工となります。そこで屋根材の種類や特徴に関するご質問を頂きましたので、スレートの状態と合わせてご紹介したいと思います。

【塗装を繰り返してきたスレート瓦】

スレート屋根材の劣化 棟板金の浮き

今まで定期的な塗り替えや棟板金補修をしっかりと行ってきたスレート瓦です。塗膜で保護を行っていると長期的にスレートを使用することが出来ますが、徐々に屋根材にもダメージは蓄積されていき、何れは屋根材の変更を検討していかなければなりません。30年近く雨漏りを起こさずに使用出来ていたのは、メンテナンスの賜物と言えるでしょう。

塗膜の剥がれと屋根材の寿命

塗膜の剥がれが起きる原因は、下地処理(高圧洗浄・下塗り)が充分に行われていなかったか、屋根材自体が著しく傷んでいたことが考えられます。この状態では塗装を行ってもまたすぐに剥がれが起こる可能性がありますので、スレート瓦の寿命も示しています。屋根材の割れ・苔藻やカビの付着・板金部分の経年劣化からいつ雨漏りを起こしてもおかしくはない為、早々に屋根メンテナンスを行う必要があります。

【勾配や既存屋根材の重量によって使用する屋根材は変わります】

金属屋根 ガルバリウム鋼板での屋根葺き替え

屋根葺き替えを行う際に気になるのは新たな屋根材かと思います。耐久性に優れメンテナンス回数が減り、雨漏りを起こしにくい仕上がりにしたいと思いますよね?現在注目を浴びているのは、ガルバリウム鋼板(スーパーガルテクト横暖ルーフ)や自然石粒付き鋼板(エコグラーニやローマン)です。スレート瓦が1㎡当たり20㎏程度に対し、金属屋根材は1㎡当たり5㎏と非常に軽量です。従来の亜鉛めっき鋼板等の金属屋根と比較すると非常に錆びにくい為、頻繁に塗り替えを行う必要もないでしょう。断熱材と一体化の製品は遮音性の向上にも繋がるでしょう。

瓦棒屋根 瓦への屋根葺き替え

屋根の傾斜(勾配)によって使用できる屋根材も変わってきます。4寸程度の傾斜(勾配)屋根でしたら、ほとんどの屋根材を使用することが可能です。1寸程度の緩勾配屋根は雨水が流れにくいなだらかな構造ですので、緩勾配に適した屋根材(瓦棒や立平葺き等)を選ぶ必要があります。瓦は4寸以上、スレート瓦は3寸以上というように、屋根材にはそれぞれ必要最低勾配が決められていますので、家を建てられる時や葺き替える際に一度確認してみましょう。

最後は屋根材の重量です。住宅は建築時に屋根の重量に対して、必要壁量等を計算し建てられています。つまり重い屋根材を葺く場合と軽い屋根材を葺く場合の住宅構造に差があるということです。当然重い屋根材を葺く場合の住宅の方が強い構造になりますので、瓦を葺いていた住宅が葺き替える際には、瓦・スレート・金属屋根のどの屋根材にも変更が可能です。しかし、金属屋根を葺いていた住宅に瓦を葺く事は出来ません。このように住宅構造上使用できない屋根材も存在する可能性があることを覚えておきましょう。

屋根葺き替え工事を行う際に疑問や屋根材に関するご質問等ございましたら、お気軽に街の屋根やさんへご相談ください。お住まいの状態や今後の方針を確認させて頂き、適切なメンテナンスをご提案させて頂きます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みにも耐え…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根の専門家が教えます、屋根の勾配(角度)と屋根材の関係

屋根の専門家が教えます、屋根の勾配(角度)と屋根材の関係

 普段、生活している限り、屋根のことはあまり気にしない方がほとんどだと思います。それでも、屋根というと大半の方は三角屋根を思い浮かべるのではないでしょうか。見慣れた街並みを思い出してください。大方の屋根には勾配(傾斜)が付けられています。屋根勾配は雨水を効率良く流すのに必要です。積雪地ではその勾配を…続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

東京都狛江市西野川で散水試験で雨漏り箇所特定して葺き替え工事で直します

【施工内容】

屋根葺き替え、雨漏り修理

三鷹市井口で強風により屋根が飛散、縦ハゼ葺きの金属屋根スタンビーで葺き替え工事しました

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え

八王子市犬目町で浮いてしまった棟板金を該当箇所のみ交換工事を行いました

【施工内容】

屋根補修工事、棟板金交換

その他の施工事例一覧→

日野市と近隣地区の施工事例のご紹介

立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

【施工内容】

その他の工事

武蔵野市吉祥寺本町で割れて雨漏りしたサンルームの屋根を新しいポリカーボネートで交換工事

【施工内容】

その他の工事

東大和市仲原で2018年5月の雹被害に遭った波板をポリカーボネートの波板に交換しました

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る