点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > ブログ > 豊島区のシート防水剥がしてみると過去の状況が見えてきました

豊島区のシート防水剥がしてみると過去の状況が見えてきました

更新日:2018年4月27日

豊島区のお客様のシート防水ベランダからの雨漏り改修工事ですが、現在のシート防水のシートを剥がしていくと見えていなかったことが少しずつですが明らかになってまいりました。

原因の一端となっていたのは、シート防水の破損もありましたが、今までの雨漏りをしていた原因も見えてきました。

下地状況

シートを剥がしてみたところ、現在のシート防水の前は、ウレタン防水だったことがわかりました。最初に睨んだ通り、もともとはモルタル押さえ防水がクラックなどにより漏水してウレタン防水にて施工されたものと

想像できます。それもウレタン防水は層の厚さから見て、過去に二回実施されているように見えます。

シート防水の下 過去モルタル防水亀裂

シート防水の下はかなり濡れてしまっている状況でした。その為、以前からあったと思われるモルタル防水の亀裂部分から浸水し再度雨漏りを起こしてしまっていたようです。最初のウレタン防水工事の時は下地

処理を行わなかったのかどうかまではわかりませんでした。

立上り部分の水 他の原因?

雨漏りの場合、一か所からだけ浸水しているとは限らないものです。先入観を捨てて様々な可能性を見つけて行かなくてはなりません。パラペット状になって居る壁の笠木部分も十分に漏水原因箇所として

考えられます。これから作成する新たな防水層の面はまず漏水が起こることは無いでしょう。しかし、その内側にどこかから水が入ってきてしまえば工事をする前と基本的に同じになってしまいます。

ただ防水工事を行えばいいだけでは無いのがこのようなケースの難しいところかもしれません。

 

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区でパラペットのある瓦屋根雨漏りを屋根部分葺き直しと際谷加工で雨漏り改修工事

      【施工内容】

      江戸川区のアパートにて積雪により歪んでしまった雨樋を火災保険を利用して交換

      【施工内容】

      足立区にて火災保険を利用し塩ビ製波板をフロスト加工のポリカ波板へ張替

      【施工内容】

      その他の施工事例一覧→

      豊島区と近隣地区の施工事例のご紹介

      板橋区成増でアスベスト含有のスレートからスーパーガルテクトへ屋根葺き替え

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事

      板橋区高島平で雨漏りの原因だった笠木を交換、剥がれてきた天井も張り替え

      【施工内容】

      雨漏り修理

      板橋区向原で雹で破壊された天窓のドーム部分とガラスを交換

      【施工内容】

      天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東東京
      〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      ページトップへ戻る