無題ドキュメント

HOME > ブログ > 豊島区のシート防水剥がしてみると過去の状況が見えてきました

豊島区のシート防水剥がしてみると過去の状況が見えてきました

更新日:2018年4月27日

豊島区のお客様のシート防水ベランダからの雨漏り改修工事ですが、現在のシート防水のシートを剥がしていくと見えていなかったことが少しずつですが明らかになってまいりました。

原因の一端となっていたのは、シート防水の破損もありましたが、今までの雨漏りをしていた原因も見えてきました。

下地状況

シートを剥がしてみたところ、現在のシート防水の前は、ウレタン防水だったことがわかりました。最初に睨んだ通り、もともとはモルタル押さえ防水がクラックなどにより漏水してウレタン防水にて施工されたものと

想像できます。それもウレタン防水は層の厚さから見て、過去に二回実施されているように見えます。

シート防水の下 過去モルタル防水亀裂

シート防水の下はかなり濡れてしまっている状況でした。その為、以前からあったと思われるモルタル防水の亀裂部分から浸水し再度雨漏りを起こしてしまっていたようです。最初のウレタン防水工事の時は下地

処理を行わなかったのかどうかまではわかりませんでした。

立上り部分の水 他の原因?

雨漏りの場合、一か所からだけ浸水しているとは限らないものです。先入観を捨てて様々な可能性を見つけて行かなくてはなりません。パラペット状になって居る壁の笠木部分も十分に漏水原因箇所として

考えられます。これから作成する新たな防水層の面はまず漏水が起こることは無いでしょう。しかし、その内側にどこかから水が入ってきてしまえば工事をする前と基本的に同じになってしまいます。

ただ防水工事を行えばいいだけでは無いのがこのようなケースの難しいところかもしれません。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

シート防水が施工された屋上(陸屋根)のメンテナンス方法

シート防水が施工された屋上(陸屋根)のメンテナンス方法

 ゴムシート防水で10年~15年程度、塩ビシート防水であれば10年~20年程度の耐用年数が期待でき屋上防水で採用されることも多いシート防水。皆様のご自宅や所有されているマンション・建物の屋上(陸屋根)は前回の防水工事から何年経過されていますか?普段あまり立ち入らない屋上だからこそ意外と注意が向かず「…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

【施工内容】

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

豊島区と近隣地区の施工事例のご紹介

練馬区高野台で雨漏りした瓦屋根を、地震対策もかねてスーパーガルテクトに葺き替え工事します

【施工内容】

瓦屋根工事

文京区千石で雨漏りが酷くなった築50年のセメントプレス瓦屋根をアスファルトシングルで葺き替え工事しました

【施工内容】

屋根葺き替え

板橋区坂下でパラペットからの雨漏りを笠木交換を行って改修工事しました

【施工内容】

雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る