点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > ブログ > 台東区で瓦屋根の下地の剥がれから雨漏り

台東区で瓦屋根の下地の剥がれから雨漏り

更新日:2016年11月3日

台東区で雨漏りがあるとのご相談をいただき点検にお伺いしました。
立派な4段積みされた棟瓦の純日本家屋のお住まいでした。

早速屋根の点検を行います。

kawara DSC_3688
一見すると全く問題の無さそうな屋根に見えます。しかし細かく見ていくと、漆喰には剥がれ屋根の上に細かく散らばっています。
漆喰が劣化し、ところどころで剥がれ落ちているようでした。

DSC_3681 DSC_3680

瓦を剥がしてみると下地が劣化している状態です。
陶器瓦の寿命は40年以上と言われていますが、下に葺かれている防水紙の寿命はおよそ30年ほどとされており、瓦の寿命の前に防水紙が寿命を迎えてしまうのです。
また、屋根は一部金属で葺かれている箇所がありました。
こちらは、取り合いに隙間が発生してしまっています。この隙間から雨水が浸入してしまったのでしょう。

瓦屋根はフリーメンテナンスと言われていますが、漆喰は10年に一度ほどの周期でメンテナンスをした方が良いとされています。
漆喰の劣化は棟瓦の固定力を弱め、歪みの原因になります。また平瓦の健康な瓦のズレの原因ともなりえますので定期的なメンテナンスが必要なのです。
また、瓦はフリーメンテナンスだと言われますがセメント瓦やコンクリート瓦などはスレート材と同じように10年に一度の周期でメンテナンスが必要になります。

今回、お住まいの雨漏りの原因は取り合いの隙間からの水分の浸入と瓦屋根の下地に葺かれた防水紙の劣化によるものだと思われます。
屋根は葺き替えるか、葺き直したほうが良いかもしれません。
瓦屋根のことなら街の屋根やさん東京におまかせください!ご相談は0120-989-936まで

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      豊島区のお客様の雹で雨樋が割れて雨が漏れてしまう雨樋交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      江戸川区|散水試験で雨漏り箇所特定!ウレタン防水工事(絶縁工法)

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      江戸川区|雨漏りが原因!モルタル外壁の落下防止工事

      【施工内容】

      雨漏り修理、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      台東区と近隣地区の施工事例のご紹介

      千代田区|アパートの屋根カバー工事と雨樋交換

      【施工内容】

      江戸川区|FRP防水ルーフバルコニーの浮きを部分的に切除して補修を実施

      【施工内容】

      千代田区|飛散したら危険!ビル街の狭間の棟板金交換を実施

      【施工内容】

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もりなど無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東東京
      〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      街の屋根やさん東京大田
      〒145-0071 東京都大田区田園調布1-5-5 1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      ページトップへ戻る