無題ドキュメント

HOME > ブログ > 調布市の雨漏り調査経年劣化による防水紙の切れ

調布市の雨漏り調査経年劣化による防水紙の切れ

更新日:2016年10月30日

本日は、調布市に雨漏りの調査にお伺いいたしました。雨漏りによって天井のクロスが剥がれ雨漏りの修理のお問い合わせをいただきました。

室内の状況です。雨漏りによってクロスが広く剥がれてしまっています。雨漏り箇所の確認をする為屋根裏の調査を行います。屋根からの浸水によって断熱材に雨染み跡があります。屋根からの浸水が雨漏りの原因です。位置を確認し屋根にのぼり雨漏りの原因を究明します。

雨漏り箇所上部の瓦をお客様にご了承いただき取り外しました。防水紙が切れてしまっています。雨漏りの原因は防水紙が原因です。雨漏りを止める為には防水紙新しく入れない直す工事が必要です。

調布市 クロスの剥がれ 調布市 断熱材雨染み

調布市 雨漏り箇所上部 調布市 防水紙の切れ

お客様に雨漏りの原因をお伝えし必要な工事のご説明をいたしました。工事として、既存の瓦を取外し防水紙を入れ直し瓦を戻す屋根葺き直し工事になります。屋根全体の調査を行った所、瓦を固定する釘い浮きや漆喰の剥がれもでていましたの、釘浮きを補修と漆喰の詰め直しも合わせてご提案いたしました。

雨の多い時期ですので、雨漏りが続き大切なお住まいが傷んでしまう前の早期工事が必要です。お見積りを作成しお客様とお話しを進めていきたいと思います。

調布市 釘浮き 調布市 漆喰の劣化

雨漏り調査・雨漏り修理のご相談は、街の屋根やさん0120-989-936にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性とお薦めの「アスファルトルーフィング」をご紹介

雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性とお薦めの「アスファルトルーフィング」をご紹介

  早速ですが、皆さんのお住まいはなぜ雨漏りをしないのでしょうか?そして何がきっかけで雨漏りを起こさなかった住宅で雨漏りを起こすようになるのでしょうか? メンテナンス?屋根は屋根材の種類にかかわらず築10年程度で点検・メンテナンスが推奨されています。そして2回目以降は以前実施した…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

品川区西大井で散水試験で雨漏りの原因特定したのでサッシの取付方法を直します

【施工内容】

雨漏り修理

東京都狛江市西野川で散水試験で雨漏り箇所特定して葺き替え工事で直します

【施工内容】

屋根葺き替え、雨漏り修理

大田区西馬込で造りがおかしな折板屋根からの雨漏り修理を行いました

【施工内容】

雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

調布市と近隣地区の施工事例のご紹介

三鷹市井口で強風により屋根が飛散、縦ハゼ葺きの金属屋根スタンビーで葺き替え工事しました

【施工内容】

金属屋根工事

調布市西つつじヶ丘で劣化して傷みが進んだスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事

【施工内容】

屋根カバー工法

調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

【施工内容】

金属屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る