無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 港区の棟取り直し工事ラバーロック解体新瓦設置

港区の棟取り直し工事ラバーロック解体新瓦設置

【施工前】
港区 工事前

【施工後】
港区 工事後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:谷


港区のお客様より天井に染みが出来雨漏りしているとの事でお問い合わせをいただき調査にお伺いいたしました。天井の染みの位置を確認し小屋裏の調査を行いました。棟にあたる部分の野地板に染みが確認出来屋根からの雨水の浸水と考えられます。屋根の調査に入ります。瓦同士の隙間という隙間すべてにコーキングを打つラバーロック工法がされています。雨漏りの原因はこれです。ラバーロック工法する事で強風や地震に対して瓦のズレや落下を防ぐ事が出来るという特徴がある工法ですが、瓦同士をコーキングにて接着する為多少の隙間から浸水した雨水の逃げ道が無くなり内部へ浸水し雨漏りへと繋がります。雨漏りを工事としてラバーロック工法を施されて瓦をすべて解体し新しく作り直す棟取り直しが必要です。お客様に工事をご提案し工事のご依頼をいただきました。
港区のお客様より天井に染みが出来雨漏りしているとの事でお問い合わせをいただき調査にお伺いいたしました。天井の染みの位置を確認し小屋裏の調査を行いました。棟にあたる部分の野地板に染みが確認出来屋根からの雨水の浸水と考えられます。屋根の調査に入ります。瓦同士の隙間という隙間すべてにコーキングを打つラバーロック工法がされています。雨漏りの原因はこれです。ラバーロック工法する事で強風や地震に対して瓦のズレや落下を防ぐ事が出来るという特徴がある工法ですが、瓦同士をコーキングにて接着する為多少の隙間から浸水した雨水の逃げ道が無くなり内部へ浸水し雨漏りへと繋がります。雨漏りを工事としてラバーロック工法を施されて瓦をすべて解体し新しく作り直す棟取り直しが必要です。お客様に工事をご提案し工事のご依頼をいただきました。


担当:谷


【工事内容】
棟瓦取り直し  雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
なんばん漆喰、のし瓦、冠瓦、丸紐瓦
施工期間
7日
【工事内容】
棟瓦取り直し  雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
なんばん漆喰、のし瓦、冠瓦、丸紐瓦
施工期間
7日
足場アイコン棟瓦取り直し雨漏り修

【工事前の状況】

室内天井の雨染みの位置を確認し小屋裏調査に入ります。雨水の上部にあたる屋根下です。棟にあたる部分に多く雨染みが有ります。浸水した雨水が伝わりちょう ど部屋の角にあたる部分で雨水が落ちている状況です。雨漏りの原因は屋根にありそうです。屋根の調査に入ります。今まで数の多くの屋根を調査してきました がここまでびっしりラバーロック工法がされた屋根は正直見たことがありません。雨漏りの原因としてラバーロック工法を工事の特徴であるコーキングで瓦同士 を固定しする為瓦に隙間が無くなります。隙間がなくなる事で雨水の逃げ道が無くなる為内部へ浸水し雨漏りの原因へと繋がります。雨漏りを止める工事として ラバーロック工法を施された瓦をすべて撤去し瓦を積み直す棟取り直し工事が必要です。

1 2

3 4

【工事の状況】

コーキングで固定された瓦をカッター入れながら1枚1枚剥がして取り外していきます。ラバーロック工法された瓦屋根を工事する場合、剥がす作業が大変ですここ までびっしりと施されていると1枚に対して剥がす作業が時間が掛かります。解体しながら内部の漆喰や土を撤去し掃除を行い、取り直し工事の本番です。

1 2

3 4

5 6

新しくなんばん漆喰を土台として作り瓦を設置していきます。剥がした瓦コーキングによって使用出来ませんので新しい瓦を使用します。漆喰の上の瓦を置きもとの段数積み上げ冠瓦を取り付け下り棟の工事が完了です。

1 2

3 4

5 6

次に屋根の頂上にあたる大棟の工事に入ります。下り棟同様に解体し、新しく棟取り直していきます。下り棟は5段積みでしたが、大棟は9段積みです。下り棟倍近い積みですので解体に時間を要しました。解体・掃除が終わりましたら大棟を積み上げていきます。

1 2

3 4

5 6

7 8

9 10

工事が完了し、お客様に写真でご確認いただき工事竣工です。工事完了後に雨漏りが止まっている事を確認に雨の日にお伺し雨漏りが止まった事をお客様にお伝えしご安心いただきました。

1 2

3 4

瓦屋根調査・瓦屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-989-936にお問い合わせ下さい。

調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしております。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      豊島区長崎でしっくい面戸が剥がれた5段積み瓦棟を耐震対策にもなる7寸丸に積み替えました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      杉並区堀ノ内で歪んでしまった棟瓦をシルガードで取り直し工事いたしました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      国分寺市東元町で雨漏り修理のため瓦屋根の葺き直し工事と壁の板金張替え工事

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      港区と近隣地区の施工事例のご紹介

      渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウム鋼板で葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      江東区東砂で築20年のお宅の陸屋根屋上の防水工事、ウレタン防水通気緩衝工法で施工致しました

      【施工内容】

      防水工事

      新宿区高田馬場で釘が抜けて浮いたトタンの棟板金をガルバリウム鋼板製の棟板金に交換しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る