無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 文京区本駒込で断熱ブロックを撤去してウレタン塗膜防水の通気緩.....

文京区本駒込で断熱ブロックを撤去してウレタン塗膜防水の通気緩衝工法を実施いたしました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 文京区千駄木にお住いのO様は、台風などの強い風雨が伴う場合に発生する雨漏りにお悩みで、私たち「街の屋根やさん」に調査のご依頼を頂きました。築30年ほどの三階建てALC外壁に一部タイル貼りの建物です。屋上、三階部分、二階部分と陸屋根やベランダがあります。雨漏りは、1階、2階、3階と各階で発生しているそうです。雨漏りは壁際に近いところで発生しているのが特徴的でした。O様のご希望は雨漏りを直すことはもちろんではあるが、予算の関係もあるので段階的に改修を進めていきたいとのことでした。外壁の改修も進めていきたいところでしたが、まずは防水工事を行っていきたいというご希望がありましたので防水工事の調査を行っていくと、各陸屋根やベランダには断熱ブロックが敷き詰められており、排水口の状況も見れません。断熱ブロックは場所によっては大きく盛り上がってしまっていました。一部のベランダでは過去に防水工事を行った形跡がありましたが、断熱ブロックの上から防水工事を行っている様でした。今回の防水工事では、断熱ブロックを撤去して防水工事を行っていく方向でお見積りをさせていただきました。他社様との相見積りでしたが、施工内容・金額ともにO様のご納得されるものだったとのことでご契約・工事を承らせていただくことになりました。
 文京区千駄木にお住いのO様は、台風などの強い風雨が伴う場合に発生する雨漏りにお悩みで、私たち「街の屋根やさん」に調査のご依頼を頂きました。築30年ほどの三階建てALC外壁に一部タイル貼りの建物です。屋上、三階部分、二階部分と陸屋根やベランダがあります。雨漏りは、1階、2階、3階と各階で発生しているそうです。雨漏りは壁際に近いところで発生しているのが特徴的でした。O様のご希望は雨漏りを直すことはもちろんではあるが、予算の関係もあるので段階的に改修を進めていきたいとのことでした。外壁の改修も進めていきたいところでしたが、まずは防水工事を行っていきたいというご希望がありましたので防水工事の調査を行っていくと、各陸屋根やベランダには断熱ブロックが敷き詰められており、排水口の状況も見れません。断熱ブロックは場所によっては大きく盛り上がってしまっていました。一部のベランダでは過去に防水工事を行った形跡がありましたが、断熱ブロックの上から防水工事を行っている様でした。今回の防水工事では、断熱ブロックを撤去して防水工事を行っていく方向でお見積りをさせていただきました。他社様との相見積りでしたが、施工内容・金額ともにO様のご納得されるものだったとのことでご契約・工事を承らせていただくことになりました。


担当:渡辺


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックス社 DSカラー
施工期間
14日間
築年数
約30年
平米数
79.1㎡(各ベランダ合計)
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
O様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックス社 DSカラー
施工期間
14日間
築年数
約30年
平米数
79.1㎡(各ベランダ合計)
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
O様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
台風アイコン3階建て遮熱塗料雨漏り修防水工事

雨漏りの状況調査

一階の雨漏り 二階の雨漏り

 文京区千駄木に住まいのO様は、いつもではないのですが台風など暴風雨の時に雨漏りが発生するとのことで、私たち「街の屋根やさん」にお問合せをくださいました。築30年程の三階建ての建物で、屋上は陸屋根になっており、各階にはベランダがあるそうです。まずは室内の様子を確認させていただくことになりました。新型コロナウイルス感染防止に努めてお邪魔させていただきました。

三階の雨漏り 雨漏り

 各階ともに雨漏りが発生するとのことで、雨漏りをしているお部屋を見させていただくと、壁際天井に痕跡は残されておりました。それぞれの階で漏水のあった場所は同一線上ではなくバラバラな場所ですので、浸水経路は各階ともに別々の所にある可能性が高そうです。

ドローン

 ドローンを使用して、建物全体の様子を見ていくことにいたしました。雨漏りを起こしている部屋や部分の直上には、ベランダがあり、排水ドレンからつながる配水管も周囲に見られます。雨漏り原因の可能性の一つとして考えられそうです。

屋上 排水ドレン

 陸屋根、各階ベランダには、断熱ブロックが敷かれている為、排水ドレンの状態などは確認することが出来ませんでした。このような調査を行いながら、どのような工事を行われたいのかをO様とお打合せをさせていただいたところ、全体的に改修を行っていきたいが予算もあるので、という事でした。外壁はALCにタイルを貼り付けているものです。外壁からの浸水の可能性もお伝えしたうえで、まずは防水工事を進めていきたいという事が第一希望になって参りましたので、屋上陸屋根、各階ベランダの断熱ブロックを撤去したうえで、ウレタン塗膜防水の通気緩衝工法にて再防水工事を行っていくご提案を差し上げ、ご契約・工事を承る事となりました。

防水工事のための準備を行います

断熱ブロック撤去

 作業の日程も決まり、いよいよ工事着手となります。まずは床面に配置された断熱ブロックの撤去を行っていきます。屋上陸屋根、各階ベランダに設置されている断熱ブロックの数は300枚を超えます。今回の工事では、足場を設置しないで行っていきますので、O様のご了承を頂いて室内を通って搬出していきます。

室内養生 階段養生

 屋上から1階までの階段、廊下、室内に至るまで汚損防止のための養生をおこなっての断熱ブロック搬出作業です。断熱ブロックは300mm角の大きさで、発泡性の素材の上にモルタルと繊維を混ぜた硬質の素材がついております。1個当たりの重さは見た目よりは軽いのですが、大人数を投入して一気に撤去・搬出を行いました。

撤去運搬 積み込み作業

 O様邸の立地条件下、道路に車両を止めっぱなしでは積載が出来なかったのですが、ガレージをお持ちでいらっしゃったので、搬出した断熱ブロックは一度ガレージに集積し、運搬車に積載していきました。2t車で丸々2台分の量です。

タイル撤去 ドレン

 断熱ブロックを撤去していくと、かなりの量の土類が溜まっておりました。排水口付近は、完全に埋まっておりゲリラ豪雨や台風の強雨の際は、水たまりになっていたのではないかと予想されました。

溜まった土など

 都会でそれほど砂塵の飛来がなさそうな環境ですが、積年の影響は凄いものがあります。お客様が屋上やベランダに置かれていた植栽の影響もあるのでしょう。

作業休憩

 断熱ブロックを撤去・搬出し、一休みの休憩の時には職人さんもややお疲れ気味の様子です。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクをつけてのハードな作業は流石に堪えるようです。この時ばかりはヘルメットも外して休憩させていただいております。

清掃 後片付け

 全ての断熱ブロックの搬出作業後は、養生を取り外して清掃作業を実施いたしました。

撤去終了

 土類もキレイに取りのぞき、既存防水が何であったのかがわかるようになりました。O様の建築資料に防水の事が載っていなかったので、立上りがモルタル抑え防水であったため床面も同様の防水になっていると考えておりましたが、実際にはアスファルト防水になっておりました。

防水工事の下地調整を行っていきます

アスファルト補修

 アスファルト防水の下地修正を行っていきます。膨れてしまっていた部分を切開して補修を行っていきます。

アスファルト膨れ部再生 アスファルト膨れ補修完成

 バーナーであぶって溶着してあげる作業を数か所実施いたしました。

アスファルト下地
 
 下地がアスファルト防水層だったという事で、多少の変更が出て参ります。アスファルト防水下地用の下塗り塗料を使っていきます。

アスファルト部下塗り アスファルト部下塗り2

 コテを使用し、均一にアスファルト防水用下塗り材を塗布していきます。

モルタル下地

 架台部や立ち上がり部に関しては、通常通り樹脂モルタルを使用して、下地処理を行っていきます。

カチオンワン モルタル部下地処理

 架台、立上り部分にローラーを使って塗布していきます。

プライマー

 樹脂モルを塗り終えた架台・立上り部にプライマーを塗布していきます。

プライマー塗り プライマー塗布

 ローラーを使って塗布していきます。

ウレタン塗膜防水を通気緩衝工法で行います

自着シート

 今回の工事は通気緩衝工法で行います。通気緩衝シート(自着シート)を使用します。

通気緩衝シート施工 端部処理

 床面に通気緩衝シートを敷設します。端部やジョイント部の処理を専用のテープを使用して行います。

脱気筒設置 脱気塔

 シート下に溜まる水蒸気を排出するための脱気筒を設置します。床面でも一番高い部分に設置します。

ジョイント処理 架台不陸調整
 
 架台は、断熱ブロックを撤去したことで、不陸が生まれました。不陸を埋めて、メッシュテープで補強を行っています。

架台施工 立上り

 架台・立上り部にはDSカラー立上り用のウレタン塗膜を塗布していきます。この工程は一層目、二層目と二工程行います。

ネタ流し 平場施工

 床面には同じDSカラーでも平場用を使用します。立上り用よりも粘度特性が低くなっています。この工程も二工程実施します。

断熱ブロックの代わりに遮熱性能のあるトップコートで仕上げます

遮熱トップコート

 防水層が完成した後、防水層を保護するトップコート剤を塗布していきます。この工程は一工程となります。トップコートは今までの断熱ブロックの代わりも考慮し遮熱タイプのトップコートを使用いたしました。

トップ トップ施工

 遮熱効果の高いライトグレー色を使用しております。

工事終了

完成1 完成2

ドローン空撮

 まずは防水工事が終了いたしました。各ベランダもすべて防水工事を行っております。今後の状況で外壁の改修等も進めていくことになるでしょう。まずはキレイになったことに大変喜んでいただくことが出来ました。

 

 

 

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

ベランダ・バルコニーで起こる雨漏りの原因と補修方法を解説

ベランダ・バルコニーで起こる雨漏りの原因と補修方法を解説

 皆さんのお住まいのバルコニーやベランダはどのような形状になっていますか?周りを見渡してみると外壁よりも外側に張り出した形状であったり、建物の内側に引っ込むようにある形状だったりしますよね?それぞれメリット・デメリットはありますが、どちらも雨水や太陽光の影響を受ける場所ですので、メンテナンスが必要な…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

      葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      文京区千石で雨漏りが酷くなった築50年のセメントプレス瓦屋根をアスファルトシングルで葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      文京区と近隣地区の施工事例のご紹介

      荒川区東尾久で強風で飛ばされた棟板金の交換に合わせてパラペット笠木の交換も行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      北区西ヶ原で一昨年の台風で被害を受けた三階のベランダ屋根波板交換工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      文京区白山で床がフワフワする屋上FRP防水を下地からやり直してウレタン塗膜防水の通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る