無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 板橋区赤塚のスレート屋根の住宅をIGスーパーガルテクトを使用.....

板橋区赤塚のスレート屋根の住宅をIGスーパーガルテクトを使用しカバー工事を行いました

【施工前】
屋根カバー工事前

【施工後】
カバー工事後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:白井


 板橋区赤塚にお住まいのO様は、突然訪問をして来た業者さんに屋根の板金が飛んでしまいなくなってしまっていると指摘を受け屋根の点検をしてもらったのですが、お見積り金額が高額で不信感を抱いたそうです。お客様自身の屋根の様子を確認しようと下から見える範囲は確認したが板金の欠損は見受けられずより不安が増してしまった様子でした。屋根のメンテナンス歴はなく、屋根工事の相場の分からない状態でしたのでの、屋根工事の業者を探していると「私達街の屋根やさん」のホームページが目に止まり、無料点検・お見積りのご依頼を頂くこととなりました。
調査結果を報告し最初は屋根の部分的な補修を検討せれて折りましたが、将来の事も含めてご家族で話し合いを行い長期的に安心な屋根カバー工事のご決断を頂く事が出来ました。
 板橋区赤塚にお住まいのO様は、突然訪問をして来た業者さんに屋根の板金が飛んでしまいなくなってしまっていると指摘を受け屋根の点検をしてもらったのですが、お見積り金額が高額で不信感を抱いたそうです。お客様自身の屋根の様子を確認しようと下から見える範囲は確認したが板金の欠損は見受けられずより不安が増してしまった様子でした。屋根のメンテナンス歴はなく、屋根工事の相場の分からない状態でしたのでの、屋根工事の業者を探していると「私達街の屋根やさん」のホームページが目に止まり、無料点検・お見積りのご依頼を頂くこととなりました。
調査結果を報告し最初は屋根の部分的な補修を検討せれて折りましたが、将来の事も含めてご家族で話し合いを行い長期的に安心な屋根カバー工事のご決断を頂く事が出来ました。


担当:白井


【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
IGスーパーガルテクト
施工期間
10日間(足場含む)
築年数
21年
平米数
126㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
O様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
IGスーパーガルテクト
施工期間
10日間(足場含む)
築年数
21年
平米数
126㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
O様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
足場アイコン屋根カバー工事

点検

 板橋区赤塚にお住まいのお客様で、1ヶ月程前に突然訪ねてきた業者に棟板金が1.5m程なくなっていると指摘を受けたそうです。場所を聞いても上の屋根としか教えてもらえず、自分で下から確認しても一部しか見えない為、本当に板金がなくなっているのか分からず困っておられました。

ドローンをお使い屋根調査 ドローンによる撮影

 ここ数年で「私達街の屋根やさん」では、ドローンを導入致しました。このドローンのおかげで簡単に屋根全体の様子を確認することが出来るようになりました。
 ドローンを使用し屋根を確認させて頂くと、屋根全体を確認するが板金がなくなってしまっている箇所は見当たらず訪問業者特有のやり方だと感じました。

 板金がなくなっている部分はありませんでしたが、詳しい屋根の状況を確認する為に屋根に登り調査致します。

木口の色褪せ 棟板金釘浮き

 屋根に登りより詳しく調査します。屋根は年数が経過しているこ事もあり、色褪せが目立ちました。板金を固定している釘も年数が経つにつれて、板金の収縮の影響もあり少しずつ抜けて来てしまいます。

谷付近にスレートのひび割れ 剣先がなくなっています

 屋根のという、屋根材同士の合わせの部分で水の通り道になる付近のスレート屋根材にひび割れが多く見られました。他の場所はひびも少なく、欠けているなどの症状は見つかりませんでした。一つ気になったのが剣先と言われる、隅棟の先に付いている短い板金がなくなってしまっていました。この部分は軒の上なので水が入っても室内に雨漏りを起こすことはありませんが、軒天の劣化につながってしまいます。

 こちらの調査内容をご説明し、(棟の補強、スレート屋根の部分補修) (屋根カバー工事)の2つの工事をご提案致しました。
 ご家族様との検討の末、屋根カバー工事を行いたいとご契約を頂きました。

施工開始(下準備)

足場仮設完了

 屋根の工事になりますので安全の為、足場を仮設しての工事となります。工事中は足場で囲まれてしまうので少しストレスに感じてしまうかもしれませんがご了承頂ければと思います。

 

 今回使用する屋根材は、アイジールーフ、スーパーガルテクトを使用し屋根カバー工事を行っていきます。色はシェイドチャコールをお選びになられました。打ち合わせの段階ではシェイドモスグリーンと悩んでおられましたが、グリーンは少し派手な気がするという事で落ち着いた色のチャコールにご決断されました。

既存棟板金撤去

 屋根カバー工事を行うにあたり、既存の棟板金の撤去を行います。屋根カバー工事では既存の屋根材の上に新規屋根材を被せて行きますが、棟板金をつけたままにしてしますと段差が出来てしまい上手く屋根材を被せる事ができなくなってしまします。

木製貫板撤去 貫板の撤去が完了しました

 棟板金は貫板と呼ばれる木製の板に釘で固定されている構造になっています。貫板は屋根の下地に釘で打ち付けて固定されています。貫板は木製のものが使用されていますので、木材の劣化がひどくなれば釘が効かなくなり固定力が弱くなって飛散のリスクも出てきてしまいます。

雪止め金具撤去 雪止めの撤去が終わりました

 ディスクグラインダーを使用して落雪防止用の金具の撤去を行います。雪止めの撤去が終了すると屋根に出っ張っている部分がなくなりました。これでカバー工事の下準備が整いましたので新規屋根材の設置に取り掛かっていきます。

カバー工事

唐草ビス打ち

 屋根の下処理が完了しましたので、いよいよカバー工事に取り掛かります。まずは、軒先(雨樋が設置されている側)に屋根材を引っ掛ける為の唐草と言われる板金をビス止めを行い設置していきます。

 こちらの建物は雨樋の位置が通常より少し高く設置されており唐草の設置に職人さんも少し手間が掛かっている感じでしたが、素早く対応し工夫を凝らして取り付けを行って頂きました。

粘着式ルーフィング 軒先より敷いていきます

 軒先の唐草の設置が完了しましたら、ルーフィング(防水紙)の設置です。屋根カバー工事では主に粘着式のルーフィングを使用します。写真で見る黒い面が粘着面になっておりますが、遅延粘着型ですので貼り付け直後は剥がすことが可能で、貼り付け後数時間で強い粘着性、防水性を発揮するのが特徴です。

 こちらのルーフィングは軒先側より設置して行くことで万が一雨水が屋根材裏に入ってしまっても、ルーフィングより下には浸水しないように軒先から被せて設置していくのが基本です。

防水紙の設置が完了しました

 ルーフィングの設置が完了しました。ここまでの作業が1日で最低でもやっておかないと行けない工程です。板金と取り外してしまうと屋根材の合わせの部分が剥き出しになってしまい、雨が降ってしまうと雨ざらしになってしまい既存のルーフィングの劣化具合では雨漏りにつながってしまします。
 ルーフィングさえ設置してしまえば水を通さない素材で、軒先より重ねて設置していることもあり浸水の心配がなくなります。

屋根材を設置していきます

 これから新規屋根材のスーパーガルテクトを葺いて行きます。屋根材もルーフィングと同様に軒先側より設置します。屋根材を固定する際はビス止めを行い止めるのですが、弊社ではビスの打つ箇所にこだわりがありまして、垂木と呼ばれる屋根の構造材にビス打ちを行うことによりビスが下地にしっかり効くので屋根材をしっかりと固定することが出きます。
 この垂木に打ち込むことで野路板に止めるよりも固定力の向上、雨漏りリスクの軽減が見込めます。

屋根材が残りわずかで葺き終わります 屋根材の合わせ部分

 屋根材が残り少しで葺き終わりそうです。残りはわずかですが既製品の屋根材の形が長方形の為屋根材の合わさる部分は加工を行い設置していかなければいけません。こちらの現場では、職人さんが上手に加工をおこなってくれましたので合わせの部分が隙間なくピッタリ付いています。

樹脂製貫板設置 板金繋ぎ目シーリング

 屋根材の設置が終わり、後は棟板金を設置してカバー工事は終了となります。板金を被せる前に貫板と呼ばれるものを設置していきますが、以前は木製のものでしたが今回は耐久性の高い樹脂製の貫板を使用します。貫板を設置したら上から板金を被せ側面よりビスにより固定を行います。釘では、また抜けてきてしまう恐れがありますのでビスで固定するのがポイントになります。

 最後に板金の継ぎ目のシーリング処理を行いましたら屋根カバー工事が終了となります。

カバー工事完工

カバー工事終了

 屋根のカバー工事が終了致しました。屋根の色はシェイドチャコールを使用しましたので、白色の外壁とも相性が良く落ち着いた雰囲気に仕上がりました。
 屋根全体が新しくなり、お客様が心配されておりましたスレート屋根材の劣化による雨漏りのご心配は解消されました。断熱材入の屋根材を使用しておりますので、断熱効果にもご期待していらっしゃる様子で、お客様が喜んで下さっている様子で私も安心致しました。

 私達街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス感染症の感染予防を徹底しお客様の元へお伺いしております。屋根の事でお困りが御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした屋根材の新しいスタンダード ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区新小岩にてスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施、色はSシェイドブラックになります

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区江戸川で腰折れ屋根のカバー工事、野地板の増し貼りとアールロックで施工致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      調布市西つつじヶ丘で劣化して傷みが進んだスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      板橋区と近隣地区の施工事例のご紹介

      練馬区上石神井町で破損した軒天の補修工事を行いました

      【施工内容】

      破風板・軒天部分補修、部分塗装

      練馬区高野台で雨漏りした瓦屋根を、地震対策もかねてスーパーガルテクトに葺き替え工事します

      【施工内容】

      瓦屋根工事、金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      板橋区坂下でパラペットからの雨漏りを笠木交換を行って改修工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る