無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区西篠崎で令和元年房総半島台風のご被害で火災保険を使用.....

江戸川区西篠崎で令和元年房総半島台風のご被害で火災保険を使用した棟板金の交換工事を行いました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 江戸川区西篠崎のお客様で、一昨年に発生した令和元年東日本台風のご被害により、棟板金が外れて落下してしまったとのご相談をお受けした事が始まりになります。現地調査にお伺いすると、遠目にも屋根がかなり荒れてしまっている状況が視認出来ました。更にベランダから梯子を掛け屋根の方の状況を確認すると貫板等も飛ばされてしまっており隣家の外壁にもたれかかっている様な状況も見受けられました。
 これだけご被害が明確であれば、当然火災保険の適用を受けての修繕工事が可能となります。申請に当たる準備を直ちに行い承認を経て棟板金の交換工事を施工する運びとなりました。
 現状でも未だ修繕工事が済まれていない方もいらっしゃると思います。更にその後に発生した強風によるご被害でお住まいに影響が出た方も、3年の内は火災保険の申請は過去に遡って可能ですのでご検討される事をお勧め致します。
 江戸川区西篠崎のお客様で、一昨年に発生した令和元年東日本台風のご被害により、棟板金が外れて落下してしまったとのご相談をお受けした事が始まりになります。現地調査にお伺いすると、遠目にも屋根がかなり荒れてしまっている状況が視認出来ました。更にベランダから梯子を掛け屋根の方の状況を確認すると貫板等も飛ばされてしまっており隣家の外壁にもたれかかっている様な状況も見受けられました。
 これだけご被害が明確であれば、当然火災保険の適用を受けての修繕工事が可能となります。申請に当たる準備を直ちに行い承認を経て棟板金の交換工事を施工する運びとなりました。
 現状でも未だ修繕工事が済まれていない方もいらっしゃると思います。更にその後に発生した強風によるご被害でお住まいに影響が出た方も、3年の内は火災保険の申請は過去に遡って可能ですのでご検討される事をお勧め致します。


担当:藤崎


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
棟板金 ガルバリウム鋼板
施工期間
足場設置から足場撤去まで5日
築年数
30年
平米数
7.5m
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
H様邸
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
棟板金 ガルバリウム鋼板
施工期間
足場設置から足場撤去まで5日
築年数
30年
平米数
7.5m
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
H様邸
保証年数
お付けしておりません
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン3階建て棟板金交換

現地調査の状況

棟板金が飛散

 現地調査にお伺いし、先ずは遠目にお住まいを確認致しました。この通り棟板金が捲れたり部材が散乱してしまったりと、屋根の上部で荒れてしまっている状況が確認できました。こちらおお住まいは3階建てとなります。ベランダにギリギリ梯子は掛けられても登る事は困難な状況でしたので、どうしても足場を早めに設置して作業に取り掛かる必要性がありました。

落下した棟板金

棟板金が落下 落下した板金

 台風後、お客様の方でお住まいの周囲を確認したところ棟板金が落下している事を確認され、当初はこの部材が何か判らなかったそうですが、屋根から捲れた棟板金がはみ出ている状況も下から見えたとの事で、屋根の部材であるとお気付きになられた様です。その上で状況確認や修繕方法について聞きたいとの事で、当社へのご連絡を頂きました。

棟板金と共に貫板も散乱

捲れた棟板金 貫板も散乱

 こちらが棟板金の捲れによりはみ出してしまった棟板金です。また落下すると危険も有りますので、早々に対応が必要となります。更に屋根上には貫板が完全に外れて隣家の外壁にもたれかかっている状況でした。こちらも次なる強風被害で飛ばされて周囲へ影響を与えてしまう可能性も有りますので早々に撤去が必要となります。今回これだけのご被害が発生している事で、明らかに火災保険の適用を受けての修繕工事が可能です。但し火災保険の場合、申請してから承認まで日数が掛かってしまう事も考えられるので、火災保険の申請を行う事は勿論ですが、同時に施工の方も早めに対応して欲しいとの事で、承認を待たずに工事の段取りを行う事となりました。

足場を仮設して散乱した貫板を撤去

棟板金の捲れが発生

 よって早い段階で足場を仮設させて頂き、散乱した屋根部材を撤去させて頂く事と致しました。3階建てのお住まいの場合どうしても屋根まで梯子が掛けられず、登れないケースもあります。そうした場合、どうしても養生作業等も出来ず早期に足場を掛けての対応が必要となる事があります。火災保険をご使用される場合、承認を得るまで工事が出来ないと言った事は有りません。被災状況の報告を写真と共に申請すれば、その後修繕工事を先付けで行っても問題は有りません。但し注意が必要なのは、被害が画像上でも明らかに判れば問題ないですが、画像などで判りづらい場合等は、現地確認に火災保険の鑑定が入る事も有ります。そうなると修繕工事を終えてしまうとその判断が出来なくなりますので、保険承認が下りないと言った事にも繋がる可能性が考えれますので、その辺りはご相談された工事業者の方からの助言等もお聴きになられた方が良いと思われます。

棟板金の交換施工へ

捲れた棟板金を撤去

 幸い、足場仮設後すぐに職人の手配も出来たので翌々日には工事の方の段取りも採れました。既存の棟板金を全撤去して新しい棟板金への交換を行います。

樹脂製貫板の準備

樹脂製の貫板

 今回交換施工に当たり、新しい貫板には従来の木材では無くこのプラスティック樹脂製の貫板を使用して参ります。木材はどうしても年数の経過と共に腐蝕が発生し弱体化してしまう懸念を伴います。この樹脂製貫板であれば木材とは異なり腐蝕の心配も軽減され、先々の事を考えると耐久性の面からもベストな部材であると言えます。更に昨今の極端な気象状況を考えると台風対策等の意味合いも含め棟板金交換工事においては、樹脂製貫板を使用するケースが殆どとなります。

貫板の長さを調整してカット

長さを調整します カットして長さを合わせます

 樹脂製貫板を予め長さに合わせてカットして屋根上では取付のみで済む様準備していきます。

棟板金の規格に合わせて貫板を取り付け

棟板金に合わせて貫板を取り付け 貫板をビス固定

 新しく取り付ける棟板金の規格に合わせて貫板をきっちりと取り付けて行きます。更に釘止めでは無くしっかりとビス固定で強固な下地となる様設置していきました。工事おいては何事も下地が重要となりますので、こう言った細かい部分も一つ一つきちんと施工をしていく必要性があります。

樹脂製貫板の取り付け完了

樹脂製貫板の取付完了

 下地貫板の取付完了です。こちらお住まいは切妻勾配の屋根ですので一直線に貫板が設置されました。この貫板に棟板金を被せて取り付けて参ります。

棟板金の取り付けへ

棟板金を被せていきます 棟板金の取り付け開始

 端側から順番に棟板金を被せてビス固定で取り付けを行います。

棟板金を設置

残り半分を設置して完成

 予め規格に合わせて貫板を設置して行きましたので、ぴったりフィットするような形で棟板金が被さります。これで下地の貫板と棟板金が一体となり従来よりは強度の強い棟の構築へと繋がります。

棟板金の端部処理

棟板金の端部処理 棟板金の端側を折り込み

 最後に端部の処理を行い仕上げとなります。棟板金を少し延伸させて切妻の端の頂上部を覆う様に織り込んでいきます。

端部処理の完了

端部処置の完了

 これが端部の棟板金の処置となります。板金を器用に織り込んで咬み合わせて、あとは隙間になる部分にシーリングを施して仕上げ完成となります。

棟板金交換工事の完成

棟板金の交換完了

 無事工事の方も終了し棟板金交換の完了となります。お客様の方もこれで心配はいらなくなりましたと安堵の表情を浮かべておられました。

台風等の自然災害は火災保険で修繕が出来ます

棟板金交換工事の完了

 このように台風などの自然災害では火災保険を活用しての修繕工事が可能です。勿論被災部の修繕工事のみを施工されるのも一つですが、折角足場を組んでの施工となり、その分が保険での対応が出来るので、これを機に屋根全体の葺き替えカバー工事、或いは外壁塗装工事と言った全体的なお手入れをされるのも一つの方と方法と言えます。私たち街の屋根やさんでは部分修繕は勿論、そのいずれの工事でのご対応も可能となります。新型コロナウィルス対策も必要な状況下ではありますが、その辺りの対策にも万全を期して取り組んでおりますので、皆様もお気軽にお声掛け頂ければ幸いです。

江戸川区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。江戸川区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する江戸川区特設ページはこちら

工事を行なったH様のご感想をご紹介いたします

H様のアンケート

【工事前】

工事前アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風15号による
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
インターネット検索
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに問い合わせしました
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
地元にある会社なので
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
すぐにきて頂き助かりました。保険書類(写真)作成や丁寧な説明がよかった。

H様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根工事

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 【動画で確認…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      荒川区東尾久で強風で飛ばされた棟板金の交換に合わせてパラペット笠木の交換も行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      世田谷区弦巻で台風被害に遭った棟板金を火災保険で交換工事しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      葛飾区堀切で台風被害で破損したコロニアル屋根の棟板金を修理交換しました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、雨樋交換、雨漏り修理

      葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      江戸川区西瑞江で軒天落下防止対策で破風板板金カバー工事を施工、併せて塗装仕上げを行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る