無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 荒川区町屋で切妻形状の化粧スレート屋根の天窓を撤去しながらI.....

荒川区町屋で切妻形状の化粧スレート屋根の天窓を撤去しながらIG工業スーパーガルテクトで屋根カバー工事を行いました

【施工前】
天窓撤去前

【施工後】
天窓撤去後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 荒川区町屋にお住いのH様は雨漏りにお困りで、私たち「街の屋根やさん」にお問合せをくださいました。過去にも雨漏りがあり、その時は家を建てた会社に依頼をして一時的におさまったようですが、一昨年の台風でまた再発したそうです。雨漏りは大きく家の中の2箇所で起きておりました。原因を探るための天井点検口を作成し散水検査を行ったところサイディング外壁からの雨漏りという事がわかり、シーリング工事と塗装工事を行う事になりました。そうなると不安が残るのが屋根です。築年数も20年ほど経ち屋根のメンテナンスも考える時期になったこともあってお話合いをさせていただくと屋根には天窓もあり今後の雨漏りリスクの不安をお持ちのようでした。そこで省メンテナンス化の為、天窓の撤去と屋根カバー工事を合わせてご提案させていただきご契約・工事を承らせていただく事になりました。
 荒川区町屋にお住いのH様は雨漏りにお困りで、私たち「街の屋根やさん」にお問合せをくださいました。過去にも雨漏りがあり、その時は家を建てた会社に依頼をして一時的におさまったようですが、一昨年の台風でまた再発したそうです。雨漏りは大きく家の中の2箇所で起きておりました。原因を探るための天井点検口を作成し散水検査を行ったところサイディング外壁からの雨漏りという事がわかり、シーリング工事と塗装工事を行う事になりました。そうなると不安が残るのが屋根です。築年数も20年ほど経ち屋根のメンテナンスも考える時期になったこともあってお話合いをさせていただくと屋根には天窓もあり今後の雨漏りリスクの不安をお持ちのようでした。そこで省メンテナンス化の為、天窓の撤去と屋根カバー工事を合わせてご提案させていただきご契約・工事を承らせていただく事になりました。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根カバー工法 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
IG工業スーパーガルテクト シェイドチャコール
施工期間
3日間
築年数
20年
平米数
約70㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
【工事内容】
屋根カバー工法 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
IG工業スーパーガルテクト シェイドチャコール
施工期間
3日間
築年数
20年
平米数
約70㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
足場アイコン屋根カバー工事

点検

雨漏りの跡

 荒川区町屋にお住まいのH様は、かなり昔に雨漏りがあり補修をされていたそうですが、一昨年の台風で雨漏りが再発し、お困りになって私たち「街の屋根やさん」にお問合せをくださいました。雨漏りが発生したというお部屋にご案内いただいたところ1Fの和室の天井より下側の壁に大きな雨染みが残っておりました。天井面には雨染みが残っていないことから壁際に原因がありそうと予測を立て調査を行っていくことになりました。

雨漏り発生外部 天井点検口作成外部

 H様の外壁は2種類の外壁材で構成されておりました。2F部分はモルタル仕上げとなっておりますが1F部分は窯業系のサイディングボードのようです。その中間には幕板で仕切りが作られています。過去の雨漏りの際に補修を行ったと思われるコーキング処理の跡が残っておりますが原因は究明できていなかったようです。私たち「街の屋根やさん」からの提案としては、散水検査を実施して発生場所の究明をしていくという物でした。ただし、そのためには天井点検口を作成し確認を行わないといけません。H様のご了承を頂き、室外に1か所、室内に3か所の天井点検口を作成し散水検査を実施します。

和室点検口 雨漏りの痕跡天井内

 一番目立つ雨漏りの和室天井へ天井点検口を作成し、雨漏りがどのような経路で起きていたのか確認していきます。天井内側には目立った漏水跡は見られず、壁際の桁周りに漏水の跡は集中しておりました。

雨漏り再現散水試験 散水試験の位置確認

 実際に散水検査を行っていくと、以前に漏水をしていた跡が残っている場所と同じ場所から漏水が発生しているのが確認できました。位置的には外壁を間仕切る幕板周辺です。

違う部分からの雨漏り確認 ロフト内部の点検

 他にも雨漏りがあるとのことで散水検査を実施すると、和室の雨漏りの状況と一緒で2Fと1Fを間仕切る幕板周辺からの雨漏りを確認することが出来ました。結果としては当初の目測通り外壁からの雨漏りだったのですが、メインの屋根も心配とのご相談を頂きメインの屋根の小屋裏もロフトの壁に点検口を作成し点検いたしました。屋根の野地板は非常にきれいな状態で平面の部分には雨漏りの痕跡はありませんでした。H様の屋根には大きな天窓が2台ついており、その雨漏りを非常に心配されていたので、天窓を交換して屋根カバー工事をする方法、その場合はまた20年~30年程度で交換の可能性が出てくる事、今ある天窓を塞いでしまって屋根カバー工事をする方法もある事をご提案させていただき、リスクを極力なくしたいというH様のご要望に則り、天窓を撤去し屋根カバー工事を外壁塗装工事と共にご契約・工事を承る事になりました。

大屋根の確認ドローン

 メインの屋根は大きな天窓が2台設置されています。

工事

屋根工事着工

 ご近隣様へのご挨拶を行い、足場仮設も無事に終了いたしました。屋根カバー工事を先行していきます。電動式の昇降機を設置し荷揚げ・荷下ろしを行います。

棟板金の撤去 貫板の撤去

  屋根カバー工事では、まず屋根の「突起部」を外していきます。代表的な突起部は「棟」です。棟板金を外し、貫板の撤去を行っていきます。

雪止め金具の撤去 天窓の解体

 その他の突起部は雪止め金具です。雪止め金具は、既存の物は再利用はできませんので撤去することになります。

天窓の解体風景 天窓塞ぎ下地作成

 お客様の最も気になっていた天窓も解体していきます。実際に解体を進めていくと室内から見上げた大きさよりもはるかに大きな天窓であったことが分かります。ガラスだけでも相当な重さがありそうです。天窓の枠を解体し、塞ぐための下地を作成していきます。

天窓塞ぎ工事 ルーフィング敷設

 下地を作成した後、野地板を下地にビス止めして、屋根は完全にふさがれました。この後は通常の屋根カバー工事の施工の流れとなります。粘着式のルーフィング(防水紙)を軒先側から敷設していきます。ルーフィングの敷設の前に軒先には唐草という新しく屋根カバー工事で使用する屋根材をひっかけるための板金が付けられます。

ルーフィング作業 屋根固定位置だし

 粘着式ルーフィングを敷設した後、屋根材を屋根の中にあるタルキにビス止めするための墨出しを行います。赤い矢印に見える白い線の所にタルキが入っています。

スーパーガルテクト 屋根カバー工事

 いよいよ新しい屋根材IG工業スーパーガルテクトを屋根に施工していきます。H様はシェイドチャコール色をお選びになりました。日射反射率も一番高い色で、外壁の色を選ばないオールマイティーな色で人気も高い色です。迷ったらシェイドチャコール色をおススメします。

ビス止め 雪止め金具設置

 屋根材スーパーガルテクトを墨出しをしてあるタルキの位置にビス止めして設置していきます。新しい雪止め金具も同様にタルキの位置に固定していきます。

棟おさめ貫板 棟おさめ

  スーパーガルテクトを葺きあげ、棟をおさめる貫板を設置しました。貫板は樹脂製の物を使用します。通常の木材の貫板よりも腐食に強く長持ちで安心です。最後に棟板金を貫板にステンレス製ビスで固定し工事は完了となります。

屋根カバー工事終了

完成

 天窓があった側の屋根面もすっかりフラットになりました。スーパーガルテクトは超耐久ガルバを使用しています。穴あき保証は25年という長期保証です。それだけ商品に自信を持っている証です。

下屋根完成

 玄関の上にある小さな下屋根もスーパーガルテクトでカバー工事を行いました。H様もこれで安心とご満足いただける工事となりました。私たち「街の屋根やさん」では新型コロナ感染拡大防止策に努めて作業を行わせていただいております。

工事完了後ドローン撮影

ドローン

 足場解体後にドローンを使って屋根の様子をお客様と最終確認いたしました。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

一番強い金属屋根、トタン・ガルバリウム・エスジーエル(次世代ガルバリウム)を徹底比較

一番強い金属屋根、トタン・ガルバリウム・エスジーエル(次世代ガルバリウム)を徹底比較

 建物に使われる金属製の屋根材にはさまざまなものがありますが、一般的な戸建て住宅に使われているのはトタン、ガルバリウム、エスジーエルのいずれかがほとんどです。この中で最も耐用年数長く、一番コストパフォーマンスが高い金属屋根材はどれなのでしょうか。さまざまな面から比較します。「ガルバリウム鋼板」につい…続きを読む
天窓の交換、メンテナンスで雨漏りなどのお困り事を全て解決致します!

天窓の交換、メンテナンスで雨漏りなどのお困り事を全て解決致します!

@media only screen and (max-width: 767px) {.ykorangecheck520 {width:7%;}}※窓枠のコーキング充填や水切りの交換、天窓周辺の清掃といったメンテナンスの価格となります。 「空からの光が入ってきてとっても開放的 !!」 新築時にそ…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした屋根材の新しいスタンダード ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区新小岩にてスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施、色はSシェイドブラックになります

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区江戸川で腰折れ屋根のカバー工事、野地板の増し貼りとアールロックで施工致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      足立区谷中で庇屋根の立ちハゼ葺きの部分葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      荒川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      文京区本駒込で屋上シート防水排水口付近からの雨漏りを改修用ドレンとウレタン塗膜防水で工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      文京区本駒込で雨漏りの原因となっていた階段踊り場をタキステップとタキストロンで改修しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、その他の工事

      荒川区東尾久で強風で飛ばされた棟板金の交換に合わせてパラペット笠木の交換も行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る