無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 日野市新井で雨漏りしている平屋の建物はスーパーガルテクトへの.....

日野市新井で雨漏りしている平屋の建物はスーパーガルテクトへの葺き替え工事で直します

【施工前】
雨漏りしている屋根

【施工後】
スーパーガルテクトでの葺き替え工事が完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 日野市新井で屋根葺き替え工事をおこないました。お問合せのきっかけは雨漏りでお困りになっているという事で調査に伺うと、屋根が斜めにカットされた造りになっていたのですが、斜めの部分の納め方に原因がある事がわかりました。軒先と同じ様に納めて雨樋に雨水を流さなければならないのですが、屋根の側面のケラバと同じ納め方になっていた為に屋根の内側へ雨水が流れ込んでいました。
 一部下地に腐食がありましたので、葺き替え工事をおこなって下地を直し雨漏りの原因になっている斜め部分の軒先の納め方も正しい方法でおこないます。 
 使用したのは、アイジー工業のスーパーガルテクトという屋根材です。金属屋根で耐久性も高く軽いのが特徴で、製品自体にも保証が付く屋根材です。軽い屋根材の為、既存の屋根の上に被せるカバー工法でも使用出来る屋根材ですが、今回は納め方を直す事と雨漏りしている事から葺き替え工事をおこなう事になりました。
 平屋建ての建物ですが、作業する際の安全面と回りに剥がした材料などが飛散しない為に足場を架けての作業をおこないます。葺き替え工事の場合、既存の屋根材を剥がして野地板が見える状態になりますので、その状態で雨の影響を受けない様に撤去・下地・防水紙(ルーフィング)までは1日で終わらせる必要があります。そのため屋根工事の初日は人数をかけて人海戦術で防水紙まで進めていきます。
 日野市新井で雨漏りでお困りになっていた平屋建ての建物は、葺き替え工事をおこなって雨漏りの原因になっていた軒先の納めも正しく直しましたので、雨漏りも止まり安心していただける様になりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。
 日野市新井で屋根葺き替え工事をおこないました。お問合せのきっかけは雨漏りでお困りになっているという事で調査に伺うと、屋根が斜めにカットされた造りになっていたのですが、斜めの部分の納め方に原因がある事がわかりました。軒先と同じ様に納めて雨樋に雨水を流さなければならないのですが、屋根の側面のケラバと同じ納め方になっていた為に屋根の内側へ雨水が流れ込んでいました。
 一部下地に腐食がありましたので、葺き替え工事をおこなって下地を直し雨漏りの原因になっている斜め部分の軒先の納め方も正しい方法でおこないます。 
 使用したのは、アイジー工業のスーパーガルテクトという屋根材です。金属屋根で耐久性も高く軽いのが特徴で、製品自体にも保証が付く屋根材です。軽い屋根材の為、既存の屋根の上に被せるカバー工法でも使用出来る屋根材ですが、今回は納め方を直す事と雨漏りしている事から葺き替え工事をおこなう事になりました。
 平屋建ての建物ですが、作業する際の安全面と回りに剥がした材料などが飛散しない為に足場を架けての作業をおこないます。葺き替え工事の場合、既存の屋根材を剥がして野地板が見える状態になりますので、その状態で雨の影響を受けない様に撤去・下地・防水紙(ルーフィング)までは1日で終わらせる必要があります。そのため屋根工事の初日は人数をかけて人海戦術で防水紙まで進めていきます。
 日野市新井で雨漏りでお困りになっていた平屋建ての建物は、葺き替え工事をおこなって雨漏りの原因になっていた軒先の納めも正しく直しましたので、雨漏りも止まり安心していただける様になりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
7日間(足場含む)
築年数
20年
平米数
78㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
A様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
5年間
【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
7日間(足場含む)
築年数
20年
平米数
78㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
A様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
5年間
足場アイコン平屋アイコン屋根葺き替え

雨漏りしてる箇所を確認します

雨漏りで軒先が腐食しています 小屋裏の状態

 軒先部分の軒天には雨漏りの跡があります。天井に点検口がありましたので小屋裏から確認すると、下地に雨染みが出来ているのが確認出来ました。雨漏りは大分酷い様で、天井らには雨水を受ける容器が置かれていました。

屋根の状態 大きな木が覆いかぶさっています

 屋根は軒先の形が変則になっている切り妻屋根で、雨漏りしているのは片側の軒先部分だけでした。敷地内に大きな木が立っていて屋根に枝が覆いかぶさっていましたので、屋根材の表面は樹液なによって大分汚れていました。

 屋根の勾配が比較的緩いのでまだ歩けますが、もう少し角度が有ると滑って危ない状態の所もあります。

雨漏りの原因は軒先の納め方でした

雨漏りの原因箇所

 平屋建ての建物で軒先が真っすぐではなく斜めにカットした納め方になっています。斜めにカットした部分いは雨樋が吊ってあるので雨樋に雨水を集める様に考えられているはずなのですが、実際にはその様な納め方になっておりません。

 雨水は高いところから低いところに流れていきますので、本来であれば赤く囲った部分は軒先と同じ作りにして雨水を雨樋に流さなければなりませんが、屋根の側面のケラバと同じ造りになっていた為に雨水が屋根の内側に流れ込んでいました。雨漏りを止めるにはこの部分の納め方を変えなければなりませんので、屋根葺き替え工事をおこなう必要があります。

工事範囲 屋根の半面を葺き替えます

 雨漏りしているのは切り妻屋根の片側だけでしたので、今回は屋根の半分(画像の斜線面)のみの葺き替え工事をおこなう事になりました。

屋根葺き替え工事が始まりました

屋根材を剥がしていきます 接着している為撤去に若干手間がかかります

 屋根は金属屋根の横葺きで材料自体はガルバリウム鋼板が使用されていました。板金自体の耐久性は高いのでサビなどは出ておりませんでしたが、表面は大分汚れています。今回は葺き替え工事ですので横葺きの屋根材を全て剥がしていきます。

 屋根の葺き替え工事では、屋根材を剥がしますので野地板の状態になります。その状態で雨に降られてしまうと雨漏りになりますので、新しい防水紙(ルーフィング)までは一気におこなう必要がありますので、屋根材を剥がす作業の初日には人数を掛けて工事を進めていきます。

棟部分の納まりです

 棟板金部分は水返しが作られていましたのでここからの雨水の浸入はありませんでしたが、棟板金の下地の貫板を固定する際に接着剤を大量に使用してあるために、撤去するに通常よりも手間がかかってしまいました。

棟板金は接着して固定してあります ケラバ部分は雨水が回った形跡があります

 手間がかかる棟部分の撤去が終われば後は一枚ずつ屋根材を剥がしていきます。屋根材は軒先から葺いていきますので剥がす時には一番高い棟部分からです。

雨漏り箇所の下地の状態を確認します

屋根材の下には断熱材が貼り付けてあります 屋根材を剥がしています

 屋根材の下には薄いウレタンの断熱材が全面に敷かれています。棟の方から剥がしていますが上の方には雨漏りしている形跡はありません。棟から雨水がはいりこんでいれば軒先に到達する前に雨漏りしている可能性が高くなります。

雨漏りしている部分は下地が劣化しています 黒ずんだ部分は雨漏りの跡です

 軒先が斜めにカットされた部分に差し掛かりました。雨漏りいているのはこの真下部分ですので、剥がしながら状態を確認していきます。画像の黒ずんだ部分は雨水が入り込んで雨漏りの原因になったところです。本来は雨樋に入る雨水が、納め方が違うために雨水が留まっていました。雨水が溜まるので、屋根材を固定しているビス穴から浸入してました。

 葺き替え工事をおこなうので傷んだ部分も一緒に直します。

新しい屋根材はスーパーガルテクト

剥がした屋根材 新しい屋根材はスーパーガルテクト

 葺き替え工事で使用するのはアイジー工業のスーパーガルテクトです。断熱材が裏側に貼り付けてあり、軽くて耐久性が高い屋根材です。屋根材自体にも製品保証が付けてありますので、葺きか工事後のメンテナンスは殆ど必要ありません。

スーパーガルテクトのシェイドブルー 樹脂製の貫板を使用します

 新しい棟板金の貫板には木製のものではなく、樹脂製の貫板を使用します。黒い材料が樹脂製の貫板で、経年による腐食する事も痩せる事もありませんので、強風などで棟板金が飛ばされてしまうなど、風に対しても強くなります。

野地板と防水紙(ルーフィング)張り

野地板張りかぶせ

 新しい野地板を張り、これがスーパーガルテクトの下地になります。切妻屋根の反面だけの葺き替え工事で残す側と若干の段差が出来ますが、棟板金の納めで解消出来ますので問題ありません。

防水紙(ルーフィング) 斜め部分は雨水が雨樋に流れる様にしています

 野地板を張りかぶせした後は防水紙(ルーフィング)を葺きます。屋根材は屋根材の表面で雨水を流しますが、屋根材の裏側にも雨水が入り込む可能性がありますので、防水紙(ルーフィング)は非常に重要になります。

 雨漏りの原因になっていた軒先部分も、正規の納め方に変えていますので雨漏りも止める事が出来ます。

スーパーガルテクト葺き

スーパーガルテクトを葺いていきます

 防水紙(ルーフィング)を貼ったあとは屋根材を葺いていきます。元々の屋根と同じで軒先から葺いていきます。返しが付いていますので、上の段の屋根材はこの返しに引っかけて固定していきます。

 軒先部分が斜めにカットされていて三角になっている部分がありますが、その部分が過ぎれば後は平らな部分を貼るだけですので、作業もスピードが上がります。

ビスで野地板に固定します もうすぐ完成です

 固定するのはビス(ネジ)で野地板に固定していきますので、屋根全体も強風に耐えられる造りになります。表面はツルツルな板金の仕上げではなく、ちぢみ塗装で仕上げてありますので質感が出て綺麗な仕上がりになります。

葺き替え工事が完成

軒先も綺麗に納めています

 屋根葺き替え工事が完成しました。雨漏りの原因になっていた斜めにカットした軒先部分も問題なく納める事が出来ました。

 作業中にどうしても足跡などが付いてしまいますので、葺き替え工事が終わった後に屋根材の表面を清掃して工事完了です。

葺き替え工事が完成

 下地から新しく直し雨漏りも止めましたので、これで安心出来る状態にする事が出来ました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした屋根材の新しいスタンダード ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      東京都狛江市西野川で散水試験で雨漏り箇所特定して葺き替え工事で直します

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理

      三鷹市井口で強風により屋根が飛散、縦ハゼ葺きの金属屋根スタンビーで葺き替え工事しました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え

      足立区谷中で庇屋根の立ちハゼ葺きの部分葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      日野市と近隣地区の施工事例のご紹介

      立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

      【施工内容】

      その他の工事

      武蔵野市吉祥寺本町で割れて雨漏りしたサンルームの屋根を新しいポリカーボネートで交換工事

      【施工内容】

      その他の工事

      東大和市仲原で2018年5月の雹被害に遭った波板をポリカーボネートの波板に交換しました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る