無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区篠崎町で鬼瓦の損壊で棟の部分取り直し工事を施工、鬼瓦.....

江戸川区篠崎町で鬼瓦の損壊で棟の部分取り直し工事を施工、鬼瓦も漆喰で補強し強風対策を行いました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 江戸川区市の篠崎町で、お客様が賃貸物件として所有されている日本瓦屋根の建物で、棟部分の端に取り付けてある鬼瓦が強風で倒れてしまったとの事で、その修繕ととその他3箇所ある鬼瓦についても同様なご被害が出ない様、補強したいとのご相談が始まりでした。
 幸い倒れはしたものの割れてしまった部材は無く、既存の物を再利用しての修繕工事が行える状況でした。しかし針金での固定のみの取り付けであったので、その針金の劣化により今回の事案が発生したと推測されたので、その周りに漆喰を入れて強度を増して取り付ける事をお勧め致しました。
 昨今の著しい天候の中ではそう言った屋根等における強風対策は非常に重要なメンテナンスとなります。今回はその鬼瓦修繕及び補強工事の流れをご紹介させて頂きます。
 江戸川区市の篠崎町で、お客様が賃貸物件として所有されている日本瓦屋根の建物で、棟部分の端に取り付けてある鬼瓦が強風で倒れてしまったとの事で、その修繕ととその他3箇所ある鬼瓦についても同様なご被害が出ない様、補強したいとのご相談が始まりでした。
 幸い倒れはしたものの割れてしまった部材は無く、既存の物を再利用しての修繕工事が行える状況でした。しかし針金での固定のみの取り付けであったので、その針金の劣化により今回の事案が発生したと推測されたので、その周りに漆喰を入れて強度を増して取り付ける事をお勧め致しました。
 昨今の著しい天候の中ではそう言った屋根等における強風対策は非常に重要なメンテナンスとなります。今回はその鬼瓦修繕及び補強工事の流れをご紹介させて頂きます。


担当:藤崎


【工事内容】
瓦屋根工事 棟瓦取り直し  漆喰取り直し
【工事詳細】
使用材料
南蛮漆喰
施工期間
1日
築年数
40年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
T様邸
【工事内容】
瓦屋根工事 棟瓦取り直し  漆喰取り直し
【工事詳細】
使用材料
南蛮漆喰
施工期間
1日
築年数
40年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
T様邸
棟瓦取り直し

現地調査の様子

鬼瓦が損壊しています

 こちらは瓦屋根の建物で、棟の端部にある鬼瓦が1箇所倒壊してしまったとの事で、下に下ろしている状況でした。ご覧の通り鬼瓦が無くなってしまったのでその内側の棟下部分が顕になってしまっている状況となります。このままですといずれは雨漏りを引き起こす原因ともなり得ますのでこの部分も処置も必要となります。更に鬼瓦を取り付ける際は、この棟下に針金固定を致しますので、一度棟を約1メートル程度分解し再構築していく施工、所謂棟の取り直し工事となります。

鬼瓦が離脱

鬼瓦が離脱し棟の端が剥き出しに

 拡大してみると状況がよく判ります。勿論下に防水シート等があるので、直ぐに雨漏りという訳では有りませんが、開口箇所がいくつも存在する状況ですので、早い段階で処置て行く必要性がる旨をお伝えさせて頂きました。

針金の強度が弱って傾きも発生

棟瓦の結束が切れています 鬼瓦の傾き

 お客様が気にされてた部分で、今回倒れなかった部分もまた同じ様な事案が発生してしまうのでは無いかと言う事で、確認をしてみると少し傾ている鬼瓦もありました。写真の通り針金の強度が弱っている部分も有り、強風対策として全ての鬼瓦に対して固定強度の増加の為、漆喰での補強を行う事をお勧めさせて頂き、損壊した鬼瓦の再構築施工とその他3箇所ある鬼瓦の漆喰詰め増し工事で施工を進めていく事となりました。

離脱した箇所の棟は部分的に取り直します

棟の部分取り直し

 施工の始まりになります。先ずは損壊部分の棟取り直し工事となります。約1メートル分の既存棟を撤去して参りました。漆喰、盛り土共に撤去して新たな棟を作る為の準備を行って参ります。

巴瓦から取り付け開始

巴瓦の構築 

 既存棟の撤去後、先端側の巴瓦と呼ばれる部分から構築していきます。漆喰を詰めてその上部に巴瓦を乗せて設置し、その巴瓦を取り付けた後鬼瓦の設置となっていきます。鬼瓦は既存棟の下の下地部分にビス止めしそれを新しい針金で結束して固定を図って参ります。

鬼瓦の固定

鬼瓦を新しい針金で固定

 針金による固定はこの様な形となります。これまではこれだけの固定でしたが、この上に漆喰を詰めて更に固めていく事で、台風等の強風にも負けない鬼瓦の取り付けに繋がっていきます。

のし瓦を重ねて行きます

漆喰を詰めて行きます のし瓦を設置します

 鬼瓦の取り付けが終わると、分化した棟の再構築施工となります。新しい漆喰で棟下部分を固めて、棟からの雨漏りの心配も軽減されるはずです。更に今回の施工のテーマであった鬼瓦の固定力の増強においても針金ごと漆喰で固めていく事で強度が増していくのは言うまでも有りません。のし瓦を重ねてこれも新たな針金で固定して参りました。

のし瓦の上に冠瓦を被せます

鬼瓦の取り付け 冠瓦を取り付け

 のし瓦、冠瓦を被せていくと棟の取り直し工事ももう一息です。職人さんの真剣な表情も非常に印象的でした。

漆喰を詰めて完成です

鬼瓦修復の完成

 最後に鬼瓦の裏側の部分に漆喰を詰めて完成です。新しい針金と新しい漆喰材でこれでちょっとやそっとの風ではびくともしない鬼瓦となりました。職人さんも丁寧に仕上げてくれて見た目もバッチリに仕上がりになりました。

その他の鬼瓦も補強しました

鬼瓦が針金で固定されいます 固定力強化の為のシーリング

 倒壊しなかった鬼瓦の補強も行いました。お客様より今回は費用をあまりかけたくないとのお話しも有ったので、本来先程の棟取り直しで針金から新しい部材に替える事がより強くなりますが、残りの3箇所は棟取り直しをせず、鬼瓦の首周りに漆喰を詰めて補強する事で施工していく事となりました。念の為鬼瓦の下にシーリングを入れ接着力を高める処置も施して少しでも強い取り付けに拘って補強を進めていきました。

裏側に漆喰を詰めて固定力強化

鬼瓦の首周りに漆喰補強

 ここの鬼瓦の裏側部分は先程と同様に漆喰を詰めて固定力強化となります。3箇所しっかりと同じ様に施工して工事の完成となりました。

工事の完成です

鬼瓦修復工事の完了

 倒壊した棟も御覧の通り完全復旧です。お客様からもこの建物にご自身が住んでいる訳では無いので心配だったとの事でしたが、これでひと安心ですとのお言葉を掛けて頂きました。

これで強風対策も万全です

鬼瓦の補強完成

 私たち街の屋根やさんでは、お客様のニーズに沿って工事のご提案をさせて頂き、少しでもご安心頂ける様施工に取り組んでおります。部分的な施工でもこのようにやり方はいくつもあります。今回は強風対策として施工を行いましたが、強度もバッチリで強風が来てもご安心頂けるはずです。現状新型コロナウィルス対策も継続しながら業務を運営させて頂いております。こちらの部分もご安心頂きご相談して頂ければ幸いです。工事のお悩み、ご相談のある方はお気軽にお声掛け下さい。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も風雨…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      羽村市神明台で瓦葺きパラペットの棟瓦を乾式ハイロールで取り直し工事しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区細田で令和元年東日本台風で破損したダイカポリマの角形雨樋をエスロンの角形雨樋X70に交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      葛飾区水元で増築した部屋の陸屋根雨漏りをウレタン塗膜防水工事で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る