無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 西東京市中町でモニエル瓦葺き屋根をジンカリウム鋼板のエコグラ.....

西東京市中町でモニエル瓦葺き屋根をジンカリウム鋼板のエコグラーニへ葺き替え工事

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 西東京市中町で屋根葺き替え工事をおこないました。
 瓦葺き屋根は雨漏りなどの不具合は起こしていませんでしたが、重いセメント瓦のモニエル瓦が葺かれています。築20年以上何もメンテナンスをおこなっていなというお話でしたが、それ程酷い状態ではありません。今まで何も行っていために、瓦の下に葺いてある防水紙(ルーフィング)が劣化している事も考えると、そのままの状態にしておくといずれ雨漏りする可能性が高くなります。また、瓦は重い屋根材のため築年数が経過すると共に建物への負担も強くなってしまいます。
 この様な理由から、今回は金属屋根への葺き替え工事をおこなう事になりました。葺き替え工事に使用したのは、ジンカリウム鋼板の基板に着色した自然石を葺きつけてある屋根材で、軽くて耐久性が高く吹き付けてある石粒によって雨水が拡散する為に雨音も殆ど気になりません。また、石粒によって屋根材の表面積も広くなるために、放熱効果によって暑さを和らげることが出来ます。表面が石粒でザラザラしているので6寸勾配の屋根までは雪止めの必要もありません。
 今回葺き替え工事をおこなった瓦葺き屋根は、軽くて非常に耐久性の高い屋根に変わったと、お客様にも大変喜んでいただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策として、マスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので是非お任せください。
 
 西東京市中町で屋根葺き替え工事をおこないました。
 瓦葺き屋根は雨漏りなどの不具合は起こしていませんでしたが、重いセメント瓦のモニエル瓦が葺かれています。築20年以上何もメンテナンスをおこなっていなというお話でしたが、それ程酷い状態ではありません。今まで何も行っていために、瓦の下に葺いてある防水紙(ルーフィング)が劣化している事も考えると、そのままの状態にしておくといずれ雨漏りする可能性が高くなります。また、瓦は重い屋根材のため築年数が経過すると共に建物への負担も強くなってしまいます。
 この様な理由から、今回は金属屋根への葺き替え工事をおこなう事になりました。葺き替え工事に使用したのは、ジンカリウム鋼板の基板に着色した自然石を葺きつけてある屋根材で、軽くて耐久性が高く吹き付けてある石粒によって雨水が拡散する為に雨音も殆ど気になりません。また、石粒によって屋根材の表面積も広くなるために、放熱効果によって暑さを和らげることが出来ます。表面が石粒でザラザラしているので6寸勾配の屋根までは雪止めの必要もありません。
 今回葺き替え工事をおこなった瓦葺き屋根は、軽くて非常に耐久性の高い屋根に変わったと、お客様にも大変喜んでいただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策として、マスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので是非お任せください。
 


担当:富田


【工事内容】
瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事
【工事詳細】
使用材料
エコグラーニ
施工期間
8日間
築年数
20年
平米数
70㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
【工事内容】
瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事
【工事詳細】
使用材料
エコグラーニ
施工期間
8日間
築年数
20年
平米数
70㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
足場アイコン

ドローンを飛ばして屋根の状態を確認します

工事前の外観

 西東京市中町で屋根工事を検討中の建物です。築20年ほどの建物で外壁塗装は数年前におこなったそうですが、屋根は一度もメンテナンスをおこなっていないとの事でしたので、屋根の状態を確認して必要な工事のご提案を致します。

梯子が架けられないのでドローンで屋根の状態を確認 北面にはコケが付着しているのが分かります

 梯子を架けて屋根に上ろうとしたのですが、梯子を架けられる部分が有りませんでしたので、ドローンを飛ばして屋根の状況を確認しました。屋根に葺かれているのはセメント瓦のモニエル瓦です。現在では廃盤になっている屋根材で、洋風なデザインの建物にマッチするという事で一時期良く使用されていた屋根材です。

 建物の向きは南側が正面になっているので、北面にはコケが付着していてオレンジ色しているのが確認出来ます。瓦自体も撥水性が落ちている様で全体的にコケが付着しています。

割れや脱落などはありません モニエル瓦葺き屋根

 モニエル瓦は表面が塗装で仕上げてあるセメント瓦のため、経年劣化によって表面の撥水性が落ちていましたが、割れや脱落などは出ておりません。

 築年数が20年を経過している事、重い瓦で地震の時に心配があるという事でしたので、軽くて耐久性が高い金属屋根へ葺き替え工事をおこなう事になりました。

エコグラーニで葺き替え工事

カットサンプルで屋根材の色を決めます ガラスがひび割れたトップライトも一緒に交換します

 葺き替え工事で新しくする屋根材は『エコグラーニ』です。ジンカリウム鋼板の基板に着色した石粒を吹き付けてあるのが特徴の屋根材です。ジンカリウム鋼板は良く聞くガルバリウム鋼板と何が違うのか?という疑問を良く聞きますが、実際には殆ど同じと考えていただいて構いません。成分が0.1%しか違いが無いのですが、商標登録している会社によって名称が変わっているだけです。

 今回の葺き替え工事で一緒におこなうのがトップライトの交換です。ガラスにヒビが張っているという事で割れたガラスの交換も可能ですが、20年を経過している為に今後のメンテナンスを考えて新しい物への交換をおこなう事になりました。

モニエル瓦を撤去します

瓦桟に釘で固定されています 雨漏りなどの形跡もなく雨漏りしていません

 モニエル瓦も通常の瓦と同じように、横向きに打ち付けた瓦桟に釘で固定されています。剥がす時には一枚一枚釘を抜いて撤去していきます。瓦を撤去した後は瓦桟も綺麗に取り除きます。

一枚一枚剥がしてトラックへ積み込んでいきます 廃盤品のモニエル瓦

一枚一枚剥がしたモニエル瓦を梯子に取り付けたウィンチを使用して降ろしていきます。古くは瓦屋根の工事の時にはトラックを横付して屋根から瓦を放り投げる事態もありましたが、現在ではその様な工事は殆どおこなっていません。

 モニエル瓦は廃盤品の屋根材の為、破損して場合に差し替える瓦を手に入れる事が非常に困難です。その様な時の為に剥がした瓦の中から多少のストックを確保する事があります。

降ろした瓦を積み込んでいきます

剥がした瓦を積んでいきます

 剥がした瓦を隙間なく丁寧にトラックへ積み込みます。枚数がありますので割るより時よりも積み込むことが可能です。屋根の平らな面井葺く桟瓦も数枚はメンテナンス用にストックしておきます。

雨漏りの跡はありませんでした

雨漏りしている形跡はありません 小屋裏の熱を逃がす様に空気が流れる換気棟

 モニエル瓦を撤去して古い防水紙も剥がすと下地の野地板が見えます。この時に確認したいのは雨漏りした形跡があるかどうかです。

 野地板には雨染みなども無く築20年が経過している野地板にしては状態は良い方だと言えます。棟部分は小屋裏の熱気を逃がす為に隙間が明けてあり、新たに屋根を葺くときにもこの隙間を利用して小屋裏換気をおこないます。

屋根工事と一緒にトップライト交換工事

新しく交換するトップライト

 ガラスが割れているトップライトは新しい物へ交換工事をおこないます。トップライトは屋根材を葺く前に取り付けていますので、交換工事をおこなう際には屋根材を剥がす必要があります。

 葺き替え工事では屋根材を必ず剥がしますので、この工事のタイミングで一緒に交換工事をおこなう事で、別々に工事をおこなうよりも工事費用を抑える事にも繋がります。

新しい野地板を張りかぶせます 新しい野地板が屋根材の下地になります

 古い野地板の上に新しい野地板を張りかぶせていきます。劣化していてボロボロになってい時には、野地板を剥がして新しい物へ張り替える事もありますが、雨漏りや湿気による野地板の劣化がありませんでした。元々の野地板のジョイントと新しい野地板のジョイントをずらして張る事で、屋根の強度を高める事になります。

FIXタイプのトップライト

同じサイズのFIX型トップライト

 古いトップライトから新しい物へ交換しました。同じサイズのトップライトですので、穴を開け直す必要もなくスムーズに交換が行えます。屋根に穴を開けて取り付けるのがトップライトですので、回りから雨水が張り込まない様に雨仕舞をしっかりとおこなっていきます。

取付位置にずれが無いかチェックします

 同じサイズのトップライトを設置しましたが、ズレが無いように室内側からも取付位置の確認をおこないます。今回は同じベルックスのトップライトでしたが、古い物になると現在では製造していないメーカーの製品もありますので、調査段階で細かく調べる必要があります。

エコグラーニで屋根を葺きます

ルーフィングで雨から建物を守ります 屋根にとって大切なルーフィンんぐ

 屋根工事で重要なのが防水紙(ルーフィング)です。屋根は屋根材と屋根材の下に葺いた防水紙(ルーフィング)で雨を防いでいます。屋根材の劣化は見てすぐにわかりますが、防水紙(ルーフィング)は角に出来ない事もあります。

 屋根材が駄目になっても、防水紙(ルーフィング)が劣化せずにしっかりと施工してあれば、すぐに雨漏りする訳ではないのです。

防水紙を張ったら軒先から葺いていきます ジンカリウム鋼板に石粒を吹き付けたエコグラーニ

 新たに葺く屋根材はエコグラーニです。軽くて耐久性が高く、金属屋根ですが石粒が吹き付けてある事で雨音も気になりません。メーカーによる基材保証が30年付きますので、工事後も安心していただけます。

屋根材を被せて専用のビスで一体化していきます

 エコグラーニは折り曲げた部分に上の段を重ねて専用のビスで固定しますので風にも強くなります。この部分に厚みがあるので金属屋根のなかでもボリュームがあり、のっぺりとした感じにならず洋風な建物にもマッチします。

葺き替え工事が完成しました

エコグラーニで仕上がった屋根 換気棟を設置して小屋裏の熱気を逃がします

 屋根葺き替え工事が完成しました。屋根の一番高い部分の棟には換気棟を設置しています。換気棟がある事で小屋裏の熱い空気が抜けてくれるので、小屋裏に空気の対流が出来温度を下げる為に効果があります。雨水は張り込まない様になっているので、軒天に換気口が付けてあれば非常に効果的な部材です。

トップライトも新しくしました トップライトの回りから雨水が入らない様に何重にも雨仕舞しています

 新しくしたトップライトの回りも専用の水切りを使用して雨仕舞いをしっかりとおこないました。屋根に穴を開けているトップライトは、年数が経過すると雨漏りの原因になりやすいところなので、古くなったトップライトは交換をお勧めします。

屋根葺き替え工事が完成しました

 ドローンを飛ばして全体の感じを上から見てみます。屋根葺き替え工事が完成し汚れが酷かったモニエル瓦葺き屋根が、エコグラーニで綺麗に仕上がりました。

 耐久性が高くなりましたので、工事後のメンテナンスも殆ど必要無くなり、屋根材も軽くなったので建物への負担も大幅に軽減出来ました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

高耐久・塗装不要の「ジンカリウム鋼板屋根材」で屋根リフォーム

高耐久・塗装不要の「ジンカリウム鋼板屋根材」で屋根リフォーム

 近年屋根リフォームや建築時に金属屋根材を使用されるお住まいが増えています。軽量・高耐久・錆びにくい素材として日々進化し続けている金属屋根材は、今や日本古来の瓦や多くの住宅で使用されている化粧スレートを上回る注目ぶりです。私たち街の屋根やさんでお問い合わせをいただく際にもガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板を使用したいとご相談を頂くことも多くなりました。割れない、外れないといった点で異常気象の多い最近では屋根材の施…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類できます。 そして瓦の種類によってメンテナンス方法も違ってくるのです。 目次【非表示表示】 …続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ間違いなく割れます。瓦屋根でこういった多重被害を受けた方もいるのではないでしょうか。 自分の敷地内ならまだしも、お…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
金属屋根材への葺き替え工事

金属屋根材への葺き替え工事

  実際に瓦屋根から金属屋根材への葺き替え工事の流れをご紹介しています。 そもそも、葺き替え工事とは一体どんな工事なのか、も合わせてご紹介していきたいと思います。                     …続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      墨田区京島で耐震性アップのため、重い瓦屋根から軽い石葺き屋根材エコグラーニに屋根葺き替え

      【施工内容】

      屋根葺き替え、瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事

      その他の施工事例一覧→

      西東京市と近隣地区の施工事例のご紹介

      小平市小川西町で雹(ひょう)の被害を受けたバルコニーの屋根を火災保険で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事

      練馬区西大泉で滑りやすい金属屋根に雪止めを増設して落雪対策

      【施工内容】

      雪止め設置

      西東京市中町でヒビ割れが酷いスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工事、屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る