無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区西瑞江でポリカ波板の交換工事、支柱の部分交換も行い耐.....

江戸川区西瑞江でポリカ波板の交換工事、支柱の部分交換も行い耐久力の向上を図り施工致しました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


江戸川区西瑞江で、ベランダに取り付けているポリカーボネート製の波板が、昨年発生した令和元年東日本台風の際に飛ばされてしまったので、波板の修繕をしたいとのご相談が工事のきっかけとなります。直ちに現地調査を実施、台風での被害が明らかでしたので、火災保険の申請を行い修繕工事を実施する事でお話を進めて参りました。火災保険を申請する際は、被害状況の写真提出と修繕に掛かる工事費用の算出が必要となります。今回も当方でその当たりの準備書類は全て取り揃え、保険を申請し、承認を経て交換施工する運びとなりました。施工にあたって、ポリカ波板の交換は勿論ですが、実は木製の支柱が部分的に損壊している状況も有ったので、支柱の部分交換と補強も併せて行い耐久性を高めた工事を行って参りました。
江戸川区西瑞江で、ベランダに取り付けているポリカーボネート製の波板が、昨年発生した令和元年東日本台風の際に飛ばされてしまったので、波板の修繕をしたいとのご相談が工事のきっかけとなります。直ちに現地調査を実施、台風での被害が明らかでしたので、火災保険の申請を行い修繕工事を実施する事でお話を進めて参りました。火災保険を申請する際は、被害状況の写真提出と修繕に掛かる工事費用の算出が必要となります。今回も当方でその当たりの準備書類は全て取り揃え、保険を申請し、承認を経て交換施工する運びとなりました。施工にあたって、ポリカ波板の交換は勿論ですが、実は木製の支柱が部分的に損壊している状況も有ったので、支柱の部分交換と補強も併せて行い耐久性を高めた工事を行って参りました。


担当:藤崎


【工事内容】
その他の工事 ベランダ屋根ポリカ波板交換工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート
施工期間
足場設置から解体まで5日間
築年数
30年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
K様邸
【工事内容】
その他の工事 ベランダ屋根ポリカ波板交換工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート
施工期間
足場設置から解体まで5日間
築年数
30年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
K様邸
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン

現地調査の実施

ベランダ屋根波板の損壊

 現地調査を行うとご被害を受けた場所はベランダの上部に取り付いているポリカ製波板屋根になります。正面から向かって右側部分の波板に離脱、更に離脱を免れた部分においても部分的な損壊症状が見受けられ、割れや変形も随所に発生している状況でした。これは明らかに自然災害で生じたご被害で有る事は明白で、火災保険のご加入についてのご確認させて頂き、自然災害の項目もしっかり網羅されているものでしたので、火災保険の申請をお勧めし承認を経て修繕工事を行う事でお話させて頂いた次第です。

飛散した波板屋根 波板屋根の支柱ごと飛散

 離脱した波板になります。一緒に木製支柱も外れてしまい落下してしまった状況です。今回このポリカ波板が飛ばされたのは明らかに極端な気象の暴風によるものですが、もう一つの要因としてはこの木製の支柱部分の弱体化も一つの要因であった可能性は有ります。やはり年数を経過すると大なり小なり劣化してしまうものです。特に木材は年数を経て行くと雨当たりなどの水分などを含み弱ってしまいます。今回施工についてはこの支柱部分も含めて火災保険を申請し修繕していく事となりました。

軒側の支柱が飛散

 木製支柱が無くなったのは軒先の桟木の部分と更にその内側の2本となります。桟木とは横一線に設置している部分になります。縦の木材は垂木と呼ばれます。垂木の方は太さも桟木に比べると太いので今回の台風でもびくともしませんでした。この支柱の桟木を新たに設置し波板交換を行います。

雨樋も若干変形しています 波板にも割れが発生

 その他にも離脱はしていなくてもこのような部分的な割れや変形、傘釘と呼ばれる取り付け具がかなりの数で無くなっている状況も有りましたので、部分的な交換では無く全体の波板屋根の交換として火災保険申請を行って参りました。

工事の着手

足場を架設し波板交換

 火災保険の承認も無事認められました。波板屋根の全交換と共に、損壊した木製支柱の交換新設と共に承認を受ける事となりました。更にこの施工にあたり、2階部分の高所作業となり、加えて屋根がベランダから少しはみ出した形状でも有ったので、安全確保の為部分足場を架設しての作業となります。この足場費用についても当然火災保険での承認対象である事は言うまでも有りません。

波板の交換施工開始

支柱を補強 新設した桟木に塗装処理

 既存波板を全て取り払い作業はスタートしていきます。波板を取った後、先ずは木部支柱の取り付けを行います。既存部の枠の大きさに合わせて木材をカットし桟木となる支柱を設置して行きます。但しこれを設置してそのままにしてしまうと、木の表面が剥き出しとなり、今回のご被害でも顕れた様な木材の弱体化に直ぐに繋がり兼ねませんので、この桟木に防水性を持たせるべく、塗装処理も同時に行っていく必要があります。こちらもやはり現状復旧の一環として認められるので、火災保険修繕の申請を行っております。

支柱に塗装を施して補強の完了

桟木を新設し補強

 新しい桟木の取り付けと塗装処理を終えて支柱の新設を行いました。更にその他の少し劣化が進んでいる箇所についても部分的な補強を行い下地の修繕が完了となります。こう言った処置を施した上で新しい屋根に交換する事でより耐久力が確保されます。

波板の取り付け

波板の取り付け 波板の取り付け具

 支柱の設置が終わって屋根材の設置となります。屋根材はポリカと呼ばれる正式名称をポリカーボネートと言う部材です。一般的にベランダテラスやカーポート屋根等の波板屋根に使用されるケースが非常に多い屋根材です。一昔前は塩ビと呼ばれる塩化ビニール製の波板が使用されておりましたが、強度もさほど強くない物ですので、現在ではこのポリカが一般的な部材として多く使用されています。更に透過性や物によっては熱線カットの物も有り、取付的にも複雑では無いのでそれがポリカが好まれる所以と言えます。今回取り付け具についてもこれまでの傘釘からポリカ製の傘の付いた専用ビスでの取り付けを行って参りました。

終わり仕舞いの最後の波板を設置し工事完了です

波板の交換完了

 規定に合わせた一定間隔で先程の専用ビスで留めをしっかりと行い、最後の1枚を納めて屋根設置の完了となります。実は軒先の雨樋にも部分的若干外側に傾いてしまっていた場所が有ったのでそれも修正して工事終了となりました。

ポリカ製波板交換工事の完成

 作業が終わった翌日丁度雨が降りましたが屋根も完成しているので、ベランダ内は塗れずにしっかりと屋根が守ってくれました。このポリカ波板は耐久力としては10年目安と言われています。この先ちょっとやそっとの台風で外れてしまうと言う事は先ず無いでしょう。

支柱の補強も万全です

波板交換完了後下側から

 更に今回内側の支柱の損壊も有り修繕と耐久性向上の措置もしてありますので、その辺りも問題ありません。この様な一つ一つの施工が耐久性を少しでも高める為には重要となります。

台風のご被害の場合、火災保険の適用が受けられます

支柱補強共に波板を交換

 足場の撤収も完了するとこれでスッキリして晴れて完成の運びとなりました。皆様も台風等の強風被害が有った場合、このように火災保険のご使用で自己負担無く修繕工事が出来る可能性が有ります。私たち街の屋根やさんでは、お客様に安心と安全を提供する事を心がけて業務に取り組んでおります。昨今コロナウィルスの影響下でも有りますが、日々の出勤前の検温等の健康チェック、会社への報告、マスクの完全着装とソーシャルディスタンスの確保に努め、この部分においても安心と安全をご提供させて頂き万全を期しておりますので、このようなご被害でお悩みの方はご遠慮なくご相談下さい。

台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区高砂で台風被害で破損した倉庫駐車場波板屋根の復旧工事、既設雨樋も含め補強処置を講じた上で取り付け交換を行いました

      【施工内容】

      雨樋交換、その他の工事

      足立区谷中でこれまでなかった玄関庇を新たに設置、雨の日も快適に

      【施工内容】

      庇工事、その他の工事

      葛飾区東水元で下屋根の雨押えからの雨漏りが発生した為、特殊形状加工した板金カバーにて解決致しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区西瑞江で令和元年東日本台風のご被害による越屋根部分のトタン製屋根のめくれから葺き替え工事を施工

      【施工内容】

      金属屋根葺き替え工事

      江戸川区江戸川でFRP防水陸屋根からの雨漏りをウレタン密着工法で防水工事しました

      【施工内容】

      陸屋根工事 、雨漏り修理、防水工事

      墨田区墨田にて令和元年房総半島台風の影響で片流れ屋根のスレートが飛散、スーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る