無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 調布市佐須町で割れてしまったドーム型トップライトの交換工事

調布市佐須町で割れてしまったドーム型トップライトの交換工事

【施工前】
割れてしまったドーム型のトップライト

【施工後】
ポリカ性のドームへ交換工事をおこないました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 調布市佐須町でトップライト(天窓)の工事をおこないました。
 マンションのルーフバルコニーに設置されているトップライトが破損していましたので交換工事をおこないます。明り取り専用のトップライトはドーム型になっていて、ドーム部分が割れていて雨漏りしていました。アルミ製のフレームにドーム型の明り取りが取り付けてあるのですが、ドーム部分とフレームが別々に分かれているので交換が可能です。
 ボルトとナットでアルミフレームに固定してあるのですが、ボルトの穴から雨水が入り込まない様にパッキンとスポンジを挟み込んで雨水の浸入を防いでいます。割れたドームを撤去してから劣化してボロボロになったスポンジを撤去して新しいものを貼りつけていきます。
 交換するのはポリカーボネート製のトップライトで、耐久性が高く割れにくくなりました。設置されているのがルーフバルコニーで回りに作業スペースがしっかりと確保出来ているので、交換工事もスムーズに行う事が出来ました。
 雨漏りと結露によって室内の壁も劣化していますので、ドーム型のトップライトを交換した後に壁の修理工事もおこないましょう。
 私たち街の屋根やさんでは、調査・工事でお客様のお宅へ伺う際には、新型コロナウイルス対策をおこなって訪問しております。
 調布市佐須町でトップライト(天窓)の工事をおこないました。
 マンションのルーフバルコニーに設置されているトップライトが破損していましたので交換工事をおこないます。明り取り専用のトップライトはドーム型になっていて、ドーム部分が割れていて雨漏りしていました。アルミ製のフレームにドーム型の明り取りが取り付けてあるのですが、ドーム部分とフレームが別々に分かれているので交換が可能です。
 ボルトとナットでアルミフレームに固定してあるのですが、ボルトの穴から雨水が入り込まない様にパッキンとスポンジを挟み込んで雨水の浸入を防いでいます。割れたドームを撤去してから劣化してボロボロになったスポンジを撤去して新しいものを貼りつけていきます。
 交換するのはポリカーボネート製のトップライトで、耐久性が高く割れにくくなりました。設置されているのがルーフバルコニーで回りに作業スペースがしっかりと確保出来ているので、交換工事もスムーズに行う事が出来ました。
 雨漏りと結露によって室内の壁も劣化していますので、ドーム型のトップライトを交換した後に壁の修理工事もおこないましょう。
 私たち街の屋根やさんでは、調査・工事でお客様のお宅へ伺う際には、新型コロナウイルス対策をおこなって訪問しております。


担当:富田


【工事内容】
屋根補修工事 天窓工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート製ドーム
施工期間
1日
築年数
29年
平米数
90cm角
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
F様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
1年
【工事内容】
屋根補修工事 天窓工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート製ドーム
施工期間
1日
築年数
29年
平米数
90cm角
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
F様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
1年
マンションアイコン3階建て

ドーム部分のサイズを確認します

ルーフバルコニーのトップライト

 マンションのルーフバルコニーに設置されたドーム型のトップライトです。鉄筋コンクリート造(RC造)の建物で、明り取りの為に設置されたトップライトはこの様な形状のものが多いのですが、経年劣化によって割れてしまったりするので、交換工事が必要になります。

 トップライト本体は、アルミ製のフレームにアクリルやポリカーボネート製のドームが被せています。コンクリートの架台の上に設置するのですが、トップライトとの取り合い部分から雨漏りしている事もありますので、納まりに問題が無いかも確認していきます。

割れた部分にテープが張ってあります 割れた部分にテープを貼って養生してあります

 アルミフレーム自体には問題はありませんでしたが、ドーム部分が割れていて養生の為にテープが張ってありました。雨漏りして初めて破損している事に気付かれた様ですので、結構前から割れていた可能性があります。

アルミ製のフレームにボルトで固定します 枠には劣化は見られません

 固定方法をサイズを確認して交換が可能かどうかを調べます。真四角の場合はメーカーで製造しているのですが、長方形などの場合は特注になる事もあり、サイズによっては製作が出来ない事もあります。

 今回は90cm角のサイズで規格が有るものでしたの、割れたドーム部分だけの交換工事が可能でした。

古いドーム部分を取り外します

ボルトを外していきます パッキンが効いていないので簡単に外れていきます

 アルミ製のフレームにパッキンを挟み込んだボルトとナットで固定してありますので、ナットを緩めて取り外していきます。ゴムパッキンも劣化していて殆ど効いていませんので、問題なく取り外していくことが出来ました。

ボルトを抜いて割れたドームを取り外します 中には透明なドームがあります

 ボルトを全て抜いたらドームを取り外します。ドームを外すともう板が出てくるはずなのですが、今回はちょっと違いました。

平らなのは良くありますがドーム型は珍しいです

 半透明(乳白色)のドームの下には透明なドームが取り付けてありました。外側のドームを外すと直ぐに室内になるわけではありません。平らな板が設置されているタイプは良く見ますが、ドーム型が二重になっているのはちょっと珍しいかもしれません。

雨漏りしている部分を確認します

割れた部分から入った雨水がパッキンの隙間から入り込みます

 透明なドームの縁にはゴムパッキンが挟み込んであります。このゴムパッキンで雨水の浸入を防いでいますが、劣化して隙間が結構出来ていましたので、ここから雨水が浸入した様です。

 外側のドームに破損が無ければここに雨水が入る事はありませんので、新しく交換すれば雨漏りは止まります。

スポンジが劣化していてボロボロです ボロボロのスポンジを除去します

 外側のドームとアルミフレームの間には雨水の浸入を防ぐスポンジが貼り付けてあります。

 スポンジがつぶれる事で密着し雨水が入らない様になるのですが、劣化してぺったんこになっていて効果がありませんので、このスポンジも新しいものに交換します。

壁の劣化は雨漏りと結露によるもの

透明なドームも撤去して掃除します 透明なドームも外して掃除ます

 透明なドームも取り外した後は掃除をして綺麗にします。この様なタイミングでないとなかなか掃除が出来ませんので、交換と一緒に掃除もおこなっておきます。

 トップライトは天井に開口部を設けて設置していますが、天井から上に持ち上がった部分の壁のクロスが剥がれています。

 雨漏りによるものと、結露によってクロスと下地の石膏ボードが濡れた事が原因ですので、トップライトのドーム部分を交換した後に、内装の修復工事もおこなう必要があります。

専用の金物セットを使用して固定します

パッキン付きのボルトとナットで固定します 金物セットに入っているスポンジ

 交換の下準備が出来ましたので、新しい明り取りドームを設置していきます。

 固定する為には専用の金物セットが有り、パッキン付きのボルトナットと雨水の浸入を防ぐためのスポンジが入っています。ボロボロになって撤去した部分に新しいスポンジを張っていきます。

雨水が入り込まないように新しスポンジを張っていきます

 スポンジは両面テープが付いていますので、そのまま貼り付ける事が出来ます。劣化して潰れていましたが新しいものはしっかりと高さが有りますので、ポリカと密着して雨水が入り込む事を防げます。

ボルトを通す穴を開けます

フレームの穴の位置に墨出しします 固定するための穴をあけていきます

 アルミのフレームはそのまま使用しますので、元々固定する為に開いていた穴に合わせて新しいドームに穴を開けていきます。一面につき3カ所固定しますので全部で12カ所穴を開けていきます。

ポリカーボネート製のドーム

 今回使用したのはタキロンシーアイ㈱というメーカーの改修用のポリカドームです。タキロンシーアイは100以上の歴史がある会社で、身近な製品ですとバルコニーの屋根に張ってあるポリカーボネート製の波板なども作っている会社で、安心できる製品です。

ドーム型トップライト交換が完成しました

ドーム型トップライト交換が完成

 割れてしまったドーム型トップライトの交換が完成しました。

 雨漏りの原因になっていた割れも無くなり、経年によって劣化していたパッキンなども新しくなっています。トップライトの構造上、割れたりしなければ雨漏りする事はありませんが、築29年が経過して劣化した部分も一緒に新しくすることが出来ましたので、これで安心です!

 工事をおこなった場所は、ルーフバルコニーになっていて毎日人が通る部分に設置されていたために早く破損に気付く事が出来ましたが、屋上などであまり行く頻度が高くない部分では発見が遅くなることがあります。定期的に点検をおこなって不具合出ていないか確認する事をお勧めします。

 今回は既製品で対応出来るサイズでしたが、古いものでは対応出来ない場合もありますので、是非一度ご相談ください。

 

 

雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      杉並区阿佐谷北で強風の被害を受けた波板をポリカーボネートで張り替えます

      【施工内容】

      屋根補修工事

      国分寺市東元町で閉まらなくなったベルックス製のトップライトを交換しました

      【施工内容】

      天窓工事

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      調布市と近隣地区の施工事例のご紹介

      府中市矢崎町で穴の空いた銅製雨樋を交換いたしました

      【施工内容】

      雨樋交換

      調布市西つつじケ丘で剥がれてしまった軒天の補修工事をいたしました

      【施工内容】

      破風板・軒天部分補修

      世田谷区深沢で雨水でボロボロになった階段をタキステップで仕上げます

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る