無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区水元にて台風で飛来した屋根材で破損したコロニアル屋根を.....

葛飾区水元にて台風で飛来した屋根材で破損したコロニアル屋根を部分葺き替えして既存屋根に近い色で塗装しました

【施工前】
傷がついたスレート屋根

【施工後】
葺き替えて塗装したスレート屋根

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


葛飾区水元のN様からのお問い合わせは、庭に屋根材のようなものが多数落ちているので屋根の点検をお願いしたい、という内容でした。台風の時期にはよく頂くお問い合わせ内容なのですが、結構な頻度でお客様の屋根の屋根材ではなく他の所から飛んできた屋根材という事があります。見分けるポイントは屋根材の種類(瓦なのか化粧スレートなのか、金属の物なのか)はもちろんですが、「色」も重要なポイントです。現場調査でまず庭に落ちている屋根材の種類を確認させていただいたところ、化粧スレートでした。それはN様の屋根材も化粧スレートだったので可能性は残ったのですが、色を確認すると落ちていた屋根材は黒系の物でした。N様邸の屋根は濃いブルー色に塗装されていたので庭に落ちていたのはN様の屋根材ではないことがまずは判明出来てホッとしたのも束の間、N様の屋根にはその飛んできた屋根材が当たったことによる傷が多数出来ていました。そこでご加入の火災保険を申請し傷がついた化粧スレート屋根材の部分葺き替え工事と葺き替えた屋根材の塗装工事を承る事になりました。
葛飾区水元のN様からのお問い合わせは、庭に屋根材のようなものが多数落ちているので屋根の点検をお願いしたい、という内容でした。台風の時期にはよく頂くお問い合わせ内容なのですが、結構な頻度でお客様の屋根の屋根材ではなく他の所から飛んできた屋根材という事があります。見分けるポイントは屋根材の種類(瓦なのか化粧スレートなのか、金属の物なのか)はもちろんですが、「色」も重要なポイントです。現場調査でまず庭に落ちている屋根材の種類を確認させていただいたところ、化粧スレートでした。それはN様の屋根材も化粧スレートだったので可能性は残ったのですが、色を確認すると落ちていた屋根材は黒系の物でした。N様邸の屋根は濃いブルー色に塗装されていたので庭に落ちていたのはN様の屋根材ではないことがまずは判明出来てホッとしたのも束の間、N様の屋根にはその飛んできた屋根材が当たったことによる傷が多数出来ていました。そこでご加入の火災保険を申請し傷がついた化粧スレート屋根材の部分葺き替え工事と葺き替えた屋根材の塗装工事を承る事になりました。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根補修工事 スレート屋根葺き替え工事 棟板金交換 屋根塗装 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクワッド
ガルバリウム鋼板製棟板金
サーモアイSiクールナスコン
施工期間
2日間
築年数
20年
平米数
5㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
N様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
1年
【工事内容】
屋根補修工事 スレート屋根葺き替え工事 棟板金交換 屋根塗装 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクワッド
ガルバリウム鋼板製棟板金
サーモアイSiクールナスコン
施工期間
2日間
築年数
20年
平米数
5㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
N様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
1年
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン屋根塗装屋根葺き替え棟板金交換

点検

庭に落ちていた屋根材

葛飾区水元のN様が大きな物音に気が付き、庭で見つけたのが写真のような「黒い欠片」だったそうです。台風の風もすごかったようですが、屋根の上での大きな音に驚いたとの事でした。気になって台風の明けた翌朝に庭を見てみたら・・・。それは心配になって当然です。

屋根点検 傷ついた屋根

遠目に屋根を見た時に、屋根の反射で傷や破損は見えなかったですがN様邸の屋根の色は青という事がわかっていたので落ちていた屋根材はN様邸の物ではないのは判断できました。ただし、大きな音がしたとのことでしたので、屋根点検を行いました。

すると、大きな音がした原因がわかりました。どこかから飛んできた先の屋根材がN様邸の屋根の棟近くに激突したのでしょう。スレート屋根材が欠けていたり割れていたりしておりました。

一部破損したコロニアル屋根 砕け散ったコロニアル屋根の破片

屋根に残された傷を見ると屋根の中腹あたりからこすれたような跡が見えます。そこから上に当たりながらN様邸の屋根も壊しつつ飛んできた屋根材も粉砕されて庭に落下したと考えられます。

証拠に切妻屋根の反対側に砕けた飛んできたと思われるコロニアル屋根材が残っておりました。

傷がついたスレート屋根 隣の家の屋根にまで飛んだスレート屋根

更に驚いたことには、お隣さんの屋根の上にまで破片が飛んでいたことです。また、周囲の家を見渡したのですが、見える限りでは飛んできたと思われるコロニアル屋根材が剥がれている屋根は見当たらなかったのです。N様のお話によると4軒ほど離れた家の屋根が大きく損壊していたとのことでした。もしそうだとしたらかなりの距離を飛んできたという事になります。台風は深夜から朝方に通過したので人が外にいることはなかったでしょうがもし人がいて当たってしまったらと思うと恐ろしいですね。

工事(屋根部分葺き替え)

既存屋根材剥がし

保険も無事に認定されて、傷がついたり破損したコロニアル屋根の部分葺き替え工事を実施する事になりました。コロニアル屋根の構造をご存じない方は一枚一枚が簡単に外れそうに思うかもしれません。

実際はコロニアル屋根の上に重なるコロニアル屋根材が半分半分にかかってくるので傷がついたり破損した部分まで外していくには思った以上に大きな面積が必要となり、多くのコロニアル屋根材を外す必要が出てきます。もちろん、棟板金を取り外して棟を解体してからの作業です。

釘穴塞ぎ 新規コロニアル葺き

コロニアル屋根材は屋根に一枚当たり釘2本で固定されています。釘を抜いた部分には当然釘の穴が開いていますので雨漏り防止の観点からもコーキング材で穴をふさぎ、新しい屋根材を葺いていきます。既存の屋根材と同じものは入手できないため、コロニアルクワッドという屋根材を使用しています。

 棟板金完成

実際に傷がついたり欠けたりしたN様邸の屋根材はほんの数枚でしたが、交換するにはかなりの数量を交換しているのがわかります。その分、棟も長く解体する必要があるのもわかりますね。

 

工事(屋根部分塗装)

塗装準備

コロニアル屋根部分葺き替えが終了し、新品のコロニアル屋根材を既存屋根の色に近い色で塗装を行いました。N様邸の屋根の色は濃いブルー色でした。既存の屋根に塗った塗料がわかればよかったのですが、N様もどこのメーカーの何の塗料で屋根塗装したのか覚えていらっしゃらなかったため、色見本帳と色合わせを行ったところ、日本ペイントの屋根塗料の標準色のナスコン色が近かったので遮熱屋根塗料のサーモアイSiのクールナスコン色を使用して屋根塗装を行いました。

塗装作業 下地処理

目荒らし ダメ込み

棟板金部分は新品の為、目荒らしという作業で表面に細かい傷をつけ、塗料の密着をよくするための下処理を行います。

塗装作業 下塗り

シーラーダメ込み ローラー準備

屋根遮熱塗料サーモアイは専用の遮熱下塗り塗料サーモアイシーラーとセットで使用します。ローラーでは塗れない細かい部分は刷毛を使って下塗り塗料を入れ込んでいきます。

塗装作業 中塗り

サーモアイダメ込み サーモアイ中塗り

実際に屋根に色がついてくる工程の中塗り以降でも細かい部分は刷毛、大きな面はローラーを使用してサーモアイSiナスコン色を塗っていきます。

塗装作業 中塗り~上塗り

サーモアイ中塗り完成 サーモアイ上塗り

中塗りは下塗りの上に実際の屋根色になる塗料を塗っていく工程です。中塗りだけでは下塗りのサーモアイシーラーの白色が透けてしまっています。中塗りが乾燥するのを待って仕上げの上塗りを行って屋根部分塗装は終了となりました。

 

工事完成(屋根部分葺き替え)

葺き替え完成1

傷がついたり欠けてしまったコロニアル屋根の部分葺き替え工事が終了いたしました。たった数枚の交換のために棟を解体して傷のついたコロニアル屋根まで外して行かなくてはいけません。

葺き替え完成2

コロニアル屋根材の葺かれている仕組みが色が変わっているとわかりやすいですね。軒側から葺きあがってきたコロニアル屋根材1枚に対して中央から二枚に分かれて葺きあがっていきます。

工事完成(屋根部分塗装)

塗装完成1

葺き替えた屋根材より少し広範囲にサーモアイSiナスコン色を塗装しました。完全に乾いていない状況の為、色の差が目立ちますが、完全に乾いてくるともう少し色も落ち着くでしょう。

塗装完成2

コロニアル屋根材を外すために総交換となったガルバリウム鋼板製棟板金にもサーモアイSiナスコン色を塗装しております。

葛飾区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。葛飾区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する葛飾区特設ページはこちら 屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。台風後や地震後の…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みにも耐え…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む
雪害漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区水元で増築した部屋の陸屋根雨漏りをウレタン塗膜防水工事で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る