無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 世田谷区深沢で台風で被災したトタン屋根を火災保険を利用して葺.....

世田谷区深沢で台風で被災したトタン屋根を火災保険を利用して葺き替えました

【施工前】
台風で捲れたトタン屋根

【施工後】
ガルバリウム鋼板で葺き替え工事

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


世田谷区深沢で屋根の葺き替え工事をおこないました。今回工事をおこなったお客様は昨年の台風の時に別の部分のトタンが捲れてしまい、屋根工事をおこなわせていただきました。9月に上陸した台風15号と10月の19号によって屋根が捲れあがってしまいました。塔屋の様な場所なのでそれほどの面積はありませんが、瓦棒葺きになっている屋根が軒先部分から持ち上げられて屋根の上で折れ曲がっていました。工事までのあいだに風で飛ばされない様に上から押さえて養生しておきます。足場を架けて葺き替え工事をおこなうのですが、今までと同じ様に瓦棒葺きで納めます。一つ違うのが、今まで使用されていたのはトタンでしたが、新しい屋根はガルバリウム鋼板ですので、サビにくくて耐久性が高くなりました。今回の被害は台風の強風によるものですので、火災保険の風災を適用して自己負担なく復旧工事をおこなう事が出来ました。雨漏りするまえに元の状態に戻せましたので、お客様に大変喜んでいただけました。
世田谷区深沢で屋根の葺き替え工事をおこないました。今回工事をおこなったお客様は昨年の台風の時に別の部分のトタンが捲れてしまい、屋根工事をおこなわせていただきました。9月に上陸した台風15号と10月の19号によって屋根が捲れあがってしまいました。塔屋の様な場所なのでそれほどの面積はありませんが、瓦棒葺きになっている屋根が軒先部分から持ち上げられて屋根の上で折れ曲がっていました。工事までのあいだに風で飛ばされない様に上から押さえて養生しておきます。足場を架けて葺き替え工事をおこなうのですが、今までと同じ様に瓦棒葺きで納めます。一つ違うのが、今まで使用されていたのはトタンでしたが、新しい屋根はガルバリウム鋼板ですので、サビにくくて耐久性が高くなりました。今回の被害は台風の強風によるものですので、火災保険の風災を適用して自己負担なく復旧工事をおこなう事が出来ました。雨漏りするまえに元の状態に戻せましたので、お客様に大変喜んでいただけました。


担当:富田


【工事内容】
金属屋根工事 屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
3日間
築年数
25年
平米数
13㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
【工事内容】
金属屋根工事 屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
3日間
築年数
25年
平米数
13㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン屋根葺き替え

台風の被害を受けた屋根の状態を確認します

塔屋部分の屋根が強風で捲れていました

2カ月続けての台風で被害を受けてしまった屋根の状態を確認します。建物に隣接している塔屋部分の屋根が台風の強風によって捲れていました。片流れの屋根でトタンが葺いてあります。

捲れたトタン屋根 片流れの屋根は棟部分に穴があいてしまいます

屋根は瓦棒葺きで軒先から棟までが一枚の板金で出来た屋根です。この様な屋根をタテ葺きというのですが、一枚の板で作られていますので、軒先が持ち上げられるとそのまま棟まで持ち上がってしまい、被害が広がります。屋根が2面で作られている切り妻屋根の棟と違い、片流れの棟の場合は棟が無くなると下地が剥き出しになって、屋根材の下や外壁の間から雨水が入り込んで雨漏りしやすくなります。

工事までのあいだ養生しておきます

下地がまだ大丈夫なので雨漏りはしていません 軒先部分は多少腐食していました

トタンは捲れていますが下に葺いてある防水紙(ルーフィング)は殆ど傷んでいませんでしたので、被害の割には雨漏りせずに済んでいます。軒先が一部腐食していましたが、これは軒先に吊ってある雨樋が詰まっていた為に雨水が回っていたようです。

上から押さえて飛ばない様にしておきます

防水紙が比較的無事でしたので、工事までのあいだ風で被害が広がらない様に上から押さえておきます。トタンは折れ曲がっていましたが穴が空いている訳ではありませんでしたので、工事までのあいだはこれで大丈夫です。

トタンからガルバリウム鋼板へ葺き替え工事します

古いトタン屋根を剥がしていきます

トタンを剥がして新しい屋根材に葺き替え工事していきます。黒っぽく見えるのは元々の防水紙(ルーフィング)ですが、切れているところも無く比較的状態は良さそうです。

防水紙が劣化してなかったので雨漏りしませんでした コンパネを貼って新しい下地にします

トタンを全部剥がした後は、新しい屋根の下地としてコンパネ(12ミリ合板)を屋根に葺いていきます。野地板と呼ぶ部分です。コンパネを引くことで屋根の強度も増しますので、一石二鳥です。

野地板を貼った後は水切りを取り付けます 防水紙を敷きます

野地板の回りを囲う様に水切りを取り付けていきます。この水切りの上に防水紙(ルーフィング)を被せる事で、屋根材の下に回った雨水がスムーズに雨樋に流れる様になります。屋根は、屋根材と屋根材の下に葺いてある防水紙によって2重に雨から建物を守っていますので、防水紙(ルーフィング)が非常に重要なのです。

台風の被害は火災保険が適用になります

ガルバリウム鋼板製の瓦棒葺き

今回の工事のきっかけになった台風によって建物が被害を受けた場合、建物に掛けられている火災保険の風災が適用になります。保険の内容によっては風災がない事もありますので、一度ご加入の保険内容を確認する事をお勧めします。

木の上にカッパを被せて完成です カッパを被せて工事完了です

瓦棒という木の上にカッパというキャップを被せていきます。木と木の間にコの字型に折り曲げた屋根材をはめ込んで瓦棒に釘で固定していくのが瓦棒葺きの屋根です。このままでは木が剥き出しになっていて雨水が入り込みますので、カッパを被せます。屋根の葺き方は同じですがトタンと比べてガルバリウム鋼板は、サビにくくて耐久性が高いので丈夫な屋根になりました。お客様は雨漏りよりもトタンが飛ばされてしまう事を心配されていましたので、これで安心できると喜んでいただきました。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。 現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店の各エリアの待ち状況と工事のお申し込みをいただいてから着工までの目安をお伝えします。 …続きを読む
【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメディアで取り上げられることで屋根工事やお住まいの補修に火災保険が使えるということが以前にもまして認知されるようにな…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。7月から10月にかけてが最も多く、私たち屋根業者としても毎年この時期になると台風によって被害を受けたお客様と接するた…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受けたみたいだ」というご相談をいただいております。 「こんなことなら台風前にメンテナンスしておけばよかった」、「来年…続きを読む
古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか

古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか

 安くて丈夫、施工もしやすいということから普及がはじまったトタン屋根。現在では見かけることが少なくなったものの、トタン屋根という建物は意外とあります。現在のトタン屋根はそのほとんどが大分、古くなってきています。古くなってきたからこそ、メンテナンスが必要な状態なのですが、どのような方法が改修としては最適なのでしょうか。屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替えと代表的なメンテナンス方法をそれぞれ見ていきましょう。 …続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 目次【非表示表示】 ●台風後や地震後の屋根にはその後の災害便乗商法を含めて危険がいっぱい ●台風…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
金属屋根材への葺き替え工事

金属屋根材への葺き替え工事

  実際に瓦屋根から金属屋根材への葺き替え工事の流れをご紹介しています。 そもそも、葺き替え工事とは一体どんな工事なのか、も合わせてご紹介していきたいと思います。                     …続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

    お住いの台風対策はお済みですか?       台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!       ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!   問題があった方は要注意…続きを読む
雪害漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

相模原市東橋本で塗膜の劣化したトタン屋根を遮熱塗料による屋根塗装工事でメンテナンス

【施工内容】

金属屋根工事、屋根塗装、遮熱塗料

三鷹市大沢にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦から、立平スタンビーへの屋根葺き替え工事を実施

【施工内容】

屋根補修工事、瓦屋根工事、屋根葺き替え、瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

足立区西新井でずっとお悩みだった病院廊下庇屋根の雨漏りを改修して解決しました

【施工内容】

金属屋根工事、金属屋根補修工事、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、屋根新設

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る