無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 多摩市和田で雨漏りしている工場の大波スレートを部分補修で低価.....

多摩市和田で雨漏りしている工場の大波スレートを部分補修で低価格で直します

【施工前】
雨漏り箇所を特定します

【施工後】
上からポリカーボネート製の波板を被せます

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 多摩市和田で工場の屋根工事を行いました。工業地帯にある工場の屋根ですが、築年数が40年を経過していて傷みが酷い状態です。鉄骨造の工場の屋根には、断面が波型になっている『大波スレート』が葺かれています。建てた時から葺かれていますので、屋根の上に40年以上乗っている状態です。古い大波スレートにはアスベストが含まれていて、強度と耐火性を兼ね備えていましたが、発がん性物質がある事がわかり現在ではアスベストが含まれている建築建材はありません。

 今回の工事は破損した部分をピンポイントに直す補修工事なのですが、劣化状態から判断すれば新しい屋根材へ交換する必要があります。そこで問題になるのがアスベストで、ボロボロになった大波スレートを撤去する時にアスベストが飛散する恐れがあります。工場ですので下では作業がおこなわれている事を考えますと、葺き替え工事はやめておいた方が良いという結論になりました。

 今回は破損して穴が空いた部分をコーキングで穴埋めし、割れが酷いところにはポリカーボネート製の波板を張りかぶせしました。全体的に古い大波スレートは劣化していますので、他の部分も今後穴が空いたり割れる可能性があります。今回の破損した部分は完全に雨漏りを止める事が出来ましたので、これで安心です。
 多摩市和田で工場の屋根工事を行いました。工業地帯にある工場の屋根ですが、築年数が40年を経過していて傷みが酷い状態です。鉄骨造の工場の屋根には、断面が波型になっている『大波スレート』が葺かれています。建てた時から葺かれていますので、屋根の上に40年以上乗っている状態です。古い大波スレートにはアスベストが含まれていて、強度と耐火性を兼ね備えていましたが、発がん性物質がある事がわかり現在ではアスベストが含まれている建築建材はありません。

 今回の工事は破損した部分をピンポイントに直す補修工事なのですが、劣化状態から判断すれば新しい屋根材へ交換する必要があります。そこで問題になるのがアスベストで、ボロボロになった大波スレートを撤去する時にアスベストが飛散する恐れがあります。工場ですので下では作業がおこなわれている事を考えますと、葺き替え工事はやめておいた方が良いという結論になりました。

 今回は破損して穴が空いた部分をコーキングで穴埋めし、割れが酷いところにはポリカーボネート製の波板を張りかぶせしました。全体的に古い大波スレートは劣化していますので、他の部分も今後穴が空いたり割れる可能性があります。今回の破損した部分は完全に雨漏りを止める事が出来ましたので、これで安心です。


担当:富田


【工事内容】
屋根補修工事 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
ポリカ波板
施工期間
1日
築年数
40年
平米数
15㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
1年
【工事内容】
屋根補修工事 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
ポリカ波板
施工期間
1日
築年数
40年
平米数
15㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
1年
工場アイコン雨漏り修

雨漏りしている部分を確認します

明り取りの横に穴が空いて光が差し込んでいます 経年劣化によって穴が空いています

雨漏りしているのは工場の屋根です。下では高温の材料を扱っているので、雨漏りは大敵です。明り取りの回りに小さな穴が空いていて光が差し込んでいます。この様な穴が何箇所も開いているので、早急に直す必要があります。

大波スレート葺きの屋根材 大分劣化しているので慎重に歩きます

工場の屋根には大波スレートが葺かれています。断面が波型になっているのが名前の由来で、築40年を経過したスレートは大分劣化していました。下地としては横向きに通っている鉄骨の上に乗っていますので、鉄骨下地の上部分であれば歩く事が出来ますが、鉄骨と鉄骨の間を歩くのは大波スレートが脆くなっているので非常に危険です。

破損したところを部分的に直します

屋根の上から見た破損した部分 ボルトが取り付けてあった跡は穴が空いています

下から見て光が差し込んでいた部分です。ボルトが取り付けてあった所に穴が空いている事もあれば、経年劣化によって割れた所もあります。雨が降るたびに雨水が流れ込み、どんどん劣化も進んでしまいます。

天井部分に大量の雨染みが出来ています 大波スレートを小屋裏から見ると割れているのがわかります

室内から見ると天井に大きな雨染みが出来ていました。天井部分にはグラスウールなどの断熱材が敷かれていると、雨漏りした時に雨水を吸いこんでしまい発見が遅れる事があります。大量の雨漏りの場合は、一旦断熱材が吸い込んだ雨水が雨が止んでもずっと流れ落ちてくることもあります。小屋裏を覗いてみると雨漏りの原因が分かりました。右の画像の白ぽく見えている部分が破損した大波スレートで、結構前から雨漏りしていてエフロレッセンスが出ていました。どんどん劣化が進行してしまい部分的な補修が出来なくなる前に、早めに補修工事をおこな事になりました。

破損個所を部分的に直します

折れたボルトの回りをシールで穴埋めします 破損部分には防水テープで雨水の侵入を防ぎます

室内から見上げた時に光が差し込んでいた穴を埋めるのですが、コーキングと防水テープで塞いでいきます。全体的に劣化していて完全に直すには葺き替え工事やカバー工事が必要ですが、暫くは破損した時に部分的に直す方法で補修していきます。

ボルト部分は劣化しやすい所です

棟部分にも同じ大波スレートの棟が取り付けてあり、固定するボルトの回りからヒビ割れが出ています。

コーキングで穴埋めした後に防水テープを貼ります

ボルトの回りにコーキングを打って穴埋めし、更に上に防水テープを貼りかぶせて二重に雨漏りを防ぐようにしています。

大きなヒビ割れにはポリカーボネート製の屋根材を貼りかぶせます

小屋裏から見えた白い部分を確認 裂けていたのでコーキングを詰めて補修しました

小屋裏から見たヒビ割れにはコーキングを詰めて穴埋めします。範囲が広い部分には大波スレートと同じ形状をしたポリカーボネートを張りかぶせて雨漏りを防ぎました。張り替えも考えましたが、アスベストが飛散してしまう事を考えて張り替えは断念しました。

ヒビ割れた所には交換ではなくポリカーボネートを被せました

ポリカーボネートの波板を被せて回りをコーキングで埋めて屋根補修完成です。多摩市和田の工場の屋根は、全体的に大波スレートが劣化していて他にも穴が空く可能性がありますので、不具合が出た時にご連絡いただきその都度補修していく事になりました。今回の雨漏りに関しては完全に止める事が出来ましたので、暫くは安心です!

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

工場・倉庫の屋根や外壁に使用される大波スレートと小波スレートの最適なメンテナンス方法

工場・倉庫の屋根や外壁に使用される大波スレートと小波スレートの最適なメンテナンス方法

 耐用年数がとても長く、工場や倉庫によく使われている建築資材が大波スレートなどの波板スレートです。とても丈夫なものですが、さすがに長く使われてきただけあって、メンテナンスが必要なものも見受けられます。工場や倉庫のオーナー様や定修・改修の担当者様でそのメンテナンスにお悩みになっている方も多いのではない…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、雨樋交換、雨漏り修理

      調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

      葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      多摩市と近隣地区の施工事例のご紹介

      府中市白糸台で硬化不良を起こしている屋上の床を防水工事で直します

      【施工内容】

      防水工事

      日野市新井で雨漏りしている平屋の建物はスーパーガルテクトへの葺き替え工事で直します

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      府中市府中町で強風で破損した軒天のべニアを足場を架けて張り替え工事します

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る