無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 清瀬市竹丘で外壁の取り合いから落下した熨斗瓦補修と棟瓦取り直.....

清瀬市竹丘で外壁の取り合いから落下した熨斗瓦補修と棟瓦取り直し

【施工前】
棟瓦取り直し施工前

【施工後】
棟瓦取り直し施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:岡野


「1階部分の屋根の外壁に嵌まっていた長方形の平らな瓦が抜け落ちて、屋根の上に転がっている」と清瀬市竹丘のお客様からご相談を承りました。瓦屋根で下屋(1階部分の屋根)がある場合、外壁と1階の屋根の接合部分にはよく平らな瓦が使われます。この部分、実は傷みやすい場所でこのようなケースのトラブルはよくある話です。2階屋根と下屋を点検したところ、漆喰がそろそろ限界のようで棟瓦に歪みが出ている部分もありました。今回は下屋の熨斗(のし)瓦の抜け落ちた部分の補修と棟瓦取り直しを行います。
「1階部分の屋根の外壁に嵌まっていた長方形の平らな瓦が抜け落ちて、屋根の上に転がっている」と清瀬市竹丘のお客様からご相談を承りました。瓦屋根で下屋(1階部分の屋根)がある場合、外壁と1階の屋根の接合部分にはよく平らな瓦が使われます。この部分、実は傷みやすい場所でこのようなケースのトラブルはよくある話です。2階屋根と下屋を点検したところ、漆喰がそろそろ限界のようで棟瓦に歪みが出ている部分もありました。今回は下屋の熨斗(のし)瓦の抜け落ちた部分の補修と棟瓦取り直しを行います。


担当:岡野


【工事内容】
棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
軽量なんばん
施工期間
3日間
築年数
35年
お施主様
G様邸
【工事内容】
棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
軽量なんばん
施工期間
3日間
築年数
35年
お施主様
G様邸
棟瓦取り直し

【点検の様子】

熨斗瓦が抜け落ちた取り合い 抜け落ちた熨斗瓦

お施主様がおっしゃっていた長方形の平らな瓦が抜け落ちた部分です。この瓦は熨斗(のし)瓦と呼ばれ、外壁と屋根の取り合い部分に使われる他、屋根の頂点や四隅の棟と呼ばれる部分にも使われます。抜け落ちた熨斗瓦は屋根の上に残っていました。取り合いの部分に残っている熨斗瓦の下の漆喰も表面がざらざらしており、かなり傷んでいるようです。

 

傷んでいる漆喰 漆喰が剥がれかかっている鬼瓦

他の部分の漆喰も傷んでいます。変色しており、表面がざらざらです。鬼瓦は固定のために漆喰の上からシーリング剤を塗布されたようです。それも劣化しており、見映えが良くない状態です。

 

歪んでいる住棟 ラバーロックされた瓦屋根

さらに棟も歪んでいます。本来であれば、直線でないといけないの微妙に弧を描いて、弓形になっています。ちょっと強い地震が来たら、倒壊してしまうのではないでしょうか。2階の屋根は1面だけですが、ラバーロック工法がされていました。ラバーロック工法は瓦と瓦をシーリングで繋ぎ、落下を防止するものです。本来であれば、辺の一部にシーリングを行うだけですが、四辺全部に隙間なくシーリングが塗布されています。こうしてしまうと瓦の下に入ってしまった雨水などが排出できませんので雨漏りの原因になってしまいます。

 

【施工の様子~棟瓦取り直しと落下した熨斗瓦補修】

大棟の解体 葺き土の撤去

歪んだ棟を直すために一度、棟の瓦を取り外し、再度、積み直す棟瓦取り直しを行います。まずは棟の解体していきます。取り外した瓦は積み直す際に再度、利用します。最上部の冠瓦(丸瓦とも呼ばれる)を外すと、葺き土が出てきます。この葺き土は瓦を安定させるために用いられるものです。この葺き土は撤去してしまいます。

 

大棟の全ての瓦の取り外し 軽量なんばん

大棟を全て解体しました。解体しましたら、葺き土の代わりに軽量なんばんで土台を造り、そこに熨斗瓦を積んでいきます。軽量なんばんが葺き土の代わりとなるのです。葺き土は文字通り、土なので雨水がかかると流出していきますが、軽量なんばんは固まるので流出する心配はありません。

 

大棟の瓦の取り直し 大棟の瓦の取り直し完成

軽量なんばんの土台に熨斗瓦を積み、その熨斗瓦の上にも軽量なんばんを重ねて熨斗瓦の取り付け角度を調整します。熨斗瓦は降雨時に雨水が外側に流れるようにハの字型に取り付けられます。熨斗瓦と熨斗瓦の間には冠瓦を被せます。仕込んでおいた銅線で熨斗瓦と冠瓦がずれないように固定すれば、大棟の棟瓦取り直しは完成です。隅棟(角の棟)も棟瓦取り直しを行っています。

 

下屋の取り合いの漆喰を除去 軽量なんばんを詰める

外壁との取り合い部分の熨斗瓦も元通りに直します。まずは熨斗瓦を外し、その間に詰められていた漆喰も除去します。その後、軽量なんばんを詰めて、角度を調整しながら熨斗瓦を設置していきます。

 

熨斗瓦を戻す 棟との取り合いにシーリング

熨斗瓦の設置が終わりましたら、取り合いの補修は完了です。隅棟との取り合い部分はシーリングを併用して、固定しました。お施主様が気にされていた部分もしっかりと治りました。これで熨斗瓦が外れるということもありません。

 

下屋の隅棟の取り直し 下屋の隅棟の取り直し完成

大棟だけでなく、歪んでいた隅棟にも棟瓦取り直しを行いました。屋根の角、隅にあるから隅棟です。また、隅棟は大棟とちがって水平でなく、勾配がつけられているので「下り棟」とも呼ばれます。勾配(角度)があるだけに、漆喰などが傷むと瓦が落下しやすい場所です。

 

【竣工、棟瓦取り直しと落下した熨斗瓦補修】

棟瓦取り直しと取り合いの補修、完工

大棟と隅棟の瓦の取り直しと取り合い部分の瓦の補修が完了しました。粘土瓦はメンテナンスフリーなので勘違いしやすいのですが、瓦屋根自体はメンテナンスフリーではありません。漆喰や緩んでくる銅線などのメンテナンスが必要なのです。思いだけに落下すれば被害も大きくなるので、定期的に点検してあげましょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区篠崎町で鬼瓦の損壊で棟の部分取り直し工事を施工、鬼瓦も漆喰で補強し強風対策を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      羽村市神明台で瓦葺きパラペットの棟瓦を乾式ハイロールで取り直し工事しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 

      世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      清瀬市と近隣地区の施工事例のご紹介

      清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      東村山市廻田町で強風被害を受けた棟板金の交換を機に屋根塗装

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装

      清瀬市下清戸で強風に負けない樹脂製貫板を使用した棟板金交換

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る