無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 文京区千駄木にて雹災補修に合わせ陸屋根(屋上)のウレタン塗膜.....

文京区千駄木にて雹災補修に合わせ陸屋根(屋上)のウレタン塗膜防水を部分的に補修

【施工前】
コーナー部分の亀裂

【施工後】
ウレタン塗膜防水の部分補修工事

【お問い合わせのきっかけ】

【工事内容】
陸屋根工事  防水工事
【工事詳細】
築年数
築34年
お施主様
I様所有マンション
【工事内容】
陸屋根工事  防水工事
【工事詳細】
築年数
築34年
お施主様
I様所有マンション
防水工事

【ウレタン塗膜防水の部分補修工事】

屋上のウレタン塗膜防水点検 雹による塗膜の傷み

今回屋根材と共に雹の被害を受けたマンションの陸屋根です。雹は粒の大きさや数によって被害の程度は変わりますが、何も問題なく済んだというお住まいは少ないでしょう。というのも衝撃が非常に強く、経年により柔軟性が低下した波板であれば割れますし、屋根や外壁にも塗膜の剥がれを起こす可能性は充分に考えられます。雹による被害・破損の復旧には火災保険を利用することも出来ますので、雹の被害と経年劣化を見間違えることのないように日頃からチェックしておきましょう

・雹痕とは?

雹による被害は実に特徴的なものです。まずは屋根であれば全体的に見られますが、「雹痕」と呼ばれる染みのような点が一面に残ります。床面に衝突しても跳ね返り立ち上がり部分にも跡を残す為、経年劣化とは考えられないような被害範囲になります。セメント系の屋根材であれば苔の付着によって目立ちにくくなってしまいますが、板金等にはくっきりと残りますので、被災後しばらく経過した後にも雹による被害を受けたお住まいかは判断することが出来ます。

火災保険は雹災復旧に利用することが出来るのですが、雹は強風等よりも被害範囲が広い為、補修範囲がどこまで認定されるのかというと、保険会社次第となります。塗膜の剥がれによってスレート屋根の塗り替えが認められたこともありますので全く認定されないという訳でもありません。信憑性の為にも雹被害にいつ遭ったという証拠は非常に重要ですので、被災日時や状況等はわかる範囲で書き留めておきましょう。そして早急に保険会社へ連絡をしましょう。

塗膜浮き コーナー部の塗膜浮き

今回補修を行う陸屋根の防水層ですが浮きと部分的な剥がれが見られました。築年数の経過もうかがえますし全体的な劣化が見られますので、本来であれば剥がれが拡大する可能性がある浮いている箇所を剥がしてから全面的な補修を行うのですが、浮きや剥がれは雹によるものではないため火災保険が適用となりません。

コーナー部の亀裂

しかし既に大きな亀裂と穴が見られたため、今後雨漏りを起こす可能性は非常に高くなります。そこで今回はこのコーナー部分に限定しウレタン塗膜防水で部分補修のご提案をさせていただきました。いずれは全面改修も必要になりますが、まずは雨漏りのリスクを回避するための補修です。施工面積は非常に小さいので高圧洗浄は行わずに清掃、油分を取り除く為のアセトン拭きで下地処理を行ってからの補修です。

プライマー塗布 補強布

まずはプライマーで下地と防水層の密着性を高めます。その後亀裂が入ったコーナー部分に防水テープを貼り雨漏り防止を図ります。

ウレタン塗膜防水 ウレタン塗膜防水工事

その後ウレタン樹脂を重ね塗りし、3㎜以上の強固な防水層を形成していきます。ウレタン塗膜防水というと、塗料ですので耐久性に不安を感じるとお声をいただくこともありますが、防水層の厚みはシート防水等と同等ですし柔軟性も非常に高い為、躯体の動きで破断等を起こしにくい防水層です。最大のメリットは継ぎ目が出来ないため捲れによる雨漏りは起きず、今回のように部分的な補修が簡単にできるという事です。今回は既存防水層の補修を行っていないため浮き等は改善されていませんが、防水層を塗り重ねていますので切れる心配はないでしょう。

【工事を終えて】

ウレタン塗膜防水工事完了

施工面積を明確にするためのマスキングテープを剥がし、ウレタン塗膜防水の部分補修は完了です。ウレタン塗膜防水は既存防水層を撤去することなく、そのまま上に塗り重ねて補修することが出来る万能な防水工事です。今回の補修工事でコーナー部分からの雨漏りの心配もなくなりましたのでお客様も一安心です。今後は別箇所の防水層の劣化が進行する前に防水工事を検討していきましょう。

今回の様にウレタン塗膜防水工事をしたい、施工費用はかけずに雨漏りの原因を改善したいとお悩みの方は、お気軽に街の屋根やさんへご相談ください。お住まいの状況に合わせて適切なメンテナンスをご提案させていただきますのでご安心ください。

工事を行なったI様のご感想をご紹介いたします

I様のアンケート

【工事前】

工事前アンケート

Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
ひょうが降ってきて、サンルーフが被害をこうむった
Q2.屋根工事会社をどのように探しましたか?
インターネットで、HPの内容を見てお客様の生の声を読んだ。
Q3.街の屋根やさんを知りすぐお問合せ頂けましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに問い合わせ、見積り依頼をした。しかし紹介者もいなくて全く知らない業者さんであるので少し迷った。
Q4.何が決め手となり街の屋根やさんにお問合せ頂きましたか?
HPの記載に興味をもったから。必要に迫られて。
Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
先ず、電話の営業担当者の応対の感じが良く、受け答えがていねいで、感じの良さと、きちんとした仕事ぶりが想像できました。渡辺支店長でした。しかし仕事、見積り提出はこれからですので。

I様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

陸屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

陸屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

 陸屋根とは勾配のない(実際には排水のため勾配が設けられています)、平らな屋根の形状を言います。一般的に家屋の「屋根」というと本を逆さで閉じたような三角形の形をしていたり、単純な三角形ではなくとも勾配がある屋根が多いですよね。それと比較すると陸屋根は感じるほどの勾配がなく、ビルの屋上やマンションの屋…続きを読む
東京の雹災害、火災保険で修理します

東京の雹災害、火災保険で修理します

雹によって屋根や外壁が壊れてしまった! 傷がついてしまった! 凹んでしまった!大事なお家の一大事、火災保険で直せます2021年7月13日更新 2021年7月11日、東京23区内から首都圏周辺にかけて激しい雷雨が起きた中、同時に雹も降りました。降雹は車をへこませる程の威力がありますので、地域のお家は被…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

狛江市岩戸南で雨漏りしているバルコニーを防水工事で直します

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

文京区本駒込で屋上シート防水排水口付近からの雨漏りを改修用ドレンとウレタン塗膜防水で工事しました

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

江戸川区西小岩で膨れが多く発生している屋上ウレタン防水をウレタン塗膜防水通気緩衝工法で改修しました

【施工内容】

防水工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る