無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 三鷹市井の頭で洋瓦の棟を乾式工法のハイロールを使って取り直し.....

三鷹市井の頭で洋瓦の棟を乾式工法のハイロールを使って取り直し工事

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


三鷹市井の頭で棟瓦の取り直し工事をおこないました。洋瓦の棟を一旦外して下地を直してから元に戻す工事を、棟瓦取り直しといいます。元々は芯木という木の回りを漆喰で保護して納めていますが、新しく取り直す方法は漆喰などの湿式の材料を使わずに、『ハイロール』を使用しました。しっくいの代わりに蛇腹状になったブチルテープが付いていて、雨水の浸入を防ぎます。新しい芯木には、木製の材料ではなく樹脂製の『タフモック』を使います。木と違い雨水によって腐食する事はありませんので、今までよりも耐久性が高くなり今後のメンテナンスが少なくて済む様になりました。漆喰が無い分屋根の重さも軽くなっていますので、地震にも強くなり安心です。
三鷹市井の頭で棟瓦の取り直し工事をおこないました。洋瓦の棟を一旦外して下地を直してから元に戻す工事を、棟瓦取り直しといいます。元々は芯木という木の回りを漆喰で保護して納めていますが、新しく取り直す方法は漆喰などの湿式の材料を使わずに、『ハイロール』を使用しました。しっくいの代わりに蛇腹状になったブチルテープが付いていて、雨水の浸入を防ぎます。新しい芯木には、木製の材料ではなく樹脂製の『タフモック』を使います。木と違い雨水によって腐食する事はありませんので、今までよりも耐久性が高くなり今後のメンテナンスが少なくて済む様になりました。漆喰が無い分屋根の重さも軽くなっていますので、地震にも強くなり安心です。


担当:富田


【工事内容】
棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
ハイロール,タフモック
施工期間
4日間
築年数
10年
平米数
105㎡
お施主様
H様邸
【工事内容】
棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
ハイロール,タフモック
施工期間
4日間
築年数
10年
平米数
105㎡
お施主様
H様邸
足場アイコン

【洋瓦の棟は湿式工法】

棟の状態はそれ程悪くありません 特に不具合は出ていません

洋瓦の棟はズレも無く傷みもそれ程出ていません。芯木という木を下地として回りを漆喰で保護している、湿式工法で納めています。

棟瓦の漆喰 固定するビスの穴

漆喰の剥がれもありませんが、今後の事を考えて下地を軽い材料に変えたい、というのが今回の工事のきっかけです。芯木にパッキン付きのビスで固定していますが、穴の回りから雨水が入り込んでしまい、下地を腐食させてしまいます。

【雨水で腐食した下地の状態】

芯木は雨水によって腐食しています 腐食している下地

棟瓦を剥がすと下地が見えました。真ん中に見えるのが芯木(しんぎ)で、木が使われています。雨水が入り込んだ事で、棟の下で見えませんでしたが大分腐食しています。

棟瓦を外すと下地が見えます 古い棟の芯木を撤去します

芯木が腐食していると釘やビスも浮いてしまい棟瓦が崩れてしまう事になります。まだその下地の隅木や棟木の腐食はありませんので、新しい下地に変えていきます。

【腐食しない芯木のタフモック】

芯木には樹脂製のタフモック

元々木が使われていた芯木には『タフモック』を使用します。樹脂製の材料なので、ビス穴などから雨水が入り込んでも腐ってしまう事はありません。

芯木を受ける金物 新しい芯木のタフモック

棟木や隅木の上に金具を設置してその上にタフモックの芯木を乗せて固定します。浮かせた部分に新しい材料を被せていきます。

ロール状になっているタフモック

元々の漆喰(しっくい)の代わりになるものは、ロールになった材料です。

【乾式工法のハイロールで棟を納めます】

芯木の上にタフモックを被せます 新しい棟瓦の下地

タフモックの芯木の上にハイロールを被せます。このハイロールが漆喰の代わりになる材料で、蛇腹状になったブチルテープが瓦に密着して雨水の浸入を防いでくれます。

蛇腹状のブチルテープが漆喰の代わりになります

ジャバラになっているので、瓦の丸い部分にもしっかりと密着します。漆喰などの湿式の工法は、重量も重いのですが、ハイロールはとても軽い材料なので屋根への負担軽減にも繋がります。

漆喰の替りになるハイロール この上に棟瓦を被せます

元々の漆喰(しっくい)で塞いでいた時は、芯木も木製で釘穴などから雨水が入り込んで腐食していましたが、芯木を樹脂製のタフモックにしているので、腐食する心配が無くなりました。また、漆喰(しっくい)の場合は経年によってヒビ割れたり剥がれたりしますが、ハイロールの場合は蛇腹状のブチルテープが漆喰の替りになるので、剥がれたりする事も無くなります。

【瓦を被せて完成です】

棟取り直し完成

棟瓦を被せてビスで固定すれば棟瓦の取り直し工事が完成しました。見えない部分ですが下地も直してありますし、漆喰(しっくい)と比べてもヒビ割れなどの劣化はありませんので、今後のメンテナンスは殆ど必要なくなりました。

街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      東村山市恩田町で漆喰が崩れてきたセメント瓦屋根の棟取り直し

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      東大和市芋窪で危険を感じるほど崩れた棟瓦を取り直して安全な屋根へ

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰詰め直し

      東久留米市南沢で瓦が剥がれた原因は棟芯材の劣化、それを棟瓦取り直しで改善

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      三鷹市と近隣地区の施工事例のご紹介

      杉並区高井戸西で廃盤のかわらU専用の棟をガルバリウム製のものへ交換

      【施工内容】

      棟板金交換

      世田谷区大蔵にて台風の強風で飛ばされたマンションの棟板金をガルバリウム鋼板製へ交換しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      杉並区西荻北で雹害を受けたコロニアルネオのスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法、スレート屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      質問してね!