無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 小金井市桜町にて新工法による棟の取り直しで軽い屋根になり耐震.....

小金井市桜町にて新工法による棟の取り直しで軽い屋根になり耐震性アップ

【施工前】
漆喰の剥がれが見られる棟

【施工後】
新工法で施工された棟

【お問い合わせのきっかけ】


担当:谷


「台風で棟の瓦がいろいろな方向にずれてしまったので、並べ直してほしい」と小金井市桜町のお客様からのご相談です。問題の棟は下屋(1階の屋根)で2階のお部屋からよく見えるので、かなり気にしていらっしゃいました。「このままの状態で地震が起こったら大変なことになりそう」とも心配していらっしゃいました。お客様の不安を全て解消するために今回は軽くて強い棟を目指し、新工法で棟の取り直しを行いました。
「台風で棟の瓦がいろいろな方向にずれてしまったので、並べ直してほしい」と小金井市桜町のお客様からのご相談です。問題の棟は下屋(1階の屋根)で2階のお部屋からよく見えるので、かなり気にしていらっしゃいました。「このままの状態で地震が起こったら大変なことになりそう」とも心配していらっしゃいました。お客様の不安を全て解消するために今回は軽くて強い棟を目指し、新工法で棟の取り直しを行いました。


担当:谷


【工事内容】
棟瓦取り直し 
【工事詳細】
施工期間
3日間
築年数
34年
お施主様
I様邸
【工事内容】
棟瓦取り直し 
【工事詳細】
施工期間
3日間
築年数
34年
お施主様
I様邸
棟瓦取り直し

漆喰が砂のようになっている 重み?で崩れてきた漆喰

お客様が「台風の強風に煽られたためか、平たい瓦の並びが凸凹になってしまった」とおっしゃっている瓦屋根の棟の部分です。変色のいせもありますが、漆喰が砂のようになっているようにも見えます。一部では重み?に耐えられなくなり、崩れてきた部分もあります。

 

凸凹している熨斗瓦 崩れた漆喰

熨斗瓦(長方形の平たい瓦)を押さえている銅線が緩みきっており、それに伴い、熨斗瓦の並びも乱れています。確かにこの状態でちょっと大きな地震が来たら怖いですね。漆喰は崩れたり、苔が生えているところもあります。

漆喰もメンテナンスが必要だし、熨斗瓦もずれてしまうと、棟の取り直しを行わなければなりません。これらがなければメンテナンスの必要もありませんし、屋根も軽くなります。今回は漆喰も、熨斗瓦も、不要となる新工法で棟の取り直しを行います。

 

【熨斗瓦なし、漆喰も使わない新工法による棟の取り直し】

冠瓦の撤去 熨斗瓦の撤去

まずは冠瓦を撤去します。それを支えていた泥も撤去し、熨斗瓦も完全に撤去してしまいます。何か、屋根が平たくなったように見えます。今回の新工法ではこの状態から棟を再構築していきます。

 

棟補強金物 棟補強用金物の設置

新工法で使用するのが画像の棟補強金物です。これを屋根の頂点の部分に等間隔で並べ、固定していきます。画像では分かりづらいかもしれませんが、金属製の銀色のものが棟補強用金物です。

 

樹脂棟 ハイロール

棟補強用金物の頂点には樹脂棟を取り付けます。樹脂棟は発泡プラスチックを棒状にしたものです。この樹脂棟にハイロールを被せ、棟と瓦との隙間も塞いでしまいます。ハイロール防水紙とブチルテープが一体型になったようなもので、瓦にもしっかりと密着します。

 

パッキン付きビス ビス止め固定

樹脂棟にパッキン付きビスで冠瓦を固定していきます。パッキン付きビスなので、ここから雨水が入ることはまずありません。また、入ったとしても、ハイロールがその下に入るのを防止します。

 

【熨斗瓦なし、漆喰も使わない新工法による棟の取り直し竣工】

新工法による棟取り直し

漆喰も葺き土も使わない新工法による棟の取り直しが完成しました。これまで4段積みだった熨斗瓦もゼロになりましたから、屋根の重量もかなり減ったと思います。防災という観点から見ても、屋根を軽くすることは非常に重要です。葺き替えであれば、比較的軽くて丈夫、一枚一枚を固定していく防災瓦などが最適ですが、今回のような棟取り直し工事には今回の工法はとても効果的です。熨斗瓦は積まれる段数が高ければ高いほど格式が高いとされていますので、それを重んじる方には向かない工法ですが、確実に屋根は軽くなります。棟の長さ約1mで約14kgほど軽くなると言われています。屋根のも最も高い所にある棟だけにこの差はかなり大きなものとなるでしょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      羽村市神明台で瓦葺きパラペットの棟瓦を乾式ハイロールで取り直し工事しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 

      世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、棟瓦取り直し 

      足立区保木間で令和元年東日本台風のご被害で瓦屋根が損壊、火災保険を使用して棟取り直し工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      小金井市と近隣地区の施工事例のご紹介

      西東京市中町でモニエル瓦葺き屋根をジンカリウム鋼板のエコグラーニへ葺き替え工事

      【施工内容】

      瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事

      小平市小川西町で雹(ひょう)の被害を受けたバルコニーの屋根を火災保険で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る