無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 練馬区大泉町にて台風で飛散した棟板金を樹脂製貫板タフモックを.....

練馬区大泉町にて台風で飛散した棟板金を樹脂製貫板タフモックを使用して交換工事

【施工前】
工事前

【施工後】
棟板金交換後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


杉並区大泉町で台風の被害を受けた建物です。台風24号の強風によって、屋根の一番高い部分に被せてある棟板金が飛んでしまったので、火災保険の風災を使用して直す事になりました。棟板金は貫板(ぬきいた)という木をスレートの上に打ち付け、その上に板金を被せて横から釘で固定しているのですが、新しく交換する棟板金は貫板にプラスチック製の『タフモック』を使用します。木材ではないので雨水によって腐食する事もなく、痩せて細くなってしまう事もありません。棟板金を被せた後は釘ではなくビスで固定するので、更に抜けにくくなります。タフモックを使用して元々トタンだった棟板金にガルバリウム鋼板を使用するので、今までよりも耐久性が高くなり、強風の影響も受けにくくなりました。
杉並区大泉町で台風の被害を受けた建物です。台風24号の強風によって、屋根の一番高い部分に被せてある棟板金が飛んでしまったので、火災保険の風災を使用して直す事になりました。棟板金は貫板(ぬきいた)という木をスレートの上に打ち付け、その上に板金を被せて横から釘で固定しているのですが、新しく交換する棟板金は貫板にプラスチック製の『タフモック』を使用します。木材ではないので雨水によって腐食する事もなく、痩せて細くなってしまう事もありません。棟板金を被せた後は釘ではなくビスで固定するので、更に抜けにくくなります。タフモックを使用して元々トタンだった棟板金にガルバリウム鋼板を使用するので、今までよりも耐久性が高くなり、強風の影響も受けにくくなりました。


担当:富田


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
タフモック,棟板金
施工期間
1日
築年数
20年
お施主様
S様邸
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
タフモック,棟板金
施工期間
1日
築年数
20年
お施主様
S様邸
火災保険アイコン棟板金交換

【工事前の飛散した棟板金の状態】

落ちた棟板金 剥がれた棟板金

スレート葺きの屋根には、一番高い棟部分に棟板金が被せてあります。今回の台風24号の強風で棟板金が飛ばされてしまうという被害がとても多くなっています。めくれただけだったり、完全に飛んでしまったりと被害状況は様々ですが、飛ばされた棟板金は元に戻さなければなりません。

剥がれた棟板金

剥がれた棟板金の下には、貫板(ぬきいた)という木がスレートに打ち付けてあり、貫板に棟板金を釘で固定するのですが、傷みが棟板金が飛ばされた勢いで貫板も剥がれて飛んでしまう事があります。塗装をした事がある様で、棟板金の下は元々のスレートの色が見えています。スレートの下には防水紙(ルーフィング)が敷いてあり雨水を防いでいますが、築年数が経過すると防水紙が劣化して切れてしまい、雨漏りに繋がる事があります。剥がれた部分を確認しましたが、大分劣化しても見える範囲では切れたりしていませんでした。

塗膜が劣化したスレート スレートの重なり

元々赤かったスレートの上に黒い塗料で塗装がしてあります。塗装をする事でスレートの表面を保護して傷みが少なくなっていますが、塗膜は大分劣化していてスレートから剥がれそうになっている部分もあります。今回は屋根全体のメンテナンスではなく、台風で被害を受けた棟板金の交換工事をおこなう事になりました。

【棟板金交換工事】

今回は2階の屋根と1階の屋根の両方の棟板金を交換します。飛んでいない棟板金も剥がして下地から交換していきます。元々の下地の貫板(ぬきいた)には木が使用されていますが、新しく交換する時には木材ではなくプラスチック製の『タフモック』を使用しました。

【プラスチック製貫板のタフモック】

古い貫板を撤去した後は、木材の貫板の変わりにプラスチック製のタフモックを使います。木材と違い雨水などの水分の影響を受けませんので、腐食する事も無くビスで固定する棟板金をしっかりと固定してくれます。木材ですと木が痩せてしまい釘やビスが緩む事もありますが、タフモックではその影響を受ける事はありません。

 【棟板金交換工事が完成】

腐食した貫板を撤去してからタフモックをビスで屋根にしっかりと固定します。収縮も殆ど無いので屋根にガッチリと固定されています。

タフモックの上にガルバリウム鋼板製の棟板金をかぶせます。タフモックへの固定方法は釘ではなくビスを使用しますので、更に固定が強固になります。元々は木を使用して殆どが釘での固定でしたが、下地から新しくして棟板金交換工事をおこないましたので、今後経年劣化の影響を受け難くなりましたので、強風で飛ばされる心配が減ったので安心です。

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。 現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店の各エリアの待ち状況と工事のお申し込みをいただいてから着工までの目安をお伝えします。 …続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。7月から10月にかけてが最も多く、私たち屋根業者としても毎年この時期になると台風によって被害を受けたお客様と接するた…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けることが多い棟板金ですが「強風を受けて棟板金が剥がれてしまっている」「台風の通過後、庭を見たら飛散した棟板金が落下し…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受けたみたいだ」というご相談をいただいております。 「こんなことなら台風前にメンテナンスしておけばよかった」、「来年…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 目次【非表示表示】 ●台風後や地震後の屋根にはその後の災害便乗商法を含めて危険がいっぱい ●台風…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

    お住いの台風対策はお済みですか?       台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!       ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!   問題があった方は要注意…続きを読む
火災保険漫画コンテンツ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

【施工内容】

棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

【施工内容】

屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る