無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 昭島市で新工法による棟の取り直し、ビス止めで防災!地震と強風.....

昭島市で新工法による棟の取り直し、ビス止めで防災!地震と強風により強く!

【施工前】
棟を取り直す前の瓦屋根

【施工後】
棟を取り直し後の瓦屋根

【お問い合わせのきっかけ】


担当:谷


「漆喰が傷んでいるので、お見積もりをお願いします」と昭島市のM様からご相談を承りました。以前、電気屋さんにアンテナを補修してもらった時に「漆喰が傷んでいるから屋根業者に直してもらった方がいい」とアドバイスを受けてから、気になっていたそうです。今回は地震と強風に強くなった新工法で、棟取り直しを行います。
「漆喰が傷んでいるので、お見積もりをお願いします」と昭島市のM様からご相談を承りました。以前、電気屋さんにアンテナを補修してもらった時に「漆喰が傷んでいるから屋根業者に直してもらった方がいい」とアドバイスを受けてから、気になっていたそうです。今回は地震と強風に強くなった新工法で、棟取り直しを行います。


担当:谷


【工事内容】
漆喰取り直し
【工事詳細】
使用材料
なんばん
施工期間
1日
築年数
築18年
お施主様
M様邸
【工事内容】
漆喰取り直し
【工事詳細】
使用材料
なんばん
施工期間
1日
築年数
築18年
お施主様
M様邸

【点検の様子】

漆喰が崩れている胸 シーリングで葺き土の流出を防ぐ

漆喰と葺き土の流出を防ぐためか、シーリング材が棟の下に塗布されていました。熨斗瓦を使わず、大きな冠瓦で棟を覆うタイプの瓦屋根です。冠瓦のズレを防ぐためか、シーリング材が繋ぎ目に充填されているところもあります。

 

硬化が進んだ漆喰 棟の下の漆喰も劣化中

漆喰も硬化がかなり進み、表面がざらざらしていることが見た目にも分かります。そろそろひび割れていきてもおかしくない状態です。緊急性が高いのはこちらの棟なので、今回はこちらの棟を取り直します。お施主様は新工法が気に入ったら、全部の棟をそれで改修してもらいたいということでした。

 

【新工法による棟の取り直し】

瓦をばらす 大うなぎのようなフォルム

まずは冠瓦を全て取り外します。取り外した冠瓦は再度、使用するため、丁寧に扱い、しっかり保管しておきます。見える部分は白い漆喰、見えない部分はなんばんと使い分けていたようで、上下で2色となっています。上がグレーで、下が白、岸に打ち上げられた大型の魚類を思わせるようなフォルムです。

 

典型的な地域民 ビス止め

これまでの棟瓦は漆喰の接着力と銅線で固定されているだけでした。瓦屋根は地震に弱いというイメージを覆すべく、阪神淡路大震災以降、さまざまな工法が開発され、普及してきています。今回、使用する新工法を簡単に説明すると、なんばんの中に樹脂製の芯材を埋め込み、その心材に瓦をビス止めするというものです。パッキン付きビスなので、ビス穴から雨水が浸入することもほぼなく、なんばんへの悪影響も少なくなります。

 

銅線止め ビス止め

これまでの固定の仕方と新工法の固定の仕方を比較してみました。見た目の印象でも新工法の方がすっきりしていて、ずれにくい感じがします。ビス止めですので、棟に不具合が起きて蛇行してしまうこともなくなります。

 

【新工法による棟の取り直し、竣工】

棟取り直し完了

棟の取り直し工事が竣工しました。以前と較べると、かなり強い棟になったことは間違いありません。地震にも、台風にも、耐えてくれることでしょう。棟の取り直しをするなら、防災という意味でも以前よりも強度が増す新工法がお薦めです。瓦屋根の新工法についても街の屋根やさんにご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根リフォームで地震に強い屋根へ

屋根リフォームで地震に強い屋根へ

 まずは写真をご覧ください。これは2011年3月11日の東日本大震災で被災した屋根の様子です。 こちらのお住まいは棟瓦が倒壊し、違うお住まいでは多数の瓦が周りに落下しました。 実は一方で、同じ被災地でも家屋にほとんど被害を受けていないお住まいもあります。この違いは何なのでしょうか。棟瓦の崩壊瓦の落下…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区篠崎町で鬼瓦の損壊で棟の部分取り直し工事を施工、鬼瓦も漆喰で補強し強風対策を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      江戸川区上篠崎にて棟の歪みや漆喰の剥がれ、瓦屋根の棟取り直し工事を行いました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      小平市上水本町にて庇部分の土居熨斗瓦と鬼瓦の取り直しで落下を未然に防止

      【施工内容】

      漆喰取り直し、庇工事

      その他の施工事例一覧→

      昭島市と近隣地区の施工事例のご紹介

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      日野市豊田で落雪被害を防止するため、防災瓦へ後付け雪止めを追加設置しました

      【施工内容】

      雪止め設置

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る