無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 稲城市で陸屋根にウレタン防水工事をして雨漏り解消

稲城市で陸屋根にウレタン防水工事をして雨漏り解消

【施工前】
雨漏りしていた陸屋根

【施工後】
ウレタン防水された陸屋根

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


築50年という建物にお住まいのN様、陸屋根が特徴の一流ハウスメーカーで建てられたそうですが、両親から譲り受けたもので、詳細は分からないとのことでした。ここ数ヶ月は雨漏りに悩まされていたそうで、建物が古く、陸屋根だったので問い合わせた業者の何社かはすぐに断られたそうで、お困りになっていました。
築50年という建物にお住まいのN様、陸屋根が特徴の一流ハウスメーカーで建てられたそうですが、両親から譲り受けたもので、詳細は分からないとのことでした。ここ数ヶ月は雨漏りに悩まされていたそうで、建物が古く、陸屋根だったので問い合わせた業者の何社かはすぐに断られたそうで、お困りになっていました。


担当:渡辺


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
DSカラー・ゼロ(ウレタン防水)
施工期間
8日間
築年数
50年
平米数
78.3 ㎡
お施主様
N様邸
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
DSカラー・ゼロ(ウレタン防水)
施工期間
8日間
築年数
50年
平米数
78.3 ㎡
お施主様
N様邸
足場アイコン雨漏り修防水工事

【点検の様子】

室内への雨漏り 雨漏りによる柱の変色

室内への雨漏りしているということで雨染みを最小限に抑え、その他の部分への影響を防ぐため、天井にはシートが貼られていました。そのシートも既に湿っていてます。そして、室内の柱には雨漏りによってできた変色があります。これはかなり不安だったのではないでしょうか。

 

陸屋根の様子 陸屋根のドレン周辺

N様の建物は陸屋根でした。陸屋根の建物で有名な某一流ハウスメーカーのものだということです。ウレタン防水のようですが、表面の汚れや変色、理由が分からない染みなどからかなり傷んでいる様子が見て取れます。

 

パラペットの笠木部分のクラック 床面のクラック

パラペットの笠木部分に大きなクラックが入っています。これだけでも見ていて心配になります。そして床面にもクラックが入っています。これらのクラックから雨水が浸入していることは間違いないでしょう。全体的に傷みが進んでいるので、これらのクラックだけでなく陸屋根全体の防水を改修します。

 

【陸屋根へのウレタン塗膜防水】

高圧洗浄 ウレタン防水の塗膜の剥がれ

まずは高圧洗浄をし、これから工事する面を綺麗にしていきます。通常の屋根塗装のように水で洗浄するのではなく、専用の洗浄水で高圧洗浄をしていきます。雨漏りしているところにさらに水を浸透させてしまうといろいろと都合が悪いからです。脆くなっているウレタン防水の塗膜が剥がれてきました。こういった部分は後に補修していきます。

 

モルタルで補修 ポリマーセメントモルタル

塗膜が剥がれてしまった部分や下地が露出している部分をポリマーセメントモルタルで補修していきます。ポリマーセメントモルタルはセメントに樹脂を配合したもので、接着力に優れています。こういった下地処理に最適な資材です。

 

パラペットのクラック補修 下地調整

パラペットのクラック補修し、埋めてしまいます。クラック補修しましたら、すぐに保護材を塗布して下地を固めてしまいます。これで、このクラックから雨水がこれ以上浸水してくることはなくなりました。

 

通気緩衝シート 脱気塔の設置

雨漏りが発生した後なので、通気緩衝工法によるウレタン塗膜防水を行います。このマス目が書かれたシートは通気緩衝シートで防水層の下の水蒸気を脱気塔(ステンレス製の筒)から開放してやることによって防水層の膨らみなどを防止するのです。これまでに浸水があった箇所に非常に有効な防水方法です。

 

ドレンの設置 立ち上がり部へウレタン防水

排水口にドレンを設置します。このドレン、金属製なのですが、下地と密着できるように柔らかい鉛でできています。それを叩いて馴染ませ、下地との隙間をなくすのです。パラペットとその立ち上がり部分にウレタン防水材を塗布していきます。

 

ファイバークロス貼り 通気緩衝シートの継ぎ目にファイバークロス貼り

ウレタン防水材を塗布した上にグラスファイバーを張り込みます。このグラスファイバーの繊維のおかけで引っ張り強度にも優れたものになるのです。通気緩衝シートの継ぎ目にもグラスファイバーを張り込み、ウレタン防水材を塗布します。これで地震などがおきた時にもある程度まではずれて隙間ができてしまうことを防いでくれます。

 

ウレタン防水1層目 ウレタン防水1層目完了

ウレタン防水材を塗布し、防水層の1層目を形成します。塗布というよりも流し込んで薄く拡げたという方が適切かもしれません。乾いたところで再び、ウレタン防水材を塗布し、防水層の1層目を形成します。

 

トップコート トップコート

ウレタン防水材を塗布しただけでは紫外線によってすぐに劣化してきてしまうので、トップコートを施し、保護します。凹凸がある端の部分や脱気塔周りは特に丹念に塗布していきます。

 

【陸屋根へのウレタン防水、竣工】

陸屋根へのウレタン防水

陸屋根へのウレタン防水が竣工しました。ウレタン防水はメンブレン防水ですので、凹凸があるようなところでも防水層を形成することができます。これであと10年は安心です。7~8年後にトップコートを塗布すれば、さらに安心できる期間を長くすることができます。雨漏りとは無縁の生活をお送りください。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

陸屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

陸屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

 陸屋根とは勾配のない(実際には排水のため勾配が設けられています)、平らな屋根の形状を言います。 一般的に家屋の「屋根」というと本を逆さで閉じたような三角形の形をしていたり、単純な三角形ではなくとも勾配がある屋根が多いですよね。それと比較すると陸屋根は感じるほどの勾配がなく、ビルの屋上やマンションの屋上、またベランダやバルコニーなどで採用されることの多い形状です。 その形状から屋上設備を設置したり、洗濯物を干…続きを読む
バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

 お住まいは屋根材と外壁材で守られている訳ではありません。バルコニー・ベランダや陸屋根と呼ばれる屋上は、防水工事を行い雨水の浸入を防いでいます。 特に近年は狭小住宅が多く、庭の代わりにバルコニーをガーデニング等で活用しているお住まいも多く見られます。しかし防水工事の必要性を知らずメンテナンスを怠ると、室内への漏水トラブルまで引き起こしてしまいます。 このページでは、防水工事の中でも新築・リフォーム両方で人気の…続きを読む
ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。 目次【非表示表示】 ・ベランダやバルコニーの屋根は強風被害を受けやすい ・ベランダやバルコニーの屋根の…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      稲城市と近隣地区の施工事例のご紹介

      調布市下石原にて火災保険を利用して割れたセメント瓦の差し替えと屋根塗装メンテナンスを実施

      【施工内容】

      屋根塗装、その他の工事

      調布市深大寺にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦屋根の棟を補強金物を使った積み直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      調布市飛田給で、雹災害に遭ったバルコニーの波板を火災保険で交換工事しました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る