無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 川崎市多摩区で雪に備えて瓦屋根の後付け雪止め工事

川崎市多摩区で雪に備えて瓦屋根の後付け雪止め工事

【施工前】
工事前

【施工後】
雪止め設置完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


川崎市多摩区で雪止めの設置工事をおこないました。瓦葺きの屋根には雪止めが一体になった『雪止め瓦』が葺いてあるのですが、瓦の表面は滑って雪止めを超える事があるので、下にもう一列雪止めを設置したいというご希望でした。瓦屋根に雪止めを設置するときは、瓦を持ち上げて雪止めを差し込んで下の段の瓦に引っ掛けて、持ち上げた瓦を戻せば完成です。ステンレス製の瓦屋根専用の後付け雪止めを、上から見た時にジグザグになる様に設置します。千鳥(ちどり)という設置の仕方です。雪が屋根から落ちる時に雨樋を壊してしまう事もありますので、雪を落とさない様にするためには、屋根の上に引っ掛かりを多くする事が大切です。今回はシンプルな後付け雪止めの設置をおこないましたが、屋根材や屋根の勾配、下の状況などによって色々な雪止めがありますので、お困りの時はお気軽にご相談・お問合せください。
川崎市多摩区で雪止めの設置工事をおこないました。瓦葺きの屋根には雪止めが一体になった『雪止め瓦』が葺いてあるのですが、瓦の表面は滑って雪止めを超える事があるので、下にもう一列雪止めを設置したいというご希望でした。瓦屋根に雪止めを設置するときは、瓦を持ち上げて雪止めを差し込んで下の段の瓦に引っ掛けて、持ち上げた瓦を戻せば完成です。ステンレス製の瓦屋根専用の後付け雪止めを、上から見た時にジグザグになる様に設置します。千鳥(ちどり)という設置の仕方です。雪が屋根から落ちる時に雨樋を壊してしまう事もありますので、雪を落とさない様にするためには、屋根の上に引っ掛かりを多くする事が大切です。今回はシンプルな後付け雪止めの設置をおこないましたが、屋根材や屋根の勾配、下の状況などによって色々な雪止めがありますので、お困りの時はお気軽にご相談・お問合せください。


担当:富田


【工事内容】
雪止め設置
【工事詳細】
使用材料
ステンレス製後付け雪止め
施工期間
1日
お施主様
M様邸
【工事内容】
雪止め設置
【工事詳細】
使用材料
ステンレス製後付け雪止め
施工期間
1日
お施主様
M様邸

【屋根の状態】

日本瓦葺きの屋根です。屋根に葺いてある瓦は釉薬瓦(ゆうやくかわら)といって、表面がツルっとした仕上がりになっています。美しいツヤが有ってとても綺麗なのですが、表面がツルっとしているために、雪が積もると滑って落ちやすくなっています。元々瓦と雪止めが一体になっている瓦が葺いてあるのですが、勢いが強いと瓦を飛び越えてしまうので、雪止めを追加したい、というご希望でした。

雪止めは瓦屋根専用の雪止めを設置するのですが、全体を見ると棟瓦の漆喰(しっくい)は結構剥がれ落ちていました。まだ棟がズレてはいませんが、このまま放置すると下地から崩れてしまうので、次回のメンテナンスは漆喰(しっくい)の詰め直し工事をおこなう事をお薦めしました。

【後付け雪止め設置工事開始】

瓦用の後付け雪止めを設置する場所は、瓦と瓦の間に挟み込む様に設置していきます。雪止めの先が富士山の様な三角形の形状をしている『富士型』のステンレス製後付け雪止めを使用します。

設置する場所の上の瓦を持ち上げて雪止めを差し込みます。矢印部分が折れ曲がているので、ここを下の瓦に引っ掛けて設置します。

持ち上げた瓦を戻して完成です。上から見た時にジグザグになる千鳥(ちどり)で取り付けていきました。棟から軒先までの長さが長い場合は、中間にもう一段雪止めを設置すると更に効果が高くなります。

基本的には軒先部分に設置しますが、屋根材や屋根の角度などによって効果が高い位置に設置していきます。元々の雪止め瓦を超えた雪を止めたいという事でしたので、川崎市多摩区の瓦屋根はこの位置に後付け雪止めの取り付け工事をおこないました。まだまだ雪のシーズンではありませんが、雪が落ちて雨樋を破損したり、敷地内だけでなく回りにも被害が出てしまう事もありますので、早めに対策をしていきましょう!

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介

落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介

「雪止め」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ 動画で見るならコチラ 【動画で確認「落雪防止の雪止め設置」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご覧くださ…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

葛飾区立石で急勾配コロニアル屋根にIG工業スーパーガルテクトを使って屋根カバー工事を行いました

【施工内容】

屋根カバー工法、雪止め設置、ガルバリウム鋼板

練馬区下石神井でテラスへ雪止めを設置しました

【施工内容】

雪止め設置

日野市豊田で落雪被害を防止するため、防災瓦へ後付け雪止めを追加設置しました

【施工内容】

雪止め設置

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る