無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 墨田区の以前施工させて頂いたお住まいで、鼻隠し補修と雨樋補修.....

墨田区の以前施工させて頂いたお住まいで、鼻隠し補修と雨樋補修!雪止めも設置し落雪対策

【施工前】
雨樋の勾配不良

【施工後】
雨樋交換工事

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


以前工事でお世話になりました墨田区のお客様より、雨樋の破損のご相談を頂きました。
鼻隠しが破損したことにより、雨樋が固定出来ず、曲がってしまっていました。
当て木やガルバリウム鋼板により鼻隠しを補修し、雨樋固定を実施、更に金属屋根に雪止めを取り付け落雪対策のご提案をさせて頂きました。
以前工事でお世話になりました墨田区のお客様より、雨樋の破損のご相談を頂きました。
鼻隠しが破損したことにより、雨樋が固定出来ず、曲がってしまっていました。
当て木やガルバリウム鋼板により鼻隠しを補修し、雨樋固定を実施、更に金属屋根に雪止めを取り付け落雪対策のご提案をさせて頂きました。


担当:渡辺


【工事内容】
破風板・軒天部分補修 雨樋交換 雪止め設置
【工事詳細】
【工事内容】
破風板・軒天部分補修 雨樋交換 雪止め設置
【工事詳細】
火災保険アイコン破風板・軒天部分補修雨樋交換

【雨樋の不具合】

金属屋根施工後の住宅 雨樋の外れ

以前の工事で、屋根葺き替え工事と雨樋補修工事を施工させて頂きました。(→前回の工事)

2年程経過した今回、雨樋が歪んでしまったという事で、再度ご相談をして頂きました。

通常雨樋が数年で破損するということは考えられません。

交換をしてから数年以内でしたら、酷い強風や積雪等の自然災害による破損でない限り、安価な塩化ビニル樹脂製の雨樋だとしても、持ち応えることは出来ます。

つまり今回は、雨樋が原因ではない可能性がありますので、原因を突き止め補修していきましょう。

鼻隠しの剥がれ 下地破損

雨樋を側面から見てみると、雨樋を取り付けている部位【鼻隠し】が外れてしまっている事が確認できます。

破風板・軒天・鼻隠しは、全て外壁と同じくモルタル仕上げになっていますが、内部を確認すると木材という事が分かります。

 

鼻隠しの破損

モルタルの場合は、ひび割れ(クラック)部分から破損が拡大しやすく、木材の場合は経年劣化によって腐食してしまいます。

定期的なメンテナンスを行っていれば傷みにくい場所ですが、剥がれが酷い場合は交換や補修が必要です。

この状態では、雨樋を固定しきれず、外側に傾いてしまいます。

雨樋が傾くと…?

勾配不良 集水器のずれ

雨樋が傾き正常に機能していない事を「勾配不良」と説明させて頂きます。

雨樋は、屋根に流れる雨水を受け止め、地上に流す為に取り付けられています。

積雪の多い東北地方では、破損することが多い為、取り付けていないお住まいが多いようですが、関東地方でしたらまず設置されています。

多くのお住まいでは、塩化ビニル樹脂や合成樹脂製の雨樋を使用していますが、ガルバリウム鋼板・銅・アルミニウムの金属系素材を使用しているお住まいもございます。

そのどれもが、軒樋・曲がり・集水器・竪樋・エルボ・止まり等、様々な部位を繋ぎあわせて形を形成しています。

部位ごとに交換が可能ですが、どこかに不具合が出れば補修は必要です。

雨樋は集水器に向かって傾斜(勾配)が付いていますが、この勾配がおかしくなると雨水が流せなくなってしまいます。

すると雨樋に負荷がかかり、周りにまで影響を及ぼすこともありますし、破損してしまう原因にもなりえます。

 

雨樋が破損すると、雨水が落ちることによる騒音でストレスを感じてしまいます。

住宅を劣化させる原因にもなりますので、早急に補修を行いましょう。

雨樋の工事には、ほとんどのケースで足場仮設が必要になります。

しかし、2年前の工事でも足場を組み大規模な補修工事をしている経緯もあり、お客様のご負担を増やす訳にもいきません。

今回は1面の破損でしたので、梯子での作業を行っていきます。

雨樋交換工事 ガルバリウム鋼板カバー,鼻隠し

下地に問題がない箇所は、そのまま雨樋の固定が可能です。

下地材が剥がれている場所は補強が必要ですので、板金での補修や、当て木の取付、更に奥の木材に固定するための長いビスでの固定を行っていきます。

本来、鼻隠しを一から作り直すことが理想的だとは思いますが、まず足場仮設と雨樋の取り外しが必要です。

鼻隠しを木材で交換しても、塗装仕上げやモルタル仕上げ等を行う必要があります。

今回の補修工事と比較すると、補修費用は桁違いになってしまいます。

施工範囲によって、補修方法・費用を選ぶことは出来ます。工事を行う前にお客様の今後の方向性をお聞かせください。

いくつか補修方法のご提案をさせて頂きますので、念入りに打ち合わせを行っていきましょう。

雪止めの設置 ビス止め

梯子をかけたタイミングで雪止め設置を行っていきます。金属屋根材は滑らかな表面をしている為、雪の滑りが良いです。

勢いよく雪が滑り落ちると、道路を歩行している方に危険が及んでしまいます。

特に近年は異常気象が多く、今まで降雪の無かった地域にまで被害が発生しています。

それまで問題の無かった地域は、落雪対策も不十分なため、被害が大きくなる傾向もあります。

近年雪が降る日が増えた、屋根工事を行うタイミングという方は、ぜひ雪止め等の落雪対策を行っていきましょう!

雪止め設置

雪止めは屋根材によって異なります。

【屋根材によって異なる雪止め】

瓦屋根の場合は、雪止め瓦と呼ばれる専用の瓦に差し替える場合と、今回のような雪止め金具の設置を選ぶことが出来ます。

スレートや金属屋根にも金具の取り付けが可能ですが、屋根施工時に取り付ける先付金具と、施工後に差し込んで取り付ける後付け金具がお選びいただけます。

先付金具はビス止めが出来る為、後付け金具よりも頑丈です。屋根工事の際に雪止め金具の取付でお悩みの方は、念のために取り付けておくことをお勧めしています。

金属屋根材への金具は、アングルタイプのものもありますが、屋根形状によって異なります。

無料点検の際に最適な金具のご提案をさせて頂きますので、ご検討ください。

ポリカ張替

最後に、霧除けよりも張り出させた屋根のポリカ張替を行っていきます。

長年屋根材の張り替えを行っていないお住まいは、塩化ビニル樹脂の波板を使用している可能性が高いです。

安価ですが耐久性には乏しい為、近年はポリカーボネート製の波板を使用することが多いです。

ポリカは少し費用がかかりますが、耐久性に優れ、施工性も簡単な素材です。

DIYでも補修は可能ですが、ポリカは裏表がありますので、お気を付け下さい。

 

【工事を終えて】

今回、雨樋に不具合が出てしまったのは雨樋とは別の箇所でした。

お住まいは様々な部位が複雑に絡み合って、安全且つ頑丈に形成されています。

どこかに不具合が発生することで、他の場所にも影響が出てしまいます。

日頃から定期点検を行い、全体のメンテナンスを心がけましょう!

 

お住まいに関して不安がある、気になる箇所がある方は、お気軽に街の屋根やさん東東京支店へお問い合わせください。

ご相談はもちろん、住宅点検も無料にて行っております。

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やお住まいに取り付けられているどの部分が雨樋なのかきっと知っていらっしゃいますよね。 ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けられているためその役割や必要性を考えたこともなかったという方が多いのではないのでしょうか。雨水を集め、…続きを読む
落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介

落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介

「雪止め」についての漫画コンテンツはこちら 目次【非表示表示】 ・雪がほとんど降らない温暖な地域でも雪止めは必須 ・屋根からの落雪で死亡事故も発生しています ・雪の重みは1立方メートルで50kg~500kg! ・さまざまな降雪被害 ・雪止めの設置は4つの被害と危険から貴方を守ります  -通行人などへの人的な被害  -お隣さんへの家屋への被害 …続きを読む
雪害漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区一之江で箱樋の破風板が腐食してしまうのを防止するために箱樋をふさいで雨樋を外吊りで新設しました

      【施工内容】

      破風板板金巻き工事、雨樋交換、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      杉並区阿佐谷南で傷んだ半月型の雨樋を水が溢れにくい角型のものに交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      江戸川区松江で令和元年房総半島台風で棟板金を破損したコロニアル屋根を火災保険で復旧、屋根塗装も実施

      【施工内容】

      棟板金交換、雨樋交換、屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      墨田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る